『ご祝儀袋』を購入した、または購入を予定している皆さん。
ご祝儀袋の表側に書く『名前』について、

「誰の名前を書くの?」

なんて迷っていませんか。

『ご祝儀袋』の表側には、

お祝いの贈り主である『あなた』、つまり『自分の名前』

を書きます。
相手の名前を書くのは間違いですので注意しましょう。

その他にも『ご祝儀袋』に書く名前について、

「名字だけ書くのはダメなの?」
「自分の名前は絶対に書かないとダメなの?」
「上手に書く方法や見本があれば良いのに…」

など気になっている方も多いのでは。

ということで今回は、『ご祝儀袋』に書く名前についてのお悩みをまとめて解説します。

スポンサーリンク

ご祝儀袋には自分の名前を書く

ご祝儀袋には、贈り主である『あなた』、つまり『自分の名前』を書きます。

自分の名前はフルネームで書く

ご祝儀袋には『自分の名前』をフルネームで書くことが基本です。

ご祝儀袋のどこに書くの?

自分の名前は、ご祝儀袋の下側に記入します。

  • 短冊が付いている場合は『短冊』に
  • 短冊がない場合は直接ご祝儀袋に

名前を書きましょう。

『ご祝儀袋』の書き方については、『結婚式のご祝儀袋&中袋の書き方!表書きや金額、住所など』という記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。

名字だけ書くのはアリ?

ご祝儀袋に名前を書くのは、

  • 誰からいただいたお祝いか

ということを、もらった側(相手の方)が把握できるようにするため。

もしあなたが、

  • 相手の知り合いには絶対にいない『珍しい名字』

などであれば、名字だけでも良いでしょう。
きっと相手の方も『あなた』からのご祝儀だとわかるはずです。

とはいえ基本的には『フルネームで記入すること』が大切。
『珍しい名字』といった場合でもフルネームで書くことをオススメします。

筆記用具について

ご祝儀袋に自分の名前を記入する場合は、

  • 毛筆
  • 筆ペン
  • 筆風サインペン

などを使うのが基本。
『濃い黒』で書くことが大切です。

『ボールペン』『万年筆』での記入はNGですので注意しましょう。

自分の名前を書かないとダメ?

結婚祝いなどは様々な方からいただくもの。
ご祝儀を受け取った相手の方が、

「これは誰からいただいたご祝儀かな…」

なんてことになったら大変です。

相手の方を困らせないためにも、ご祝儀袋には『自分の名前』を必ず記入しましょう。

直接渡す場合も

直接手渡しする場合でも、ご祝儀袋には自分の名前を書くことをオススメします。

中袋も忘れずに記入する

ご祝儀袋にはお札を入れる『中袋』『中包み』が付いています。

最近の『中袋』には、

  • 金額
  • 自分の名前
  • 自分の連絡先

などを記入する欄が印刷されていることも。
『中袋』『中包み』には、上記の内容を記入することが大切です。

贈る相手の方も管理しやすくなるので忘れずに記入しましょう。

自分の名前を上手に書く方法

「毛筆が苦手で上手に書けないから…」
「自分は字が汚いから…」

など、

「ご祝儀袋に自分の名前を書くことが苦手」

という方も多いのでは。

つづいては、ご祝儀袋に『自分の名前』を上手に書く方法や裏技を紹介します。

見本アプリを活用する

最近はスマホに『見本』を表示し、文字をなぞって写せるアプリがあります。
ご祝儀袋に直接書くのは難しいですが、『短冊』に自分の名前を記入する場合は便利なアイテム。

使い方は、

  1. 自分の名前の見本をスマホに表示
  2. スマホの上に短冊を置く
  3. 筆ペンなどでトレース

という流れ。
透けた文字をなぞるだけで美文字が書ける便利なアプリです。

透かして清書(iPhoneアプリ)

透かして清書 - 綺麗な文字で宛名書き -

透かして清書 - 綺麗な文字で宛名書き -

株式会社DONIKA無料posted withアプリーチ

写せるんです(Androidアプリ)

写せるんです 誰でも美文字、誰でも画伯

写せるんです 誰でも美文字、誰でも画伯

U-Shipps無料posted withアプリーチ

代筆を活用する

ご祝儀袋に書く名前については、『必ず自分で書くこと』などの決まりはありません。
自分では書かずに『代筆』を活用するという方法もオススメです。

  • デパート
  • 大型の文具店
  • ネット専門店

などで『ご祝儀袋』を購入すると、『代筆』というサービスを利用ことが可能。
『筆耕』と呼ばれる『文字を書くプロ』に名前を書いてもらえます。

まとめ

ということで今回は、『ご祝儀袋』に書く名前について解説しました。

『ご祝儀袋』には、贈り主である『自分の名前』を書きましょう。
もらった相手が管理しやすいよう、

  • 必ず名前を書く
  • 名前がフルネームで書く

といったことも大切なポイントです。

最近は便利な『スマホアプリ』もあります。
自分の名前を上手に書きたい方は活用すると良いでしょう。

ご祝儀袋に書く名前については、『必ず自分で書くこと』などの決まりはありません。
苦手な方は『代筆』といったサービスを利用をするのもオススメです。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)