意外と感動する!?幼稚園の卒業式風に「新郎新婦へ贈る言葉」

簡単な結婚式の余興

学生時代の友人からの余興依頼って多いですよね。私はほとんどこのパターンです。

一緒に出席する友人も多く、だいたい1つのテーブルにいるメンバー(7~8人)で、「みんなで余興をよろしくね!」と頼まれます。

せっかくなので、学生時代のあんな事やこんな事といったエピソードを、幼稚園児の卒業式風に紹介してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク

その昔、小学校の卒業式などでやったあの贈る言葉

学生時代のあのころ、いや、もっと思い切って小学生や幼稚園児だったころまでもどった気分で、あの「卒業生に贈る言葉」みたいなことをやってみてはどうでしょう?

余興タイトル「同級生の友人へ贈る言葉」

この余興は、新郎友人でも新婦友人でもどちらでもOKですよ。人数は、たくさんいればいるほどOK。というか同級生だったら参加している同級生全員。まぁ、勇気があれば1人でも可ですね・・・。

必要なもの

  1. 白いアフロ(代表者に。何となくオシャレかと...)
  2. 適当なシナリオを書いた紙
  3. クラシックな入退場曲

余興内容

  1. 余興に参加するメンバ全員でさわやかに入場し、ステージなどに2~3列に整列する
  2. 代表者(白いアフロ装着)が紙を見ながらシナリオを読み上げる
  3. 繰り返せるところやみんなで言えるところは、大きな声で全員で読み上げる(幼きあのころを思い出して...)
  4. 読み上げた紙を新郎新婦に渡し、「バンザーイ!」「おめでとう!」な~んて、適当に盛り上がる
  5. 手拍子や、その他の参列者に手を振りながら退場する

シナリオ例

代表者:「○○くん、○○ちゃん、ご結婚おめでと~ぅござぃますっ。」(小学生っぽく)
全員:「おめでと~ぅござぃますっ。」(負けじと小学生っぽく)
代表者:「二人が出会った新年会ぃ。」
全員:「新年会ぃ~。」
代表者:「○○ちゃんは、○○くんの隣を絶対に離れませんでしたぁ。」
全員:「離れませんでしたぁ~。」・・・続く。
みたいな・・・。あとはお任せします。。。
思い出話や、あんな事こんな事、ある事ない事を、どうぞご自由に。

理想の条件

  1. 入場時に新郎新婦なみにスポットライトを浴びながら入場すると格好いいかも
    曲はクラシック(ビバルディの四季なんて素敵)
  2. 読み上げる紙は、ちょっと高級感のファイルみたいなやつが良いかも
    ※後で新郎新婦に渡すので
  3. 退場時は、会場全体が一体化するぐらい元気よく。盛り上がって(エレクトリカルパレードの曲などの行進曲がよいかな)

注意点

  1. バラバラ感が多少あった方が面白いが、それなりの読み合わせは必要かも
  2. 恥ずかしがらず堂々とすること
  3. 美しく入場し、愛くるしく余興して、笑顔で元気よく退場しましょう

何か懐かしい気持ちになって涙が出てくるかもね

これから新生活をスタートさせる新郎新婦に、楽しい思い出話をまじえてエールをおくりましょう。

わざと子どもっぽく声を出して、小学校当時を思い出すような感じにすると、もしかしたら懐かしい気持ちになって涙が出てくるかもしれませんねぇ。意外とご家族の方も...。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

簡単な結婚式の余興:記事一覧

このページの先頭へ