結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式の余興の上手な断り方。でも基本的には快く引き受けましょう

結婚式の余興の上手な断り方。でも基本的には快く引き受けましょう

皆さん、余興は苦手ですか?

人前でゲームを仕切ったり、歌や演奏を披露するといったことは、誰もが得意という訳ではありません。でも、そんなあなたに余興の依頼が・・・。
断りたいけど断っても良い?さぁ、どうしましょう。

基本的には断らないで引き受けましょう

余興といった、人前で何かを披露すること、盛り上げることが苦手な方は多いと思います。苦手な人にとっては、たしかに苦痛かもしれません。

でも、冷静に考えてみましょう。
なぜ依頼主であろう新郎新婦は、あなたに余興を頼んできたのでしょうか。

たくさんの友人の中から選ばれたのです

新郎新婦はあなたに苦痛をあたえたいなんて思ってはいません。
長い付き合いの中で、あなたに期待する何かや、その何かを活用して祝福してもらいたいという気持ちがあったのだと思います。

  • あなたと良く行ったカラオケがとても楽しかったから、その素敵な歌でお祝いしてもらいたい
  • あなたが飲み会で何気なくみせたマジックに実は感動していた
  • 楽しかった部活動でいつも仲間をまとめていたあなたを中心に余興を・・・

上記に挙げたものは私の勝手な想像ですが、このような考えや気持ちがあって、多くいる友人の中からあなたに余興を依頼してきたのではないでしょうか。

その気持ちに応えてあげるということが、新郎新婦への友情の証、祝福の気持ちになると考えます。(少々大袈裟?)

スポンサーリンク

理由があれば断っても問題なし。その場合の上手な断り方

最初にも書きましたが、余興を依頼された場合は、断らずに快く引き受けましょう。
ただし、絶対に余興をやらなくてはダメという訳ではありません。

余興を断りたい理由:その1

  • 歌を頼まれたが、喉を痛めている等の病気で残念ながら披露できない
  • 人生を左右するような試験があり、練習や打ち合わせができない
  • 身内が病気や介護で大変、自身が妊娠中や小さなお子さんがいて時間がとれない

引き受けたくても引き受けられない場合、もし理由を言っても大丈夫であれば、それを伝えて断っても問題はありません。

「歌は無理だけどゲームとかなら大丈夫」、「余興は難しいけど、当日何か手伝えることがあれば言って」など、代案を提示すれば新郎新婦側への印象もよくなるかと思います。
余興以外もやりたくない場合は、代案を提示せず理由だけ伝え断りましょう。。。

余興を断りたい理由:その2

  • 余興以外にもスピーチやら受付係、撮影係など色々なことを依頼されている

他にも様々な係を頼まれているといった場合、新郎新婦側にも何かしらの事情があるのかもしれません。
余裕があれば引き受けたいものですが、やはり難しいという場合は、「迷惑をかけると悪いので、余興は他の人に頼めない?」と伝えてもよいでしょう。

余興を断りたい理由:その3

  • そもそも親しくない・・・

そもそも親しくない人に余興を頼むことは少ないと思いますが、もしそのような場合は、依頼主との関係性が悪くならない程度の理由を考えて断りましょう・・・。
こんな事をいうのも何ですが、親しくないのなら「嘘も方便」ってことで。。。

一度引き受けて「やっぱり無理」は無しで・・・

一度引き受けた場合は、余ほどの事情がない限り、後で「やっぱり無理」なんて事はやめましょう。こればかりは新郎新婦も困ってしまいますよね。

自分勝手な気持ちや新郎新婦を思いやらない気持ちで、突然断ることはやめましょう。急に断るぐらいなら最初から断るほうが、その後の調整などを考えても新郎新婦のためには良いかもしれません。

まとめ

しつこいようですがもう一度。
余興を依頼されたら余ほどの理由がない限り、あなたへの信頼に対する友情の証として、快く引き受けましょう。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ