結婚式でのご祝儀マナーで、意外と悩むのがご祝儀袋&中袋の書き方。

結婚祝いを1人で贈る場合はもちろん、夫婦や家族で贈る場合の書き方はどうすれば良いのでしょう。ボールペンで書いて良い?といった疑問も。

今回は、結婚式のご祝儀袋&中袋の書き方を、わかりやすい見本画像付きで徹底解説します。

スポンサーリンク

記入時のペンについて

御祝儀袋に名前を書いたり中袋に記入する場合は、原則として「毛筆」で書きます。最近は便利な「筆ペン」が一般的。

毛筆がどうしても苦手という方には、黒のサインペンがオススメです。さらに最近は「筆風サインペン」といった文具も。ボールペンやサインペンに近い感覚で、毛筆風の文字が書ける優れものです。

ボールペンはNG!

手軽・便利ということで万年筆やボールペンで書くのはマナー違反です。

ボールペンは事務用の筆記用具。結婚祝いなど、儀礼的な場合には使わないのがマナーです。

文字の色は必ず「濃い黒」

毛筆や筆ペン、サインペンの場合でも、色は必ず「黒」で書きます。特に結婚式などのお祝い事では「濃い黒」を用いることが大切です。

なぜ慶事は濃い墨で弔事は薄い墨?

表書きを書く際は、結婚式などの慶事は「濃い墨」、葬式などの弔事は「薄い墨」で書きます。

弔事のときに薄い墨で書くのは、「涙で墨も薄くなった」「墨を磨る時間も惜しんで駆けつけた」といった意味から。

結婚式は喜びごと祝いごとである「慶事」です。濃い墨、濃い黒の毛筆や筆ペン、サインペンを用いて記入しましょう。

ご祝儀袋の表書きの書き方

ご祝儀袋の表書きには、贈り主の名前と、贈る趣旨を伝える「上書き」を記入します。

結婚祝いの上書きで一般的なのが「壽」「寿」です。最近はあらかじめ印刷されている祝儀袋がほとんど。ちなみに「寿」は略式です。

ご祝儀袋の書き方(自分の名前のみ)

名前は名字だけでなく姓と名を書きます。

稀に「誰の名前を書くの?」と迷う方もいらっしゃいますが、ご祝儀袋に書く名前は、ご祝儀の贈り主である「あなた」の名前を書きます。

ご祝儀袋に書く名前は上手でなくても大丈夫。ただし心をこめて丁寧に書くことが大切です。

どうしても苦手という方は、名前を代わりに書いてくれる代筆サービスを利用すると良いでしょう。デパートやネットショップなど、ご祝儀袋を多く取り扱うお店で行なっています。

名前の書体は楷書で

相手に礼を尽くすため、楷書で丁寧に書きましょう。

昔は、目上の人には楷書、友人や同僚には行書、目下の人には草書で書きました。ただし現在では、全て楷書で読みやすく丁寧に書くことが基本となっています。

見本画像:ご祝儀袋の書き方(自分の名前のみ)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(自分の名前のみ)

書き方のポイント
  • 名前は楷書で丁寧に書きましょう
  • 袋や水引きとのバランスを考えで書きましょう。文字数が多い場合は慎重に

夫婦で贈る場合の書き方

夫婦でご祝儀を贈る場合の書き方には、以下の方法があります。

  • 夫の名前を中央にフルネーム、その左側に妻の名のみを書く(夫婦連名)
  • 夫もしくは妻を代表とし、代表者1名分の名前を書く

見本画像:ご祝儀袋の書き方(夫婦連名)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(夫婦連名)

書き方のポイント
  • 夫婦2人の名前を記入する場合、妻は姓は書かず名のみ

家族で贈る場合の書き方

家族(夫婦と子供)でご祝儀を贈る場合の書き方には、以下の方法があります。

  • 夫もしくは妻を代表とし代表者1名分の名前を書く
  • 夫の名前を中央にフルネーム、その左側に妻、子供の順で名のみを書く
  • 夫の名前を中央にフルネーム、その左側に「外一同」と書く
  • 夫婦2人の名前のみで、子供の名前は書かない

見本画像:ご祝儀袋の書き方(家族)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(家族)

書き方のポイント
  • 家族の場合は、子供の人数で書き方を選ぶと良いでしょう

会社名入りで贈る場合の書き方

おつきあいが浅く、名前だけでは新郎新婦側がわからないのでは...といった場合には、表書きに会社名や肩書きを入れることがあります。

見本画像:ご祝儀袋の書き方(会社名入り)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(会社名入り)

書き方のポイント
  • 会社名や肩書きは、名前の右側に少し小さめの文字で書きます

上書きを自分で書く場合

贈る趣旨を伝える「上書き」。最近の御祝儀袋には、「寿」「壽」といった上書きがあらかじめ印刷されているのが一般的です。

もし自分で記入する場合は、結婚祝いに適した以下の上書きを使うと良いでしょう。

  • 寿
  • 祝御結婚
  • 御結婚御祝

4文字の「祝御結婚」は、死文体といって嫌う方も。

「祝御結婚」を使う場合は、「祝」の文字を少し大きめに書くか、やや離して書きましょう。

短冊付き祝儀袋の書き方

豪華な水引や檀紙など細かい凸凹がある祝儀袋には、「壽」などの上書きが印刷された短冊が付いています。この場合は短冊に名前を記入します。

短冊の太さにもよりますが、名前の記入は2名までとするのが良いでしょう。

短冊を重ねて

「喜びが重なるように」という意味で、「寿」などが印刷された短冊と無地の短冊を重ねる方法もあります。

ポイント

2枚の短冊を重ねる際には、バラバラにならないよう中央の1箇所など、目立たない場所をかるく糊で貼っておくと良いでしょう。

中袋の書き方(金額・住所など)

ご祝儀袋に同封されている中袋(中包み・内袋)の書き方を紹介します。

見本画像:中袋の書き方

見本画像:中袋の書き方

金額の書き方

中袋の表側には、包む金額を中央に縦書きで記入します。中袋に金額記入欄が印刷されている場合はそちらに書きます。

記入欄が印刷されている場合

もしあなたが3万円を包むとしたら、「金参萬円」と書きましょう。「金」という文字と金額は少しだけ離して、数字は、1は「一」「壱」、2は「ニ」「弐」、3は「三」「参」といった漢字で書きます。

金額(数字・円)の書き方

中袋に金額を記入する場合は、数字や円を「旧字体(大字)」で書くのが正式マナーです。ただし「絶対に旧字体で」という程でもなく、略式で書いても構いません。

例えば、結婚式のご祝儀でよく包まれる「三万円」はこのように書きます。

30,000円(三万円)

金額数字の旧字体一覧

ご祝儀の金額でよく使われる数字の略式、正式(旧字体)での書き方を表にまとめました。参考にしてください。

金額とその旧字体(大字)の書き方
金額略式正式(旧字体)
5,000円金五千円金伍阡円・金伍阡圓
10,000円金一万円金壱萬円・金壱萬圓
15,000円金一万五千円金壱萬伍阡円・金壱萬伍阡圓
20,000円金二万円金弐萬円・金弐萬圓
30,000円金三万円金参萬円・金参萬圓
50,000円金五万円金伍萬円・金伍萬圓
70,000円金七万円金漆萬円・金漆萬圓
80,000円金八万円金捌萬円・金捌萬圓
100,000円金十万円金拾萬円・金拾萬圓、金壱拾萬円・金壱拾萬圓
150,000円金十五万円金拾伍萬円・金拾伍萬圓、金壱拾伍萬円・金壱拾伍萬圓
200,000円金二十万円金弐拾萬円・金弐拾萬圓
300,000円金三十万円金参拾萬円・金参拾萬圓
1,000,000円金百万円金陌萬円・金陌萬圓、金壱陌萬円・金壱陌萬圓
金佰萬円・金佰萬圓、金壱佰萬円・金壱佰萬圓
八万円は略式で書く事が多い

末広がりという事で、偶数の中でも八万円をご祝儀で包む方も増えています。この場合は、「捌」に別れるという文字が入っているため、略式の「八」を使う方が多いようです。

大きなサイズで見たいという方は、以下の記事を参考にしてください。

也(なり)は必要?

「金○○円也」のように「金○○円」の後、也を付けるか付けないか迷われる方も多いかと思います。昔からの正式なマナーは「也」を付けるようですが、最近では付けなくても間違いではありません。

著名なマナー講師の方々が監修している書籍では「也」は付いていません。

住所・電話番号の書き方

裏側には住所と名前を書きます。住所を書く際は郵便番号やマンション・アパート名もしっかりと書きましょう。また電話番号なども書いておくと丁寧です。

住所の数字は?

郵便番号や電話番号、マンション名での数字は漢数字、算用数字どちらでも書いても構いません。

縦書きで記入するときは漢数字が基本ですが「一二三」などは読みづらくなることも。新郎新婦側が読みやすい方法で記入しましょう。郵便番号などは金額と違い旧字体で書く必要はありません。

「0(ゼロ)」の書き方

縦書きでの「0(ゼロ)」は「○」と書きます。算用数字より横長です。ハイフン「-」は漢数字の「一」と間違えないよう縦ハイフン「|」を使います。

記入欄が印刷されている場合

コンビニなどで購入できるご祝儀袋では、既に住所や氏名、金額を記述する欄が印刷された中袋が同封されている場合があります。

先に紹介した書き方と違い、表側に住所と氏名、裏側に金額を記述するタイプの中袋もあります。この場合は、記述欄をもとに各項目を記入して構いません。

また裏側に金額欄だけが印刷されている中袋もありますが、この場合は記述欄に金額を書き、表側や余白に住所と氏名を記入すると良いでしょう。表側に改めて金額を書く必要はありません。

印刷されている記入欄が横書きの場合

中袋に印刷されている記入欄が横書きの場合は、金額や郵便番号など数字の記入は算用数字で大丈夫です。

中袋を先に書くのがオススメ

お金の入れ忘れという単純ミスを防ぐためには、ご祝儀袋の表書きを書く前に、中袋(金額・住所氏名)を先に書くのがオススメ。

ご祝儀袋に名前を丁寧に書き、ホっとしてお金を入れ忘れる...といった単純ミスを無くすことができるかもしれません。

連名でのご祝儀袋の書き方

友人と一緒に連名で結婚祝い金を贈る、また会社名や宛名を入れて連名で贈る際の、ご祝儀袋の書き方を紹介します。

連名で贈る場合(3人まで)の書き方

複数の方が連名でご祝儀を贈る場合の書き方です。

贈り主が3人までの場合の表書きは、贈り主の中で格上、年長の順に、右から左に並べて書きます。同格の場合は、五十音順に右から左に並べて書きましょう。文字の大きさは全員同じにします。

見本画像:ご祝儀袋の書き方(3人までの連名)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(3人までの連名)

連名で贈る場合(4人以上)の書き方

贈り主が4人以上の場合の表書きは、まず代表者の氏名を中央に書きます。そして、その左側に「外一同」と書きます。「外一同」の文字は、代表者と同じか少し小さめに書きましょう。

贈り主全員の名前は、奉書紙もしくは和紙に書いてご祝儀袋の中に入れます。

まず紙の中央の上段に「寿」と表書きをします。そして下段に全員の氏名を格上、年長の順に右から左に並べて書きます。同格の場合は、五十音順に右から左に並べて書きましょう。文字の大きさは全員同じにします。

見本画像:ご祝儀袋の書き方(4人以上の連名)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(4人以上の連名)

見本画像:贈り主全員の名前の書き方

見本画像:贈り主全員の名前の書き方

連名(会社名入り)で贈る場合の書き方

会社名を入れ、複数の方が連名でご祝儀を贈る場合の書き方です。
まず代表者の氏名を中央に書きます。そして、その左側に「外一同」と書きます。「外一同」の文字は、代表者と同じか少し小さめに書きましょう。名前の右側に少し小さめの文字で会社名を書きます。

見本画像:ご祝儀袋の書き方(会社名入り連名)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(会社名入り連名)

連名(宛名入り)で贈る場合の書き方

ご祝儀袋の左上に宛名を書いた場合の表書きについて紹介します。

宛名はご祝儀袋の左上に敬称付きで書きます。宛名入りの場合、通常の連名の書き方とは異なり、宛名に近い方が格上となるため、格上、年長の順に左から右に並べて書きます。

同格の場合は、五十音順に左から右に並べて書きます。文字の大きさは全員同じにしましょう。

見本画像:ご祝儀袋の書き方(宛名入り連名)

見本画像:ご祝儀袋の書き方(宛名入り連名)

書き方のポイント
  • 宛名を入れた連名の場合、贈り主の氏名を書く順番が通常の連名と異なるので注意しましょう

連名での中袋の書き方

連名で贈る際、中袋の裏側に全員分の名前と住所を書くと、窮屈で見づらくなってしまいます。このような場合は別の紙(半紙・和紙)を用意し、そちらに全員分の名前と住所を記入し、中袋・中包みと一緒に入れておくと良いでしょう。

全員分の名前や住所の記入は必要?

贈り主全員の名前と住所がわかると、お祝いをいただいた側が、お礼状やお返しを出しやすくなります。

スポンサーリンク