結婚式にお呼ばれする皆さん。
様々なゲストが集う結婚式では、『ネイル』にもマナーがあることをご存じですか。

受付や食事中など、意外と指先を見られることも多い結婚式。

「どんなネイルが大丈夫か知りたい」
「白や赤のネイルはタブーなの?」
「ラメ入りのネイルは大丈夫?」

など、気になる方も多いのでは。

ということで今回は、『結婚式でのネイルのマナー』について解説。

お呼ばれゲスト、親族の方が知っておきたいネイルの基本マナーや、結婚式お呼ばれに最適なネイルデザインなどをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

結婚式でのネイル!マナー&ポイント

結婚式のお呼ばれで、女性の皆さんが気になる『ネイル』。
受付でご祝儀を渡す場面や食事中など、結婚式では意外と指先が目立つシーンがあるものです。

まずは結婚式でのネイルについて、基本的なマナー&ポイントを解説します。

こんなネイルはNG!コレだけは守ろう

結婚式にお呼ばれする場合は、『ネイル』について以下のポイントを必ず守りましょう。

何より清潔感のある爪が大切

女性だけでなく男性ゲストにも言えますが、何よりも清潔な爪であることが大切です。

『手入れがされていない長い爪』や『汚れた爪』はNG。
せっかくの結婚式、キレイにケアされた清潔感のある爪でお呼ばれしましょう。

目立ち過ぎネイルはNG

結婚式での主役は新郎新婦です。

ドレスやアクセサリー、髪型など、ゲストが主役より目立つ装いでお呼ばれすることはNG。
もちろん『ネイル』についても目立ち過ぎてはいけません。

「爪ぐらい大丈夫でしょ?」という考えはマナー違反。
結婚式お呼ばれでは、控えめで華やかな『ネイル』にすることが大切です。

  • 派手・奇抜なデザイン
  • 過度な3Dネイルアート
  • 蛍光色
  • お祝いに相応しくないデザイン

などのネイルは避けましょう。

濃い色のネイルは避ける

結婚式はお祝いの席ですので、『黒』や『ネイビー』など、ダークな印象のネイルカラーは避けましょう。
また派手な印象がある赤やボルドーなど、濃い色のネイルカラーも避けた方が無難です。

結婚式のお呼ばれでは、ナチュラル系カラーのネイルがオススメ。
控えめで上品な色のネイルにすることが大切です。

長過ぎるネイルはNG

長過ぎる『ネイル』も結婚式ではNGです。

スカルプ(スカルプチュア)やジェルネイルで長さ出しをする場合は、長くなり過ぎないように注意。
様々なゲストが集う結婚式では、長過ぎる爪を良く思わない方もいらっしゃいます。

適度な長さの爪にすることが大切ですよ。

上品な色のネイルを心がける

先ほども紹介しましたが、結婚式にお呼ばれする場合は『上品な色のネイル』にすることが大切。
自然な雰囲気のネイルカラーにすることを心がけましょう。

基本的には、

  • 白・ベージュ系
  • ピンク系
  • クリアカラー

といった、上品で控えめな色のネイルがオススメです。

白は花嫁の色では?

結婚式において『白』は花嫁の色ですが、ネイルについては気にしなくても大丈夫です。

画像:ホワイトグラデーションのネイル

ラメはOK?ネイルデザインのポイント

結婚式にお呼ばれする場合には、『上品なネイル』にすることが大切です。

  • 上品なネイルカラーの一色塗り
  • 自然なグラデーション
  • 細めでシンプルなフレンチネイル
  • ビジューなどの小さなワンポイント
  • 控えめなフラワーデザイン
  • さりげないラメ入り

などがオススメのネイルデザイン。

二次会や結婚パーティーといったカジュアルなスタイルであれば、より華やかさをプラスしたデザインのネイルでも大丈夫です。

ネイルアートなしでも大丈夫

せっかく招待された結婚式。
ネイルアートをしないでお呼ばれしても大丈夫なのか気になりますよね。

もちろん、お呼ばれだからといって無理にネイルアートを施す必要はありません。
「自爪での出席はマナー違反」なんてことはないので安心してください。

美しくケアすることは大切

基本マナーでも紹介したとおり、清潔感のある爪でお呼ばれすることは大切。
爪を適度な長さに整えるなど、最低限のネイルケアはしっかりとおこないましょう。

何もしない?親族のネイルマナー

結婚式において親族は主催者側の立場。
ゲストよりも、さらにフォーマル感のある装いを求められます。

『ネイル』について、親族は『何もしない』ということが一般的。
キレイで清潔感のあることが最も重要です。

親族の方がネイルアートを施す場合は、必ずシンプルで控えめなデザインのネイルにしましょう。
『華やかさ』よりも『上品さ』を重視することが大切ですよ。

結婚式のお呼ばれネイル!おすすめデザイン集

結婚式にお呼ばれする場合の『ネイル』について、オススメのデザインをピックアップしてみました。
ぜひ参考にしてください。

挙式に参列するゲストや親族・主賓にオススメ

挙式にも参列するゲスト、親族や主賓・上司として出席する方には、シンプルで上品なネイルがオススメです。

ホワイトグラデーション

シンプルネイル

シアーベージュネイル

シアーピンクネイル

グラデーションネイル

ラメフレンチネイル

スモーキーピンクネイル

披露宴にお呼ばれする友人にオススメ

披露宴にお呼ばれする友人には、『上品で華やかなネイル』がピッタリ。
ビジューやストーンのワンポイントデザインや、フラワーデザイン、シンプルなフレンチネイルなどがオススメですよ。

ラメグラデーションネイル

シンプルフラワーネイル

ビジュー付きグラデーションネイル

フラワーネイル

フラワーネイル

フレンチネイル

フレンチネイル

結婚パーティー・二次会にオススメ

気心知れた友人が集う結婚パーティーや二次会では、より華やかなデザインのネイルもOK。
ワイヤーアートネイルやシェルネイルなどで、指先のオシャレを楽しみましょう。

もちろんカジュアルウェディングの場合でも、派手・奇抜過ぎるデザインのネイルはNG。
上品な華やかさが大切ですよ

立体フラワーネイル

ホワイトラメネイル

キラキラフラワーネイル

ワイヤーアートネイル

クリスタルピクシーネイル

シェルネイル

手書きフラワーネイル

まとめ

今回は、結婚式でのネイルのマナーについて解説しました。

意外と見られている指先。
ネイルについては、清潔感と上品さが重要ということを忘れないようにしましょう。

結婚式での主役は新郎新婦。
指先の細かい部分とはいえ、派手なネイルで悪目立ちしないよう注意することが大切です。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク