結婚式の日程を検討中のお二人。
結婚式を『何月』におこなうか迷っている方も多いのでは。

『夏』や『海』が好きということで、8月の結婚式を検討している方もいらっしゃるかと思います。
そんな8月の結婚式、

「暑い8月の結婚式は迷惑?」
「お盆の時期に結婚式をするのは非常識?」
「8月の結婚式のメリット・デメリットは?」

など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

『迷惑』『非常識』など、何となくイメージが良くない8月の結婚式。
しかし8月ならではのメリットもたくさんあります。

ということで今回は、『8月の結婚式』について解説。

8月の結婚式に関する気になるデータや、メリット・デメリットをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

8月の結婚式!気になるデータ

まずは『8月の結婚式』に関する様々なデータを紹介します。

8月に結婚式をするカップルは少ない

「8月は結婚式が少ない」などと言われますが、実際はどうなのでしょう。
リクルートブライダル総研による、『ゼクシィ結婚トレンド調査』の2019年の結果は以下のとおりです。

結婚式実施月データ(全国)【2019年調査版】

8月に結婚式をおこなったカップルは、全体の3.8%という結果に。
8月と1月に結婚式をおこなうカップルは少ないようです。

【単位:%】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
7.2 8.6 8.5 6.8 3.8 9.7 11.4 12.7 8.1 3.8 7.4 11.1

出典ゼクシィ 結婚トレンド調査2019調べ

8月は結婚式実施率は低い

8月に結婚式をおこなうカップルは少ない!
1月と同率で最下位という結果に。

8月は雨の日が少なめ

「比較的8月は天気が良い」と言われていますが、実際はどうなのでしょう。
全国主要都市の降水日数は以下のとおりです。

全国主要都市の降水日数【各都市の気象台の平年値】

降水日数とは、日降水量(当日の0時00分~24時00分の降水量)が1mm以上あった日の日数のこと。
8月は仙台や那覇を除き、比較的雨の日は少ないようです。

【単位:日】

札幌 仙台 新潟 東京 名古屋 大阪 広島 福岡 那覇
1月 18.1 5.3 21.5 4.5 5.3 5.6 5.7 9.1 10.5
2月 16.0 5.0 17.3 5.5 6.3 6.3 7.0 8.3 10.2
3月 14.2 7.2 16.0 9.9 9.3 9.9 9.6 11.1 11.8
4月 9.0 8.0 11.1 9.9 9.2 9.3 9.3 9.8 10.5
5月 8.5 9.0 10.1 10.3 10.2 10.0 9.2 9.3 11.5
6月 6.5 10.7 10.1 11.4 11.7 11.2 10.7 11.2 10.6
7月 8.0 13.5 12.1 10.3 12.2 9.9 10.1 10.6 8.8
8月 8.5 10.6 8.5 7.7 7.7 6.9 6.8 8.9 11.8
9月 9.7 11.2 11.7 11.0 10.5 9.4 9.1 9.9 11.2
10月 11.7 7.8 14.2 9.8 8.7 7.9 6.0 6.2 8.3
11月 13.9 6.2 18.0 6.8 6.2 6.2 6.1 8.3 8.5
12月 15.4 4.7 21.7 4.2 5.5 5.5 4.9 8.5 8.1

出典さっぽろお天気ネット

8月は雨が少ない

8月は雨が少なく、天気の良い日が比較的多い月のようです。

やっぱり暑い!8月は気温が高め

「8月の結婚式は迷惑!」とゲストが思うポイントが、何といっても夏の暑さ。
気になる全国主要都市の平均気温は以下のとおりです。

全国主要都市の平均気温【各都市の気象台の平年値】

那覇以外の主要都市で、8月の平均気温が一番高いという結果に。

【単位:℃】

札幌 仙台 新潟 東京 名古屋 大阪 広島 福岡 那覇
1月 -3.6 1.6 2.8 5.2 4.5 6.0 5.2 6.6 17.0
2月 -3.1 2.0 2.9 5.7 5.2 6.3 6.0 7.4 17.1
3月 0.6 4.9 5.8 8.7 8.7 9.4 9.1 10.4 18.9
4月 7.1 10.3 11.5 13.9 14.4 15.1 14.7 15.1 21.4
5月 12.4 15.0 16.5 18.2 18.9 19.7 19.3 19.4 24.0
6月 16.7 18.5 20.7 21.4 22.7 23.5 23.0 23.0 26.8
7月 20.5 22.2 24.5 25.0 26.4 27.4 27.1 27.2 28.9
8月 22.3 24.2 26.6 26.4 27.8 28.8 28.2 28.1 28.7
9月 18.1 20.7 22.5 22.8 24.1 25.0 24.4 24.4 27.6
10月 11.8 15.2 16.4 17.5 18.1 19.0 18.3 19.2 25.2
11月 4.9 9.4 10.5 12.1 12.2 13.6 12.5 13.8 22.1
12月 -0.9 4.5 5.6 7.6 7.0 8.6 7.5 8.9 18.7

出典さっぽろお天気ネット

やはり8月は暑い!

那覇以外の主要都市で「8月が一番暑い」という結果に。

迷惑?非常識?招待されると困る月とは

『8月の結婚式』については『迷惑』『非常識』と思うゲストも多いとのこと。
お呼ばれゲストは実際にどう思っているのでしょうか。

招待されて困ると思う月はいつ?

結婚式場情報サイト『ハナユメ』が、実施したアンケート調査の結果は以下のとおりです。

12月 27.5%
8月 25.5%
1月 22.5%
2月 7.2%

出典ハナユメ

迷惑・非常識と思う理由

やはり8月の暑さは厳しいもの。
暑い8月の結婚式に招待されるのは『迷惑』と思う方が多いようです。

また8月は『お盆』のシーズン。
「お墓参りをして静かに過ごす」「おめでたいことを避ける」と考える方も多く、お盆時期の結婚式は『非常識』と思われてしまうかもしれません。

8月の結婚式のメリット

結婚式をおこなうカップルが少ない『8月』。
結婚式を8月におこなう『メリット』について紹介します。

他の月に比べて費用が安い

8月は他の月と比較しても『費用が安い』といった傾向があります。

結婚式の費用は、人気があるシーズンは高くなるのが一般的。
しかし『8月』は、先ほども紹介したとおり結婚式の実施率は最下位です。

人気がない『8月』は他の月に比べ、結婚式の費用が安く設定されていることがほとんど。
割引キャンペーンや期間限定プランなども多く、『8月』は費用面で『お得な月』とも言えます。

希望日程を選びやすい

8月は不人気であるがゆえに「希望する日程が選びやすい」というメリットがあります。

一般的に結婚式は、土日や祝日、また『大安』『友引』などに人気が集中します。
予約は早い者勝ちですので、人気のシーズンでは希望日が選べないことも。

しかし結婚式をおこなうカップルが少ない8月であれば、自分たちが希望する日を選ぶことが他の月より容易に
自分たちはもちろん、親族やゲストに最適なスケジュールを組むことが可能です。

人気の会場が予約しやすい

結婚式シーズンでは予約が取れないような人気の会場も、結婚式の実施率が低い8月であれば押さえることができるかもしれません。

憧れの高級ホテルやレストラン、有名な結婚式場など、誰もが「そこで結婚式をしたい」と思うような会場が予約しやすいというメリットも。

『8月』には、他のカップルが選ばない月だからこその魅力があります。

友人・親族など他の結婚式と被りにくい

結婚式は良い日取りを優先する傾向にあるものです。

まわりに結婚式を考えている友人、親族がいる場合は、人気のあるシーズンであれば被ってしまう可能性も考えられます。

せっかくの結婚式が同じ日になってしまい、友人といったゲストが分散し少なくなってしまうのは寂しいもの。
結婚式実施率の低い8月であれば、そのような心配も低くなることでしょう。

長期休暇を取りやすくリゾート婚向き

8月は長期休暇が取りやすい時期です。

そのため、旅行を兼ねたリゾート婚に8月は最適。
家族や親族の方が、比較的休みを取りやすく日程調整がしやすいというメリットがあります。

夏をテーマにした演出を楽しめる

8月は『夏』というイメージがピッタリの月。
イメージがはっきりしているので、演出のテーマが決めやすいのも魅力です。

  • 『海』『空』の『ブルー』をテーマに、装飾やドレスをコーディネート
  • 貝殻や珊瑚の装飾で『海』『砂浜』をイメージする演出
  • 造花を夏らしい『ひまわり』で統一&カラードレスもイエローに
  • 夏の風物詩である『花火』を使った演出
  • 夕方以降に開始するナイトウェディング

といった、『8月』&『夏』らしい演出を楽しむことが可能。

他の月ではできないような、開放的でリゾート感あふれる演出をすることができます。

8月の結婚式のデメリット

『8月の結婚式』について様々なメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

とにかく暑い!服装に困る

記事の初めのデータ部分でも紹介しましたが、8月は全国的に気温が高め。
とにかく暑い時期です。

8月の結婚式はゲストにとっても辛いもの。
暑い時期のフォーマルな装いについて、『不快』『辛い』と思う方も多いことでしょう。
また女性にとっては、汗によるメイク崩れなども大変です。

新郎新婦にもゲストにも大変な8月の結婚式。
過酷な暑さは、ゲスト側が『8月の結婚式は迷惑』と思う主な原因でもあります。

遠方ゲストの交通費が高額

8月は『夏休み』のシーズン。

夏休み中の旅行客などをターゲットに、旅行費&宿泊費が高く設定されている時期でもあります。

遠方から結婚式に出席するゲストにとっては、交通費や宿泊費が高額に。
新郎新婦側が負担をするといった対処をとらないと、ゲストにとっては『迷惑』と感じる原因になってしまいます。

日程選びが難しい

夏休みシーズンの8月であるがゆえに、『日程選びが難しい』というデメリットがあります。

希望日程を選びやすい8月ですが、ゲストのことを考えると「日程調整が難しい」といった一面も。
既に旅行や帰省の予定が入っている方の参加は難しいかもしれません。

長期休暇が集中するであろう『お盆前後』を避け、8月の上旬や下旬を選択するといった対策が必要です。

お盆の結婚式は非常識?

お盆の時期に結婚式をおこなうことは非常識ではありません。

しかし、お盆に帰省し家族でのお墓参りや、久々の休暇をゆっくり過ごすという方も多いもの。
お盆は「おめでたいことを避ける」といった考えの方もいらっしゃるようです。

そのような方にとっては、お盆の時期の結婚式は『迷惑』『非常識』でもあります。

お盆の結婚式については、家族や親族の方としっかりと相談することが大切。
自分勝手な判断をしないことが重要です。

当日の天候が不安定

良いお天気に恵まれやすい8月ですが、突然のゲリラ豪雨など『当日の天候が不安定』というデメリットもあります。

午前中の結婚式であれば影響は少ないかもしれませんが、夕方以降の結婚式の場合は注意が必要。

  • 屋外での演出に影響がでる
  • 交通機関の遅延・運休によってゲストが来られない

などの可能性があります。

まとめ

ということで今回は、8月の結婚式のメリット・デメリットなどについて解説しました。

何となくデメリットが多そうな8月の結婚式ですが、メリットもたくさんあります。

やはり8月の結婚式は、日程調整&暑さ対策が重要。
ゲストが快適&楽しく過ごせる工夫が大切です。

せっかくの結婚式が『迷惑』『非常識』なんて思われないよう、丁寧な配慮&おもてなしを考えると良いでしょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)