結婚式に腕時計はマナー違反!?男性&女性の気になる服装マナー

結婚式での服装のマナー

最近はスマートフォンなどの普及から、腕時計をする方が減ってきたとか。

しかしファッションにこだわる方にとっては、相変わらずのおしゃれアイテム。ところが結婚式では腕時計に関する意外なマナーが…。

今回は結婚式での腕時計のマナーについて紹介します。

スポンサーリンク

腕時計はマナー違反?

実は、結婚式などフォーマルなパーティーシーンでは、腕時計をする事はマナー違反とされています。

理由は、「時間を気にしている」「早く席を立ちたいと考えている」という印象を主催者に与えてしまうから。

最近は気にしない方も増えているようですが、格式高いホテルでの結婚式などでは、腕時計を外して行った方が無難です。

結婚パーティーや二次会では?

結婚パーティーなどカジュアル結婚式や二次会では、他のファッション同様に腕時計についての考えも緩やかになります。おしゃれのアクセントとして、腕時計を着用するのも良いでしょう。

ただし、頻繁に時間を確認するような行動はよくありません。

結婚式に相応しい腕時計とは

最近では腕時計NGという風潮も薄れてきていますので、絶対につけてはいけないという事ではありません。

しかし着ける着けないの前に、フォーマルの場にふさわしくない腕時計もありますので覚えておきましょう。また、あわせてオススメの腕時計も紹介します。

こんな腕時計はNG

もし着けるとしても、結婚式には不向きな腕時計を紹介します。

カジュアル過ぎる腕時計

Gショックやスウォッチなど、カジュアルなイメージの強い時計は、結婚式では避けるようにしましょう。

最近はスーツなどに「ハズシ」として、Gショックなどをコーディネートする方も多いようですが、結婚式では避けた方が無難です。結婚パーティーや二次会などで、取り入れると良いでしょう。

デザインが派手・奇抜

悪い意味で目立つ、派手なデザインの腕時計なども避けるようにします。ダイヤといった宝石が散りばめられた時計も、宝飾品とはいえ派手すぎるものは避けるようにしましょう。

男性におすすめの腕時計

結婚式におすすめの男性用の腕時計について紹介します。

黒革レザーベルトの時計

最もフォーマルシーンに適した時計は何?と聞かれた場合、「黒革で白文字盤の三針」をオススメします。

高級時計である必要はありませんが、100円ショップでも売っているようなチープなものは止めましょう。

黒革レザーベルトの時計

出典:楽天市場:YOSHIDA様

メタルバンドの時計

メタルバンドの時計、特にシルバーメタルの時計はフォーマルシーンでオススメです。

ゴールドでも問題ありませんが、シルバーの方がスマートな印象になります。

メタルバンドの時計

出典:楽天市場:YOSHIDA様

黒文字盤でも大丈夫ですがシンプルな物が良いでしょう。クロノグラフよりはシンプルな文字盤の方がオススメです。

ダイバーズウォッチなど、ベゼル付きでも大丈夫ですが、厚みがないスマートなものが良いでしょう。

女性におすすめの腕時計

結婚式におすすめの女性用の腕時計について紹介します。

小ぶりでシンプルな時計

ドレスを着用することの多い女性の方は、小ぶりでシンプルなデザインの時計がオススメです。

男性のように袖で隠れるという事がないので、大きく目立つデザインのものはスマートではありませんよ。

小ぶりでシンプルな時計

出典:楽天市場:腕時計のセレクトショップカプセル様

ブレスレット風の時計

女性の場合は、腕時計をブレスレットのようにアクセサリーとして着けるのもオススメです。デザインもブレスレット風のものを選ぶと良いでしょう。

ブレスレット風の時計

出典:楽天市場:腕時計のセレクトショップカプセル様

ベルトの色や文字盤の色など、ドレスの色とコーディネートすると良いでしょう。時計だけが目立たないようにするのがポイントです。

着物で腕時計はダメ?

着物を着るときは、腕時計も含め「アクセサリーはしない」という考えがあります。

着物で暮らしていた時代には、イヤリングや指輪といった洋装のアクセサリーを、身につける習慣がなかった事に由来しています。また腕時計の場合は、着物の生地を傷つけてしまうという理由も。

着物で結婚式に出席する際は、腕時計をしない方が良いでしょう。

どうしても腕時計をしたい時は

もし着物で結婚式に出席する際に、どうしても時計を身につけたいということであれば、懐中時計を使うのも良いでしょう。

また着物を傷つけないよう、薄くて滑らかなデザインの時計や、金属ではなく布製・革製のベルトの時計を選ぶことをオススメします。

腕時計を着ける時の注意事項

結婚式や二次会などで腕時計を着ける際に、注意することを紹介します。

時間を気にし過ぎない

「腕時計はマナー違反」の理由にもなった、時間を気にするという仕草には注意しましょう。

せっかくのお祝いの場所で、何回も何回も時間を確認することは、周りの方に「そろそろ帰りたいな」「つまらないなぁ」とイメージを与える可能性があります。

スマートフォンでの時間確認も

スマートフォンで時間を何回も確認することも同じです。そもそもお祝いの場で、用も無いのにスマートフォンをいじるのは止めましょう。

着けるなら清潔感が大切

時計が好きな人は大丈夫かと思いますが、結婚式では汚れていないキレイな時計を着けるようにしましょう。

せっかくスーツやドレスでおしゃれをしているのに、汚れた腕時計では恥ずかしいですよ。

目立つ傷がないものを

文字盤にヒビが入っている時計や、ベルトが避けている時計を結婚式で着用するのは止めましょう。

結婚式のようなお祝いの場では、「割れる」「避ける」を連想させるようなものは、縁起が悪いということでNGです。メンテナンスがしっかりとされた腕時計を着けていきましょう。

受付を頼まれた方は工夫を

受付を頼まれた方は、時間を確認する必要もあるはずです。近くに掛け時計などがあれば問題ありませんが、無い場合は時計が必要になることも。

最近はうるさく言われるマナーではないので、宴前の受付時は着用していても大丈夫ですが、気になる場合は外してポケットに入れるなど、工夫すると良いでしょう。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ