男性の場合、ジャケットの下に隠れて普段はあまり見えないベルト。
見えないから何でも良いと、適当にベルトを選んでませんか。

実は結婚式のようなフォーマルな場には、ベルトにもマナーがあるのです。

今回は、そんな結婚式でのベルトのマナーを紹介します。

スポンサーリンク

ベルトは何色でも大丈夫?

結婚式のようなフォーマルな場では、黒い革ベルトを着用するのが正しいマナーです。

ベルトの色は、靴と色合わせをして統一感を出すのが基本。
フォーマルシーンでの靴の色は黒が基本ですので、ベルトも黒を選びましょう。

黒のレザーベルト

出典ozie(オジエ)様

茶色のベルトはダメなの?

基本的に、結婚式ではNGとされています。ただし結婚式の二次会など、カジュアルな場面では茶色の靴がOKの場合があり、それに合わせて茶色のベルトを着用しても良いかと思いますが、あまりおすすめしません。

気心知れた友人でのレストランウェディング等の場合でも、結婚式はフォーマルな場所です。黒い靴と黒いベルトの組み合わせをおすすめします。

バックルにもマナーはある?

黒いベルトであれば、バックルは何でもアリという事ではありません。

フォーマルシーンではシンプルなバックルを選ぶようにします。バックルはシルバーのものが良いでしょう。たとえ黒いベルトだとしても、リングベルトはマナー違反。カジュアルな印象が強く、フォーマルには適していません。

大きなバックルや派手なデザインはNG

カウボーイのような大きなバックルのレザーベルトや、ブランド名が大きく描かれたバックルといった派手なデザインのものはNGです。注意しましょう。

メッシュベルトは?

個性的なデザインで人気のメッシュベルトですが、やはりカジュアルなベルトの代表。結婚式で少しでも個性を出したいと思っても着用は控えましょう。残念ながらフォーマルシーンには向かないベルトです。

型押しベルトもだめ?

クロコ型押しベルトといった、牛革のベルトに加工をしたベルトなどもありますが、あまり着用をおすすめできません。

ステッチは細いものを

ベルトの両端に入るステッチは、糸が細いものがフォーマルです。糸が細く同色で目立たないステッチが入ったベルトを選びましょう。太い糸のステッチが入ったベルトはカジュアルのイメージが強く、結婚式には向きません。

ベルトの幅は3~3.5センチ

結婚式のようなフォーマルの場では、太いベルトは不向きです。スーツのベルトループは、ジーンズ等のカジュアルパンツに比べると幅が狭く作られています。

フォーマルに最適なベルトの幅(太さ)は3センチから3.5センチ程度が目安です。

結婚式に適した男性のベルトとは

結婚式に最適な男性用のベルトについて、まとめると以下のようになります。

  • ベルトの色は黒
  • 牛革などで型押しされていないもの
  • バックルはシンプル
  • 3センチから3.5センチ程度の幅(太さ)
  • 細い糸で同色のステッチ

女性のベルトマナー

意外と知られていないのが、女性のベルトマナー。
結婚式のお呼ばれドレスにあわせる『ベルト』のマナーは以下のとおりです。

結婚式のお呼ばれドレスにベルトをプラスする場合、『ドレスと同色・同素材のベルト』をあわせることが基本です。

ドレスと同色・同素材のリボンベルトであれば、フォーマル感もあって様々な結婚式にピッタリ。
カジュアルスタイルの結婚式はもちろん、格式高いフォーマルな結婚式でも大丈夫です。

お呼ばれドレスにベルトをあわせる場合は、ドレスと同じ色・素材のベルトがフォーマル度も高くオススメです。

ドレスとは違う『色・素材』のベルトをコーディネートすることは、ややカジュアルなドレススタイル。
格式高い結婚式に招待された場合には不向きです。

カジュアルなスタイルの結婚式であれば大丈夫。
お呼ばれドレスとは異なる色・素材のベルトを選ぶ場合は、以下のポイントに注意しましょう。

  • 悪目立ちするような派手な色柄のベルトは避ける
  • 布地・ゴム製の場合はサテンなど光沢感のある生地のベルトを選ぶ
  • 革ベルトは細め&パーティー仕様の華やかなものがオススメ
  • リボンやパール・ビジューといった装飾を

お呼ばれドレスと異なる色・素材のベルトは『ややカジュアル』なコーデ
カジュアルなスタイルの結婚式や二次会、結婚パーティーにオススメです。

同じ色・素材のリボンベルト

出典楽天市場:パーティードレス通販オトナGIRL様

異なる色・素材のリボンベルト

出典楽天市場:パーティードレス通販ベル様

マナーに厳しい方がいることも忘れずに

フォーマルショップで働く知人に確認したところ、カラーフォーマルショップでもリボン等の装飾付きのゴムベルトは取り扱っているようです。
ただし数は少ないとのこと。

また、格式高い結婚式への出席時などではオススメしない場合もあるそうです。
出席者の中にはマナーに厳しい方がいるかもしれませんので、その辺りは注意しましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク