結婚式での服装コーデが決まった女性の皆さん。
当日の『バッグ』についてお悩みではありませんか。

「パーティーバッグは小さめがマナー」

ということは知っているものの、

「バッグの色は何色でも良い?」
「どんな素材のパーティバッグが良い?」
「革製とか合皮のバッグはダメなの?」

など、いろいろと気になりますよね。

ということで今回は、『結婚式での女性のバッグ』について解説。

結婚式にお呼ばれする女性の皆さんが持つべき、最適な『バッグ』の選び方を紹介します。

スポンサーリンク

大きめが流行り?バッグの大きさ

結婚式では『サイズの小さいバッグ』を選ぶことがポイントです。
皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

結婚式などフォーマルなパーティーに出席する際は、

  • 荷物を持たないのが基本

ということで、『小さいバッグ』がマナーとされています。

また実用性を求めるバッグですが、フォーマルにおいては『アクセサリー』としての意味も。
『ドレス』『靴』などとコーディネートして、オシャレを楽しむアイテムでもあります。

小さいと袱紗が入らない!対処法とは

日本の結婚式では、『袱紗に入れたご祝儀』を持参するのが一般的。
『小さいバッグ』の場合、海外では良くても日本では意外と不便なものです。

そのような時の対処法を紹介します。

大きめのパーティーバッグ

これから新しく結婚式用のバッグを購入しようと考えている方には、

  • 袱紗も入る大きめのパーティーバッグ

などがオススメです。
大きめといっても、一般的なパーティーバッグより『一回り』ほど大きい程度。

  • クラッチバッグ
  • ショルダーバッグ
  • ハンドバッグ

など様々なタイプがあります。

パーティーバッグ&サブバッグ

既にパーティーバッグを持っていて、

「袱紗のためだけに買い換えるのは」

という方には『サブバッグ』がオススメ。

「紙バッグで良いのでは?」と考える方はマナー違反。
サブバッグも結婚式に適した『フォーマルなもの』を選ぶことが大切です。

また、

「サブバッグは邪魔だし買い換えるのは面倒」

という方にはレンタルもオススメ。
最近のレンタルショップは、結婚式用のバッグも充実しており価格も安く人気があります。

参考画像:サブバッグ&パーティーバッグコーデ

披露宴前にサブバッグはクロークへ

フォーマル感のある『サブバッグ』であれば披露宴会場に持ち込むことが可能です。
とはいえ『サブバッグ』はあくまで補佐的に使用するもの。
『サブバッグ』は不要な荷物と一緒にクロークへ預け、『パーティーバッグ』だけのスマートな装いで会場入りするのがオススメです。

革・ラインストーンはOK?バッグの素材

『アクセサリー』としての一面もあるパーティーバッグ。
素材にもマナーがあり、『ドレス』『靴』とコーディネートする際も注意が必要です。

昼は布製(レース・サテン)など

昼の結婚式では、『光沢』を抑えるのがフォーマルウェアの基本ルール。

  • キラキラ光るビジュー
  • ラインストーンが目立つ

といったバッグは避け、

  • レース
  • サテン

など、光沢感の少ないパーティーバッグを選ぶことが大切。
繊維の織り方による光沢は大丈夫です。

昼に着用する『ドレス』『靴』についても同様のマナー。
コーディネートを楽しむ際に注意すると良いでしょう。

夜はラインストーンなどで光沢を

夜の結婚式では昼の結婚式とは対照的に、光沢感のあるキラキラした素材のバッグがオススメ。

夜の結婚式ではフォーマルウェアのマナーも、昼の結婚式のものより華やかになります。
肌の露出も増え、キラキラ輝く宝石類を身につけるのが基本。

バッグも

  • ラインストーン
  • ビジュー

などを全体にあしらったものなど、キラキラとした華やかなものを選びましょう。

パール&ビーズは昼夜問わずOK

『パール』『ビーズ』を使ったバッグは、昼夜問わず活躍するアイテム。
バッグ選びに迷ったら『パール』『ビーズ』がオススメです。

革製・合皮のバッグでも大丈夫

結婚式では、

  • 革製(牛革など)
  • 合皮

で作られたバッグでも問題ありません。
ただし、

  • アニマル柄が全面にでるようなデザイン
  • ヘビ・ワニ柄などが型押しされているデザイン

といったものはNGなので注意しましょう。

ビニール・綿素材は避ける

フォーマルシーンである結婚式において、

  • ビニール素材
  • 綿素材

といった、カジュアルな素材のバッグはNG。
カジュアル要素の強いバッグは避けましょう。

白・黒でも大丈夫?バッグの色

『白は花嫁の色』『黒は喪の色』として避けられる傾向のある結婚式。
バッグの色について、

「白や黒でも大丈夫なの?」

と気になっている方も多いのではないでしょうか。

白・黒のバッグでもOK

もちろん、コーディネート全体が白や黒一色となるのはNG。

『バッグ』など一部のアイテムに『白』『黒』を取り入れることは問題ありません。
結婚式当日の装いにあう『バッグの色』を選ぶと良いでしょう。

先ほども紹介したように、結婚式でのバッグには『アクセサリー』の一面も。

  • ドレスにあうアクセサリーのひとつ

として、『バッグ』を選ぶことがポイントです。

参考画像:ベージュバッグ&ライトグリーンドレスコーデ

参考画像:ベージュバッグ&ネイビードレスコーデ

参考画像:黒のバッグ&ピンクドレス

赤やゴールド、シルバーも人気

派手かなといった印象の赤いバッグ。
ドレスの色によっては『アクセントカラー』にもなり素敵です。

また、

  • ゴールド
  • シルバー

といった色も、結婚式という華やかな場には最適な色。
ドレスや靴にあわせてコーディネートすると良いでしょう。

参考画像:赤のバッグ&ネイビードレス

参考画像:シルバーバッグ&ネイビードレス

結婚式にオススメ!オシャレなバッグ

結婚式にオススメのパーティーバッグを紹介します。
ドレススタイルのアクセントにアクセサリー感覚でコーディネートしましょう。

ハンドバッグ

持ち手がついたハンドバッグタイプ。
シンプルなデザインが人気です。

クラッチ&ショルダーバッグ

男性にも女性にも人気のクラッチバッグタイプ。
チェーンをつけてショルダーバッグにもなる『2WAYタイプ』が人気です。

着物で結婚式!最適なバッグは?

最近は友人の結婚式に着物で出席する女性も増えてきました。
着物で出席する際の『バッグ』の選び方について紹介します。

基本は草履とあわせる

着物で出席する際のバッグ選びの基本は『草履』とあわせること。
もっとも簡単で一般的な選び方でもあります。

バッグの生地と草履の花緒を揃え統一感を出すのがオススメ。
バッグの色は、

  • クリーム色

などが一般的です。

布製やサテンのバッグもOK

昼の装いに使う布やサテン製のバッグでも大丈夫です。
ドレスにあわせるのと同様に小さめで、キラキラ光沢感がないバッグを選ぶと良いでしょう。

披露宴中のバッグの置き方マナー

披露宴に持ち込む必要のない荷物は『サブバッグ』に入れてクロークに預けましょう。
披露宴会場へは必要最低限の荷物をパーティーバッグに入れて持参します。

バッグの置き場所

披露宴会場に持ち込んだバッグは、

  • 自分の背中と椅子の背もたれの間
  • 膝の上

のどちらかに置きます。

いくら小さいバッグだからと、『テーブルの上に置く』のはマナー違反。
また『椅子にかける』こともNGです。

バッグハンガーが便利

バッグのお供に『バッグハンガー』を持っていけば、パーティーバッグの置き場所に困ることはありません。

参考画像:バッグハンガー

バッグハンガーは様々なデザインのものが売られています。
あなたの好きなデザインを選んで結婚式・披露宴で使ってみてはいかがでしょう。

まとめ

ということで今回は、『結婚式での女性のバッグ』について解説しました。

フォーマルシーンでの『バッグ』は、『小さいサイズ』を選ぶことがポイント。
女性のバッグには『アクセサリー』としての一面もあるので、当日の装いとのコーディネートも大切です。

バッグの素材選びでは、

  • 昼は光らない
  • 夜はキラキラ

といったことが基本。
『昼の結婚式』では、『レース』『サテン』など布製のパーティーバッグがオススメ。
『夜の結婚式』では、『ビジュー』『ラインストーン』など華やかなパーティーバッグを選ぶと良いでしょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)