結婚式や二次会の断り方!上手な伝え方&理由別の基本マナーについて

結婚式や二次会に招待されたけど、「当日は理由があって行けない」「ちょっと行きたくない…」など、欠席を考えたことはありますか。

お祝い事なので、本当は出席した方が良いのかもしれないけど、どうしても断わりたい…。そんな事もあるはずです。

今回は、結婚式や二次会の断り方について解説。上手な伝え方や理由別の断り方を紹介します。

スポンサーリンク

欠席の伝え方

結婚式や二次会に招待されたあなた...。おめでたい席にせっかく招待されたけど、残念ながら行けない。さぁ、どうしましょう。

基本的には口頭で伝える

欠席の連絡は、「本人に直接会って伝える」もしくは、「電話で伝える」のが基本。

その上で、招待状の返信はがきにて、「欠席」の旨を伝えるという方法が基本的なマナーです。

メールやLINEではダメ?

最近はメールやLINEでの事前連絡も増えてきました。

欠席の場合は、丁寧な対応が大切です。メールやLINEで連絡がきた場合は、返信をメールなどで行なっても構いません。

ただし、メールやLINEで欠席の連絡を行なった後、改めて電話など口頭で、断わりの旨とお祝いの言葉を伝えるようにします。

後日、招待状が届いた場合にも、返信メッセージを書くなど、マナーを守った対応をするよう心がけましょう。

行きたくない結婚式の断り方

仲良くない人からの招待や、金銭的な問題で結婚式に行きたくない場合、どのように欠席の旨を伝えるのが良いのでしょうか。

欠席の理由別に、メールやLINEでの文例といった断り方を、注意点と合わせて紹介します。

仲良くないのに招待された

最近、意外と多い欠席理由の一つです。あまり親しくない人から、またずっと疎遠だった知人から突然に招待されるパターン。

もちろん、喜んで出席できれば一番なのですが、行きたくないのに無理やりもどうかと...。

相手との関係性にもよりますが、どうしても行きたくない場合は、以下の方法で断わると良いでしょう。

仕事を理由に断わる

相手があなたの仕事をよく理解しているような場合は難しいですが、一般的によく使われる欠席理由です。

メールやLINEなどでは、以下のように伝えると良いでしょう。

どうしても仕事の都合がつかないので...

仕事のスケジュールが調整できなくて...

注意点

FacebookやTwitter、InstagramといったSNSを積極的に更新している方は、注意しないと嘘がばれる可能性が...。

他の結婚式を理由に断わる

親しい友人の場合は難しいですが、こちらもよく使われる欠席理由です。

特に親戚などの結婚式を理由にすると、身内しか知らないという事で断わりやすいかもしれません。

メールやLINEなどでは、以下のように伝えると良いでしょう。

いとこの結婚式があって...

あいにく先約があって...

注意点

相手の結婚式が、平日や仏滅の場合は、「そんな偶然がある?」と怪しまれる可能性が...。

あえて理由を伝えず断わる

そんなに親しくない人から招待された場合は、あえて理由を伝えず断わるという方法もあります。

メールやLINEなどでは、以下のように伝えると良いでしょう。

どうしても都合がつかず...

やむをえない事情があり...

注意点

あまり無いとは思いますが、相手がしつこく理由を聞いてきた場合、何らかの理由を考えておくなど対策が必要です...。

遠方・ご祝儀が払えないなど金銭的理由

遠方での結婚式でお金がかかる、訳あってご祝儀を払う余裕が無いなど、金銭的理由で断わりたい方も多いようです。

このような場合は、はっきりと理由を伝えず断わる方法が良いでしょう。

メールやLINEなどでは、以下のように伝えると良いでしょう。

やむをえない事情があり...

あいにく先約があって...

注意点

金銭的理由の場合でも、招待を受けたのですから、結婚のお祝いは贈るようにします。

残念ながら行けない場合の断り方

残念ながら結婚式を欠席する場合、どのように欠席の旨を伝えるのが良いのでしょうか。

欠席の理由別に、メールやLINEでの文例といった断り方を、注意点と合わせて紹介します。

理由を伝えても良い事柄

仕事や出張など、あらかじめ日程が決まっていた場合には、理由を伝えて断わっても構いません。また、出産や育児等も理由を伝えても大丈夫です。

ただし、「忙しいから」といった言葉はNG。せっかく招待してくれた相手に失礼になります。

以下の事柄で結婚式を断わる場合は、理由を伝えても大丈夫です。

  • 出産・育児
  • 身内の結婚式
  • 仕事・出張
  • 試験・行事

伝えても大丈夫な理由の基準は、「おめでたい事柄」「相手が納得する理由」「相手に失礼のない理由」と考えると良いでしょう。

メールやLINEなどでは、以下のように伝えると良いでしょう。

出産予定日が近いので...

その日はいとこの結婚式で...

仕事のスケジュールが調整できなくて...

子供の入学式なので...

ポイント

本当は行きたかったのにどうしても...という、残念な気持ちを丁寧に伝えると良いでしょう。

理由を伝えない事柄

弔事などの不幸、病気やけが、相手が納得できない理由、相手に失礼な理由の場合は、理由を伝えないのが基本です。

また旅行や娯楽などで断わる場合も、「私の結婚式より旅行を優先するの?」「そんなにコンサートが大切?」なんて思われないよう、相手との関係性をふまえ伝えるか考えると良いでしょう。

以下の事柄で結婚式を断わる場合は、理由を伝えないのがマナーです。

  • 葬儀・法事
  • 病気・けが
  • 旅行・娯楽
  • 行きたくない

メールやLINEなどでは、以下のように伝えると良いでしょう。

やむをえない事情があり...

どうしても都合がつかず...

あいにく先約があって...

ポイント

親しい間柄の場合は、正直に事情を説明し断わることもあります。ただし相手側が心配したり、不快にならないよう気配りが大切です。

断わった後の対応について

せっかく招待された結婚式を断わった場合、その後の対応をしっかりと行なう事が大切です。

別の機会に結婚祝いやご祝儀を渡したり、結婚式会場へ電報を送るなど、欠席連絡後の適切な対応をするよう心がけましょう。

余興やスピーチの断り方

結婚式には出席するけれど、頼まれた余興やスピーチは断わりたい...という方もいらっしゃるのでは。

たくさんの招待客の中から、せっかく選ばれたのですから、ぜひ受けたいものです。

しかし、緊張するので絶対に無理など、どうしても余興やスピーチを断わりたい場合は、以下の記事を参考にしてください。

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

結婚式で役立つコラム:記事一覧

このページの先頭へ