結婚式にお呼ばれする際、荷物が多くなる方にとって便利なのが『サブバッグ』。
最近は『フォーマルサブバッグ』といった、結婚式に最適なものも増えています。

そんな『サブバッグ』ですが、

「そもそも持ってない…」

という方も多く、

「普通のバッグではダメなの?」
「普段使いのバッグを代用しても良い?」

など、代わりになるバッグを探している方もいらっしゃるかと思います。

結婚式お呼ばれにおいて、『会場内に持ち込めるバッグ』は、

  • パーティーバッグ
  • フォーマル仕様のサブバッグ

のみです。

会場に持ち込めるサブバッグの代用ということであれば、『大きめのパーティーバッグ』がオススメ。
ただしクロークに預けるということであれば、普段使っているバッグなどでも大丈夫です。
代用バッグを使う際の『注意点』を守っていれば問題ありません。

ということで今回は、『結婚式サブバッグの代用アイデア&注意点』について解説。

サブバッグの準備が必要ない『代用アイデア』、サブバッグ代わりの鞄・収納袋を利用する場合での注意点について、まとめて紹介します。

サブバッグの代わりに!代用アイデア

結婚式へのお呼ばれは、年に数回あるかないか。
『サブバッグ』を持っていない人も多く、

「荷物入れに使うだけなら別のもので代用したい」

と考えている方もいらっしゃるのでは。

冒頭でも紹介しましたが、会場到着後にクロークへ預けるのであれば『サブバッグ』を準備する必要はありません。
まずは『サブバッグ』の代わり使える、『代用バッグのアイデア』を紹介します。

普段使いのバッグ(リュック・トートなど)

会場内への持ち込み△(基本的にはクロークへ預ける)
※特別な事情によって持ち込み可能

普段使っているバッグに荷物を入れて、結婚式・披露宴の会場へ向かうのも1つの方法。
普段使いのバッグをサブバッグ代わりに活用する場合は、会場内へは持ち込まずクロークへ預けるのが基本です。

両手が空く『リュックサック』は意外とオススメ。
荷物がたくさん入れられることはもちろん、引き出物が入った紙袋を持って帰るときにも便利です。

その他にも、

  • トートバッグ
  • ショルダーバッグ
  • ウエストポーチ
  • ボストンバッグ

など、普段使いのバッグを活用しても大丈夫。
お呼ばれに必要な荷物が入るのであれば、サブバッグ代わりに使うのも良いでしょう。

会場内に持ち込める特別な事情とは

普段使いのバッグは、会場内に持ち込まずクロークに預けるのが基本。

ただし、特別な事情によっては会場内への持ち込みが可能です。

特別な事情会場内への持ち込み
赤ちゃん・子供連れでのお呼ばれ○(持ち込み可能)
余興などで使う道具・撮影機材の運搬用△(会場スタッフに確認)
※自己判断での持ち込み不可

ビジネスバック

会場内への持ち込み×(必ずクロークへ預ける)

仕事帰りにお呼ばれする場合などでは、仕事で使っている『ビジネスバッグ』を荷物入れとして活用するのも良いでしょう。

もちろん結婚式・披露宴がおこなわれる会場に『ビジネスバッグ』を持ち込むのはNG。
必ずクロークへ預けることが大切です。

エコバック

会場内への持ち込み×(必ずクロークへ預ける)

買い物の際に活用する『エコバッグ』。
結婚式での『サブバッグ』の代わりに使いたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

これまで紹介してきたバッグ同様、行き帰りでの『荷物入れ』として使うのは何も問題ありません。
ただし会場内への持ち込みはNGです。

最近はオシャレなエコバッグも増えてきましたが、あくまでエコバッグは『買い物袋』という印象が強いアイテム。
フォーマルシーンには不向きですので、必ずクロークに預けましょう。

紙袋・ショップ袋

会場内への持ち込み×(必ずクロークへ預ける)

ブランド店やオシャレなショップでもらえる『紙袋』や『ショップ袋』。
『デザインが素敵』&『紙質がしっかりしている』ということで、様々な場面で活用している方も多いのではないでしょうか。

たとえオシャレな『紙袋』『ショップ袋』だとしても、使うのは行き帰りでの『荷物入れ』としてまで。
会場内には持ち込まず、クロークに預けることが重要です。

結婚式の会場内で許される紙袋は、引き出物の紙袋。
それ以外の紙袋を持って、ウロウロ歩くことはみっともない行動とされています。

結婚式・披露宴会場内に『紙袋』を持ち込むことは、マナー違反とされていますので注意しましょう。

代用バッグを使用する時に守ること

結婚式にお呼ばれする際、荷物が多くなってしまう方に便利な『サブバッグ』。

会場内に持ち込む場合は『フォーマル仕様のサブバッグ』を選ぶことが大切。
ただしクロークに預けるということであれば、普通のバッグなどで代用しても大丈夫です。

とはいえ、

「普段使っているバッグなら何でも大丈夫」

ということではありません。

結婚式はフォーマルな場であり、新郎新婦にとっては大切なイベントです。
『代用バッグ』を使用する場合は、以下のポイントは必ず守りましょう。

代用バッグで守るポイント

清潔感が重要

サブバッグの代わりに使用するバッグや袋は、『清潔感』のあるものを使うことが大切です。
『汚れている』『破れている』など、汚い印象のバッグや袋をサブバッグとして代用するのは避けましょう。

『クローク』は様々なゲストが使う場所。
新郎新婦の親族の方が見ている可能性もあり、不快に思われたら大変です。

普段使いのバッグをサブバッグとして代用する場合は、『汚れていないか』『破れはないか』などを、しっかりと確認することがポイント。
「このバッグを使う」と決めたら、早いうちから準備しておくのがオススメです。

派手・悪目立ちするものは避ける

派手&悪目立ちするバッグや袋を、サブバッグ代わりに使うのは避けましょう。

当たり前ですが、クロークは結婚式がおこなわれる敷地内・建物内にあります。
他のゲストや親族の方など、誰が見ているかわかりません。

不快に思われた場合、新郎新婦の信用が落ちてしまう可能性も考えられます。

クロークに預ける場合でも、できるだけ落ち着いた印象のバッグ・袋をサブバッグ代わりに使うことが重要。
シンプルなデザイン、上品な印象のものを活用することがポイントです。

まとめ

ということで今回は、結婚式サブバッグの代用アイデアと注意点について解説しました。

『クロークに預けるサブバッグ』ということであれば、今回紹介したような様々なアイテムで代用が可能です。

ただし、どんなバッグ・袋でも良いわけではなく『清潔感』『上品さ』が重要。
「クロークに預けるから何でも大丈夫」という考えはNGです。

会場内に持ち込めるサブバッグの代わりということであれば、『大きめのパーティーバッグ』がオススメ。
「袱紗がパーティーバッグに入らない」といった理由だけで、サブバッグを準備しようと考えていた方にピッタリのアイテムですよ。

おすすめ記事(一部広告を含む)