結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式でのピアス&イヤリング!お呼ばれゲストの気になるマナー

結婚式でのピアス&イヤリング!お呼ばれゲストの気になるマナー

最近の若い方には当たり前のアクセサリーとなったピアス。男性で付けている方も増えてきました。また、女性の耳元を飾るアクセサリーには、ピアスのほかにイヤリングもありますね。

そんなピアスやイヤリングですが、フォーマルシーンではどのようなものを選べば良いのでしょう。

という事で今回は、耳元のおしゃれに欠かせないピアス&イヤリングのマナーについて紹介します。

ピアスやイヤリングなしでも良い?

ピアスやイヤリングといった耳元のおしゃれアイテム。絶対につけないといけないのでしょうか。

もちろん、ピアスやイヤリングなしといったコーディネートでも大丈夫です。

金属アレルギーなどが理由でつけない方もいらっしゃいますし、結婚式だからという事で、イヤリングなどを無理して購入する必要はありません。

ただし結婚式のようなフォーマルの場では、アクセサリーで華やかさをプラスする事も大切。耳元にアクセサリーはなくても、ネックレスなどは付けるようにしましょう。

ピアス&イヤリングの素材について

結婚式にドレスなどの洋装で出席する場合、昼と夜など時間帯によって装いに違いが。ピアスやイヤリングも、服装に合わせて昼と夜とで使い分ける必要があります。

昼は光らないものを

昼の結婚式では、光る素材のピアスやイアリングはつけないのが原則。パールなど光らない素材のものが基本です。

パールのイヤリング

出典:セレブワンピース&ドレスPourVous様

パール以外の素材

昼の結婚式に適した、パール以外でキラキラと光らない素材には、珊瑚(サンゴ)や翡翠(ヒスイ)、アメジスト、ラピスラズリ、ムーンストーン、トルコ石などがあります。

珊瑚(サンゴ)のイヤリング

出典:珊瑚職人館-土佐様

夜は輝くものを

夜の結婚式では、昼とは逆に照明にキラキラと輝く華やかなアクセサリーが基本になります。

ダイヤモンドなどの宝石類や、ゴールドなどの貴金属類、スワロフスキー・クリスタルのピアスやイヤリングなど、ドレスにあったもので華やかに演出すると良いでしょう。

ラインストーンのピアス

出典:パーティードレス通販GIRL様

派手過ぎるものはNG!

結婚式の主役である新婦より派手なものはマナー違反。

夜は華やかなアクセサリーが基本といっても、新婦より目立つような豪華なものはNGです。

揺れるピアス・イヤリングはNG!?

女性の方なら1回は聞いたことがあるマナーではないでしょうか。

ピアスやイヤリングなど、揺れるアクセサリーを身に付けることは、「家庭が揺れる」という事でマナー違反になるという話。

実はこのようなマナーはありません。ピアスやイヤリングは揺れるタイプを付けても大丈夫です。

パールのピアス

出典:パーティードレス通販GIRL様

目立ち過ぎるものは避ける

揺れるものが大丈夫といっても、肩の近くまで垂れ下がるものや、アシンメトリーといった個性的で目立つものは避けましょう。

ドレスやネックレスなどにあった、フォーマルの場にふさわしいものを付けるようにします。

複数のピアスをつけても良い?

最近は耳だけでも複数のピアスを付けている方がいらっしゃいますが、結婚式のような場では避けたほうが無難です。

新郎新婦のご両親や親族の中には、複数のピアスを付けている事を毛嫌いする方がいらっしゃるかもしれません。

あなた自身は良くても、そんなお友達がいるということで、新郎新婦の評価が下がってしまう恐れがあります。

軟骨ピアスは避ける

結婚式でのピアスは、基本的に耳たぶだけに付けるようにします。

インダストリアルやロックといった軟骨ピアスはおしゃれですが、残念ながら毛嫌いする方がまだまだ多いのです。

耳たぶ以外は外す

耳以外にも最近は、鼻ピアスや舌ピアスなど、様々な場所にピアスを開けている方もいらっしゃいますが、結婚式に出席する際は、外すようにしましょう。

耳たぶ以外の場所のピアスは、まだまだ良い印象を持たれない可能性が高いもの。特に鼻ピアスや眉尻、口周りのピアスは目立つので外します。

男性はピアスを外しましょう

マナー違反という事ではありませんが、男性の方はピアスを外した方が無難です。

複数のピアスについてと同様、男性がピアスを付けている事を毛嫌いする方がいらっしゃるかもしれません。

メンズピアスなど当たり前の昨今ですが、年配の方も参列されるような結婚式という場では特に注意しましょう。

気心知れた友人のみでの結婚式や二次会などでは大丈夫ですよ。

着物ではつけない

もし和装で結婚式に出席する場合は、ピアスやイヤリングはつけません。「着物ではアクセサリーはつけない」というのが基本です。

結婚式当日に着物を着る方は、普段ピアスをしている場合は外しましょう。

ネックレスとのコーディネートを

ピアスやイヤリングは、それ単体で考えずネックレスとコーディネートすると統一感があり、よりおしゃれで華やかに演出する事ができます。

結婚式でのピアスやイヤリングの基本は、主役の新婦より控えめで、あなたの服装に似合ったものにすること。

結婚式前に全体の雰囲気を鏡の前で確かめてみると良いでしょう。フォーマル感のある服装で、華やかな結婚式を楽しみましょう。

ピアスとネックレスのコーディネート

出典:ドレスショップfascino様

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

結婚式での服装のマナー:記事一覧

このページの先頭へ