結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 披露宴や結婚式二次会の余興で披露する歌のスタイルについて

披露宴や結婚式二次会の余興で披露する歌のスタイルについて

披露宴や結婚式二次会の余興で、歌を披露する方は多いのではないでしょうか。

私自身も、これまで様々なスタイルで歌を余興として行ってきました。カラオケはもちろん、バンド演奏などなど・・・。

今回は、余興で歌を披露する際のスタイルについてのお話です。

やはり面倒なのはバンド演奏?

歌に関する余興として私が実際におこなったり、出席した披露宴や二次会で経験があるものは以下のとおりです。
※○印は私自身が披露した経験あり

  1. カラオケで歌う(○)
  2. バンド演奏(○)
  3. ウクレレ演奏(○)
  4. アカペラで歌う
  5. ギターの弾き語り
  6. ギターでのソロ演奏
  7. ピアノの弾き語り
  8. グループでのカラオケ(ダンス付き)
  9. 吹奏楽

この中で、実際の経験や余興を披露した方にお話を聞いて一番面倒だな~ぁと感じたのは「バンド演奏」です。

これは私自身も二次会にて演奏経験がありますが、何が面倒かと申しますと"ドラム"の設置がま~ぁ面倒でした。

ドラムセット

もちろん、既に会場にドラムが設置してあるといった場合は問題ないと思いますが、私が演奏した際は、二次会の会場でのドラム使用確認からドラムセットのレンタル、搬入から設置、返却に至るまで全てバンドメンバーで担当・・・それはそれは面倒でした。今考えると何故そこまでがんばったのだろう。。。という感じです。

まぁ、新郎がボーカルという事もあり、会場側との打ち合わせは、すべて新郎自らが担当してくれましたので、その部分はラッキーだったのですが、新郎新婦がバンドメンバーではなく、余興を頼まれて演奏する場合は、ドラムに関する事について細かい打ち合わせは大事かと思います。

演奏的に問題なければ、スタジオに置いてあるようなドラムセットを使わなければ良いんですよ。というか、ドラムセットが置いてある会場なら演奏を披露する・・・というのが一番かと。ははは。

スポンサーリンク

カラオケは最新型ではない・・・と思っておきましょう

カラオケで歌を披露する方も多いと思いますが、カラオケにも注意点が。

都内やオシャレな式場だと大丈夫だったりしますが、意外とカラオケ機材が古いところが多いような気がします。

私の友人は、カラオケ店で、それはそれはたくさん練習したにも関わらず、当日歌のキーが異なり、自ら調整することもできず惨敗したことがありました。練習量がハンパなかっただけに相当なダメージ・・・。結婚式で感動して泣いていたのか、悔しくて泣いていたのか。。。

こだわりの強い方は、当日に会場の音響スタッフの方とお話する時間を設けることをおススメします。はい。

ちなみに私は、どこのカラオケ店の機材でもキーが同じ無難な歌しか歌わないので、当日に打ち合わせした事は一度もありません。。。

弾き語りは楽器音量の調整に注意

ピアノの場合は、既に会場に設置してあるモノを使用することがほとんどですので、音量の調整はほぼ問題ないと思われます。

ですが、ギターの弾き語りの場合は注意が必要かと。特に広い会場の場合。

レストランや小規模な会場では大丈夫だと思いますが、ホテルの披露宴会場など大きめの会場の場合は、エレアコなどでアンプを利用する方が良いと思います。静かめのバラード等を披露する場合は特に。

ギターの音自身もマイクを通さないと、広い会場の場合は余程ジャカジャカ演奏しない限り、ボーカルのみのアカペラに聞こえる場合があります。

会場のスタッフが一番知っている

余興で歌を披露する際に、こんなスタイルで歌いたい、演奏したいという場合は、新郎新婦を通して会場側に確認してみると良いでしょう。

会場のスタッフの方々は、様々なスタイルの披露宴や二次会を経験しているはずですので、きっと的確なアドバイスがもらえると思いますよ。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ