結婚式・披露宴では、ウェディングプランナーや会場担当者といった多くのスタッフの方にお世話になります。

ご両親や親族の方が留袖を着る場合は、留袖着付け担当の方にもお手伝いしていただくことでしょう。
他にもヘアメイクや介添人、司会者、カメラマン、タクシーや送迎バスの運転手などなど。

そんなスタッフの方々に渡すのが『心付け』。
『心付け』については、いろいろとお悩みの方も多いようです。

「心付けなんて不要では?そもそも渡す必要があるの?」
「心付けを渡す場合の金額相場が知りたい」
「心付けは誰から渡すの?渡すタイミングは?」

など気になっているのでは。

ということで今回は、『結婚式での心付け』について解説。

心付けの意味やスタッフ別の金額相場、渡すタイミングなどについて、まとめて紹介します。

スポンサーリンク

心付けとは

『心付け』とは、結婚式でお世話になるスタッフの方々に渡す『気持ち』のこと。

結婚式では、ウェディングプランナーや会場スタッフ、着付け・ヘアメイク担当者など、とてもたくさんの方にお世話になります。

後半で詳しく解説しますが、『心付け』は結婚式が始まる前に渡すのが基本。

『心付け』には、結婚式当日にお手伝いをしていただくスタッフの方々へ、「本日は宜しくお願いします」といった気持ちを伝える意味があります。

幸せのおすそ分けの意味も

『心付け』には、結婚式に携わる方々へ『幸せをおすそ分けする』という意味もあります。

基本は現金、菓子折りでも可

『心付け』は現金で渡すのが一般的ですが、最近は『菓子折り』を渡す方も増えています。

自分の出身地と異なる場所で結婚式を挙げる方は、地元の名産品を渡すのも良いでしょう。
後日改めて新婚旅行のお土産を渡す方もいらっしゃいます。

お菓子などを渡す場合は、

  • 賞味期限が長い
  • 個別に包装されている

といったものがオススメです。

心付けは必要?不要?

『心付け』は、必ずしも渡す必要はありません。
とはいえ、お世話になるスタッフの方々に、「感謝とお礼の気持ちを伝えたい」と思うカップルやご両親も多いはず。

心付けは必要なのでしょうか、不要なのでしょうか。

会場側の方針・サービス料の有無を確認する

最近は『心付け』を渡さないことの方が多いようです。

心付けを渡さない理由としては、

  • 結婚式場側が「心付けは受け取らない」という方針のため
  • 結婚式の費用に『サービス料』として含まれているため

といったことが挙げられます。

私自身の結婚式ではプランナーから説明が

私自身の結婚式では、事前の打ち合わせ時に、

「当ホテルでは、スタッフへの『お礼』や『心付け』につきましては辞退させていただいております」

といった説明がありました。

『心付け』に関する会場側の方針については、プランナーさんから説明があることが一般的です。
もし説明がなかった場合は、プランナーさんに確認することをオススメします。

「心付けはいつお渡しすれば良いですか?」

と質問すれば、その回答の内容で『心付け』が必要か不要かがわかると思いますよ。

両家の考えを確認する

会場側から「心付けは不要です」と方針を伝えられた場合でも、

「感謝の気持ちを伝えなくて本当に良いの?」

と、気にする方も多いのではないでしょうか。

『心付け』をどうするかは、両家で事前に話し合うことが大切です。

両家で話し合った結果、『心付けは不要』ということであれば渡す必要はありません。
「渡さないのは失礼だから必要」ということであれば、心付けを渡しても大丈夫です。

私自身の結婚式では

ちなみに私自身の結婚式では、両家で話し合い、

  • 会場側の方針に従って基本的には渡さない
  • 何か迷惑を掛けた場合は渡す

と、決めていました。

無理やり渡すのはマナー違反

両家で話し合った結果、『心付けを渡す』ということになった場合でも、無理やり渡すのはNGです。

会場側が「心付けを受け取らない」という方針の場合、『心付け』は断られることがほとんど。
再度すすめてみても断られたという場合は、無理強いはせず引き下がるのがマナーです。

私は一部スタッフに『心付け』を渡しました

私自身の結婚式では、一部のスタッフの方(送迎バスの運転手)に『心付け』を渡しました。
先ほども紹介したとおり、プランナーさんから「心付けは不要」と聞いていたうえで…。

渡した理由は迷惑を掛けたから

『心付け』は送迎バスの運転手さんに渡しました。

渡した理由は、結婚式当日に急きょルートを変更してもらうなど『特別な配慮』をしていただいたため。

プランナーさんは「大丈夫ですよ」ということでしたが、「ご迷惑をお掛けしたので」と伝えたところ受け取っていただけました。

『心付け』は『気持ち』

『心付け』を渡すかどうかは、基本的に『会場の方針』『両家の話し合い』をふまえて決めると良いでしょう。

冒頭でも紹介しましたが、『心付け』は結婚式でお世話になるスタッフへの『気持ち』です。

会場側が『心付け』を受け取らない方針だったとしても、結婚式当日に特別な配慮をしていただいた場合は、『心付け』を渡しても問題ありません。

ただし無理やり渡すのはマナー違反。
どうしても受け取ってもらえない場合は、心付けを渡すことは諦め引き下がることが大切です。

誰にいくら渡す?心付けの金額相場

『心付け』について、「誰にいくら渡すの?」といった『金額の相場』が気になっている方も多いのでは。

つづいては、結婚式でお世話になるスタッフ別に、『心付け』の目安金額を紹介します。

スタッフ別『心付け』の金額相場

プランナー 5,000円~1万円
介添人 3,000円~5,000円
会場スタッフ 5,000円~1万円(会場責任者・キャプテン)
2,000円~3,000円(接客スタッフなど)
美容師(ヘアメイク担当) 5,000~1万円(美容師・ヘアメイク責任者)
2,000円~3,000円(ヘアメイクスタッフ)
着付け担当者 5,000~1万円(着付け責任者)
2,000円~3,000円(着付けスタッフ)
留袖着付け担当者
※親・親族の着付け
5,000~1万円(着付け責任者)
2,000円~3,000円(着付けスタッフ)
司会者 5,000円~1万円
カメラマン 5,000円~1万円
タクシー・ハイヤー、
送迎バス運転手
2,000円~5,000円

心付けの渡し方

もしスタッフの方々に『心付け』を渡すとなった場合、『誰が』『いつ』渡せば良いのでしょう。

つづいては、『心付けの渡し方』について紹介します。

『心付け』は誰が渡す?渡すタイミングは?

結婚式の心付けを『誰が渡す』ということについて、明確な決まりはありません。

もちろん新郎新婦から渡しても大丈夫。
ただし結婚式当日の忙しい新郎新婦に代わり、『親』が渡すというのが一般的です。

両家で相談を

「心付けを渡すのは親の務め」という考えのご両親もいらっしゃいます。
『心付けを誰が渡すのか』については、事前に両家で相談し決めておくことをオススメします。

心付けを渡す3つのタイミング

渡すタイミングについては、いつでも大丈夫というわけではありません。

『心付け』は以下のタイミングで渡します。

  • 会場到着時
  • 最初に会った際(ヘアメイク・着付け時など)
  • 結婚式・披露宴の後(後日改めてなど)

基本的には、会場到着時や最初に会った際など『結婚式・披露宴の前』に渡します。
渡しそびれた場合などでは、結婚式・披露宴の後に渡すこともあります。

スタッフ 誰が渡すか 渡すタイミング
プランナー 新郎新婦・親
※最近は新郎新婦からが多い
結婚式・披露宴前、
結婚式後や後日改めてでもOK
介添人 新郎新婦・親
※基本的には新郎新婦が渡す
※渡しそびれた際は親が渡す
結婚式当日、最初に会った際
会場スタッフ
(会場責任者・接客スタッフなど)
新郎新婦・親
※基本的には親が渡す
結婚式・披露宴前、
結婚式後や後日改めてでもOK
美容師(ヘアメイク担当) 新郎新婦・親
※基本的には新郎新婦が渡す
※渡しそびれた際は親が渡す
結婚式当日、最初に会った際
着付け担当者 新郎新婦・親
※基本的には新郎新婦が渡す
※渡しそびれた際は親が渡す
結婚式当日、最初に会った際
留袖着付け担当者
※親・親族の着付け
結婚式当日、最初に会った際
司会者 新郎新婦・親
※基本的には親が渡す
結婚式当日、最初に会った際
カメラマン 新郎新婦・親
※基本的には親が渡す
結婚式当日、最初に会った際
タクシー・ハイヤー、送迎バス運転手 結婚式当日、最初に会った際

後日のお礼も増えている

打ち合わせなどで顔をあわせることが多い『ウェディングプランナー』や『会場スタッフ』。
いろいろとお世話になったため「ぜひお礼をしたい」と考える方も多いのでは。

最近は、後日改めて『お礼』をするカップルも増えています。
感謝の気持ちを綴った『お礼状』を送ったり、新婚旅行のお土産を渡すと良いでしょう。

どちらの親が渡す?

新郎新婦が個々にお世話になったスタッフへは、お世話になった側の親から渡し、新郎新婦二人でお世話になったスタッフへは、両家で折半し代表者(どちらかの親)から渡すのが一般的です。

両家での費用の分担などについては、事前に両家で話し合って決めておくと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は『結婚式の心付け』について解説しました。

心付けは『気持ち』を伝えるものです。
最近は、「心付けは受け取らない」という方針の会場が増えています。

心付けをどうするかは、両家でしっかりと相談し決めることが大切。
必要か不要か、費用の分担をどうするか、渡す場合は『誰が渡すか』など、しっかりと決めておきましょう。

心付けを渡す際の『のし袋』や『ポチ袋』の選び方、書き方、お金の入れ方については、以下の記事を参考にしてください。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク