結婚式や二次会の招待状に、

「平服でお越しください」

という記載があった皆さん。
あまり聞きなれない『平服』という言葉に戸惑ってはいませんか。

「平服って何?」
「どんな服装を選べば良いの?」
「普段着ってこと?」

など、いろいろと気になりますよね。

ということで今回は、『平服指定の結婚式・二次会での服装』について解説。

『平服指定』の結婚式・二次会での、

  • 服装マナー&選び方

から、

  • 男性の着こなし術
  • 女性の着こなし術

まで、まとめて紹介します。

スポンサーリンク

平服(へいふく)とは

届いた結婚式の招待状に、

「平服でお越しください」

といった『平服指定』の文字が記載されていた皆さん。

「平服って何?」
「どんな服を着て行けば良い?」

なんて気になりますよね。

『平服でお越しください』とは「略礼服で来て」のこと

結婚式や二次会の招待状に、

「平服でお越しください」

などと記載があった場合は、

「略礼装で大丈夫です」
「略礼服で来てください」

ということを意味します。
『平服』を『普段着』と勘違いする方も多いようですので注意しましょう。

略礼装・略礼服とは

『礼装』とは、冠婚葬祭などの『儀式』に出席するための正式な服装のこと。
その際に着用する衣服のことを『礼服』『フォーマルウェア』と呼びます。

『略礼装』とは、

  • 形式ばらない結婚式
  • 結婚パーティー
  • 二次会

などで一般的な装い。
『略礼装』で着用する衣服が『略礼服』です。

男性の略礼服

男性の『略礼服』は、

  • ブラックスーツ
  • ダークスーツ
  • ジャケット&スラックス

などが一般的です。

参考画像:ダークスーツ

女性の略礼服

女性の『略礼服』は、

  • ワンピース
  • スーツ
  • パンツドレス

など、華やかな雰囲気の『洋装』が一般的。
また『和装(着物)』では、

  • 付け下げ
  • 江戸小紋(格調高い柄のもの)

などを着用するのがオススメです。

参考画像:ワンピースドレス

参考画像:付け下げ

平服指定の結婚式!服装の選び方

平服指定の結婚式では『略礼服』が基本。
比較的自由なスタイルですが、もちろん『マナー』を守ることも大切です。

『略礼服』の基本マナー

比較的自由なスタイルの『略礼服』。

  • 遊び感覚
  • 流行

などを取り入れ、『個性的』に装うことが可能。
ただし、全体的に『フォーマル感』を演出することが重要です。

カジュアル感の強いアイテムは避ける

『平服指定』の場合でも、結婚式や二次会は『フォーマルシーン』。

  • ジーンズ
  • 悪目立ちするようなデザイン
  • アニマル柄・キャラクター柄

など、『普段着』のような『カジュアルな服装』は避けましょう。

スニーカーでも良い?平服での靴選び

最近は『スーツ』などの『キレイめスタイル』に、『スニーカー』をあわせる方も増えています。

しかし結婚式や二次会の『平服指定』において、『スニーカー』はあまりオススメできません。
カジュアル要素が強い『スニーカー』は避け、

  • 男性は『革靴』
  • 女性は『パンプス』

などを選ぶと良いでしょう。
どうしても履きたい場合は、

  • 『革靴』に見えるようなシンプルなデザインの『スニーカー』

をオススメします。

ノーネクタイはあり?平服でのネクタイ

『平服指定』の場合でも、『ネクタイ』の着用が基本。
『スーツ』や『ジャケット』にあった『ネクタイ』をコーディネートしましょう。

一般的な『結び下げのネクタイ』以外にも、

  • アスコットタイ
  • 蝶ネクタイ

などの『フォーマルネクタイ』もオススメです。

ドレス・ワンピースの選び方

『平服指定』の場合では、比較的自由なデザインのドレスを選ぶことが可能。

  • 花柄ドレス
  • プリント柄ドレス
  • パンツドレス

などもオススメです。

ドレスの素材には注意

ドレス・ワンピースを選ぶ際には『素材』に注意することがポイントです。

  • コットン
  • ニット

など『カジュアルな素材』の場合は、どうしても『普段着感』が強くなってしまいます。
『平服指定』の結婚式や二次会の場合でも、

  • シフォン
  • サテン
  • レース

といった、素材の『ドレス』『ワンピース』が基本。
フォーマル感のある素材で作られたものを選ぶことが大切です。

カーディガンはOK?平服での羽織もの

結婚式での『羽織もの』といえば、

  • ボレロ
  • ジャケット
  • ストール・ショール

などが人気。
もちろん『平服指定』の場合でも、『ドレス』&『羽織もの』コーデはオススメです。

ただし『カーディガン』は注意が必要。
カジュアル感の強い『カーディガン』は、『平服指定』でもあまりオススメしません。

どうしてもコーデに必要ということであれば、

  • ラメ入り
  • 薄手で透け感がある

といった、華やかな雰囲気の『カーディガン』を選ぶと良いでしょう。

平服指定でオススメのアクセサリー

『平服指定』の結婚式や二次会では、

  • トレンドを意識したデザインのアクセサリー

を取り入れることが可能です。
当日の服装にあった『アクセサリー』をコーディネートすると良いでしょう。

昼の結婚式では控えめに

『昼の結婚式』では、『光らないアクセサリー』が基本。
『略礼服』でも基本的な考えは同じです。

オススメは『パールアクセサリー』。
フォーマルの王道であり、様々なドレス・ワンピースにコーディネート可能な万能アイテムです。

夜の結婚式では華やかに

『夜の結婚式』では、『光る素材のアクセサリー』が最適。
宝石類を使った華やかなアクセサリーがオススメです。

ただし、ゴージャス感が強すぎる派手なアクセサリーはNG。
適度な『キラキラ感』を楽しめるアクセサリーを選びましょう。

もちろん『パールアクセサリー』を『夜の結婚式』でコーディネートしても大丈夫。
『パール』は昼夜を問わず使えるのでオススメです。

平服指定の結婚式での親族の服装

最近は、

  • 親族のみの結婚式
  • 挙式後の食事会

といった、小規模・少人数でおこなう結婚式が増えています。

結婚式での親族の装いは『準礼装』が一般的ですが、『平服指定』の場合は『略礼装』で問題ありません。

もちろん、あまりカジュアル過ぎる服装はNG。
必ず『フォーマル感』を意識した服装を選ぶことが重要です。

二次会でも

親族が『結婚式の二次会』に参加する場合でも考え方は同じ。
『平服指定』では『略礼服』が基本の装いです。

平服指定での男性の着こなし

平服指定での男性の服装の基本は、

  • ブラックスーツ
  • ダークスーツ
  • ジャケット&スラックス

などのスタイル。
ネクタイや小物類を上手に使って、フォーマル感のあるオシャレを楽しみましょう。

参考画像:ブラックスーツスタイル

結婚式での王道スタイルである『ブラックスーツ』。
もちろん『平服指定』でも活躍する装いです。

参考画像:ダークスーツスタイル

ネイビーの『ダークスーツ』にピンクのポケットチーフをあわせたスタイル。
シンプルな組み合わせながら、華やかなコーディネートです。

参考画像:ジャケット&パンツのスタイル

ピンクのタイとチーフで華やかな印象の『ジャケパンスタイル』。
『平服指定』での結婚式にオススメのジャケパンスタイルです。

参考画像:ダークスーツ&バンドカラーシャツ

『ダークスーツ』にバンドカラーシャツを合わせたスタイル。
アスコットタイをプラスして、華やかさ&フォーマル感を演出したコーデです。

参考画像:ダークスーツ&カラーシャツ

『ダークスーツ』にチェックシャツを合わせたスタイル。
スーツとシャツのトーンをあわせ、さらに蝶ネクタイをプラスすることでフォーマル感を演出したコーデです。

平服指定での女性の着こなし

平服指定での女性の服装の基本は、

  • ワンピース
  • スーツ
  • パンツドレス

などでの華やかなスタイル。
素材やデザインに注意して、フォーマル感のあるオシャレを楽しみましょう。

参考画像:総レースのラベンダーカラードレス

大胆なフラワーモチーフの総レースドレス。
レトロな雰囲気のデザイン&ラベンダーカラーで、大人っぽい雰囲気を楽しめます。

参考画像:フラワーレースのブラックドレス

トップス&スカートの裾にデザインされた、格子柄の『ハシゴレース』が特徴的なブラックドレス。
落ち着きある雰囲気が印象的なドレススタイルです。

参考画像:ジャガード&ラメチュールのバイカラードレス

ふくれジャガード&ラメチュールの異素材MIXドレス。
バイカラーはカジュアルな印象ですが、『平服指定』の結婚式・二次会なら大丈夫。
華やかな雰囲気を楽しめるドレススタイルです。

参考画像:アイスブルーのパンツドレス

トップスとパンツで異なるデザインが面白いアイスブルーカラーの『パンツドレス』。
カッコいい大人の女性にオススメの、クール&都会的なドレススタイルです。

参考画像:オパール加工のブルーパンツドレス

トップスのアート風なオパール加工が特徴的なブルーパンツドレス。
ハイウエストでモード感たっぷりのエレガントなドレススタイルです。

まとめ

ということで今回は、『平服指定の結婚式での服装』について解説しました。

結婚式・二次会の招待状に、

「平服でお越しください」

といった記載があった場合は、『略礼服』でのお呼ばれがマナー。
普段着で行くのはNGですので注意しましょう。

『略礼服』は比較的、自由度の高い服装を楽しめます。

ただし『フォーマル感』は大切。
カジュアルな印象になり過ぎない服装選びを心がけましょう。

迷ったらレンタルドレスを!

コーディネートに自信がない女性や、結婚式にお呼ばれする機会が多く「毎回同じ服装はイヤ!」という方には、料金も安いレンタルドレスがおすすめ。

ドレス単体はもちろん、ドレスとアクセサリーや羽織ものがセットになった「ドレスセット」もあり簡単にコーディネートが可能です。その他、バッグや袱紗などの小物類もレンタルできます。

おしゃれコンシャス

業界最大級のレンタルドレスショップ『おしゃれコンシャス』。
有名ブランドのドレスなどが、『6泊7日2,900円~』というお手軽料金でレンタルが可能。
ドレスセットも充実しているのでコーディネートに自信がない方も安心です。
レンタルドレスはおしゃれコンシャス

Cariru

結婚式や二次会に便利なドレスレンタルショップ『Cariru(カリル)』。
新作ドレスからハイブランドドレスまで、常時3,500点以上がラインナップ。
週末はもちろん平日もレンタル可能で、2泊3日から長期レンタルまで対応しています。
ドレスレンタルショップ Cariru

ワンピの魔法

20代から60代を中心に13万人以上が利用!レンタルドレスの『ワンピの魔法』。
レンタル日程は『土日・祝日3泊4日』、料金は一律『5,980円』の簡単&便利なシステム。
わかりやすい商品紹介&たくさんのコーデ画像など初めての方でも安心です。
→ レンタルドレスのワンピの魔法

おすすめ記事(一部広告を含む)