結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 > 結婚式でのスピーチ

結婚式でのスピーチ
~ 祝辞・スピーチを頼まれたあなたへ ~

結婚式のスピーチを、私も友人代表としておこなった経験がありますが、いざ頼まれると大変緊張するものです。忌み言葉や重ね言葉などに注意したり、本当はあんな事こんな事を言いたいのですが、そこは結婚式・・・、やりすぎるのも大問題ですし。また結婚式でのスピーチは、友人や同僚として行なうのか、主賓として行なうのかといった立場によっても異なります。

この「結婚式でのスピーチ」では、結婚式にて祝辞・スピーチを依頼された方々に役立つさまざまな情報を紹介します。

結婚式でのスピーチを頼まれたら

新郎新婦から事前に結婚式でのスピーチを依頼されたあなた。いざスピーチをおこなうとなると、特に初めての方は何をどうしてよいか迷ってしまうのではないでしょうか。まあ、落ち着いて。まずはスピーチ本番に向けて、しっかりとした準備をしましょう。

事前に基本的な情報を把握しましょう

新郎新婦は、あなたに対しどのようなスピーチを望んでいるのか、当日はどのような披露宴を予定しているのかなど確認しておきましょう。お相手の名前(新郎からの依頼であれば新婦の、新婦からの依頼であれば新郎の名前)なども忘れずに確認しましょう。

あなたの立場を理解しましょう

あなたがどのような立場で結婚式のスピーチをおこなうか、どのようなスピーチを新郎新婦から期待されているのかを理解し、それに相応しいスピーチを心がけましょう。

主賓の方

招待客の代表として丁重に扱われる主賓という立場。50代以上で社会的地位のある方がほとんどですが、最近は30代から40代の主賓も多く見られます。主賓のスピーチには、それなりの格が求められます。あなたが新郎新婦の上司や恩師で、主賓として結婚式のスピーチをおこなう際には、堅苦しくなりすぎず和やかな雰囲気を作りだす事を意識するようにしましょう。

来賓の方

来賓は、主賓以外の招待客で、新郎新婦の親しい友人や同僚、身近な上司や先輩など、あらゆる立場の人を含みます。友人代表のスピーチには、親しい仲ゆえのエピソードを披露し、場を盛り上げるよう心がけましょう。

結婚式でのスピーチの原稿の作り方

結婚式でのスピーチを成功させるポイントは、しっかりとしたスピーチ原稿を作成することです。あなたに期待されている役割をしっかりと理解し、気持ちを込めた原稿をまとめましょう。

テーマを決め、エピソードを選びましょう

あなたのスピーチで、新郎新婦のどのような部分を紹介するか、テーマの絞り込みやエピソード集めをしましょう。まずは思い出した内容をメモに書き出してみると良いでしょう。どうしても印象的なエピソードが見つからないときは、本人や結婚相手と話したり、周囲の人にインタビューして情報を集めてみましょう。

スピーチ原稿を書いてみましょう

メモを参考にスピーチ原稿の下書きをまずは作成してみましょう。本番で発表する内容までまとめたら、導入部分や結びの言葉を付け加えて原稿を書き上げましょう。内容や表現に問題がないかもしっかりと確認しましょう。

本番を意識してしっかりと練習しましょう

スピーチの内容はもちろんですが、結婚式でのスピーチが成功するカギは、声の出し方や表情、話すときの態度などの見た目です。聞き取りやすいしっかりとした話し方や間の取り方、落ち着いた振る舞いを練習しましょう。

本番で緊張しないために

しっかりと練習していれば自信がつき、本番でも上手にスピーチができると思います。しかし、大勢の人の前で話すのは誰だって緊張するもの。あがり防止の工夫やコツを覚えておきましょう。

スピーチの途中で困ったときの対処法

スピーチ原稿もしっかりと作成し、何度も本番さながらの練習をしても、結婚式当日に何が起こるかはわかりません。事前にいろいろな対処法を覚えておくと良いでしょう。

結婚式スピーチの例文・文例集

どんな素敵なスピーチにするかは、あなたしだいです。新郎新婦のエピソードをスピーチの例文・文例に追加・変更して活用してください。

結婚式でのスピーチQ&A

結婚式でスピーチをする方必見!気になるあんな事こんな事をまとめて解説します。

結婚式でのスピーチの最適な時間はどのくらい?

特に決まった時間はありませんが、あまりにも長すぎるのは皆さんも聞く側として嫌ですよね。結婚式スピーチの目安時間は長くても5分ぐらいが良いでしょう。

友人代表の方は1分半から3分程度、主賓の場合は短すぎるのも人生の先輩としてイマイチですので、3分以上5分以内を目安時間にすると良いでしょう。

メモを見ながら祝辞を述べても良い?

不慣れな方は特に気になる疑問ですよね。基本的にはメモを見ながらでも問題ありません。

友人代表の方であれば「友達への手紙」のようにスピーチをしても素敵です。また、主賓の方がメモを見ながら祝辞を述べても大丈夫です。(できれば何も見ない方が堂々としていて威厳がありますが…)

メモを見ながらの祝辞では、以下の事に注意しましょう。

  • ずっとメモだけを見て話さない事。目線を新郎新婦や会場全体にも
  • 自己紹介、新郎新婦や両家への挨拶、締めの言葉までメモを見て話さない事
  • メモは便箋やキレイな紙にする事

新郎新婦に対してあだ名や呼び捨てにしても良い?

基本は「さん」「くん」付けにします。新郎新婦に呼びかけるような時は、あだ名や呼び捨てでも大丈夫です。

頼まれたスピーチを断っても良い?

友人代表で頼まれた方に多い悩みかもしれません。頼まれたスピーチは基本的には受けるようにしましょう。せっかくあなたを選んでくれたのですから。

スピーチをしたくない理由が「緊張するから」等であれば、メモを見ながらでも大丈夫なわけです。他の友人と共に複数でのスピーチを提案することもできます。余程の理由がない限り断るのはやめましょう。

それでも断りたいという方は、以下の断り方を参考にしてください。

  • 「他の手伝い(受付など)は喜んでするけどスピーチだけはごめんね」と代替案を提案しつつ丁寧に断る
  • 「本当に苦手なのでごめんね」と正直に断る

断る事を勧めているわけではありません。できる限り受けましょうね。もし断る際は、依頼してきた新郎新婦を思いやった断り方をしましょう。

スピーチに笑いは必要?

あなたが面白いと思って、スピーチの内容にギャグや笑いネタを入れたとしても、それが聞いている人にとって面白いとは限りません。もしかしたら、ただ「ふざけてる」と思われてしまうかもしれません。

悪ノリや学生ノリの笑いを入れるのではなく、質の高いジョークを受けない覚悟でスピーチにさりげなく取り入れると良いでしょう。

出典:www.youtube.com

上記の動画のように、さりげなく笑いを取り入れるのが素敵ですよ。

【文】GoGoWedding編集部

このページの先頭へ