結婚祝いのために準備したご祝儀袋。
全てのご祝儀袋ではありませんが、まれに「ご祝儀袋の中に『厚紙』が入っている」なんてことがあります。

「ご祝儀袋の中の厚紙は抜くの?そのままで良いの?」
「どうしよう?この台紙のような厚紙が上手く抜けない…」

など、お悩みの方もいらっしゃるのでは。

ということで今回は、『ご祝儀袋の中に厚紙が入っていた場合の対処法』について解説。

「この厚紙は何?」「厚紙は抜くの?」「上手く抜けない場合はどうする?」といった疑問をまとめて解決します。

スポンサーリンク

ご祝儀袋の中の厚紙は抜くのが基本

結婚式用にご祝儀袋を購入すると、ご祝儀袋の中に厚紙(台紙)が入っていることがあります。

結婚祝いのために準備したご祝儀袋。
もし『厚紙』が入っていた場合は抜いてしまって大丈夫です。

ご祝儀を包むにあたり『ご祝儀袋の中の厚紙は必要ないもの』ですので、取り出して捨ててしまっても問題ありません。

厚紙は型崩れ防止用

「なぜご祝儀袋の中に厚紙が入っているのか」について、理由を簡単に説明すると『ご祝儀袋の型崩れを防ぐため』です。

ご祝儀袋の中の厚紙の目的は、ご祝儀袋が変形したり角がつぶれたりするのを防ぐこと。

ご祝儀袋は和紙などを使った繊細な『紙製品』です。
販売店までの輸送時や商品棚に陳列した後などに型崩れしないよう、厚紙を入れて対策しているご祝儀袋もあるのです。

ハンカチ祝儀袋などでは抜かない場合も

和紙など紙製のご祝儀袋の中に入っている厚紙は、抜いてしまって問題ありません。
ただし布製のご祝儀袋では抜かない場合も。

ご祝儀袋そのものを再利用できることから、最近人気がある『ハンカチ祝儀袋』や『手ぬぐい祝儀袋』。
このような布製のご祝儀袋では、厚紙が祝儀袋本体に接着されていることもあります。

もしハンカチ祝儀袋などを購入し厚紙が入っていた場合は、そのままでも構いません。

厚紙を抜いてしまうことで、祝儀袋そのものが変形してしまう場合も。
和紙など紙製の祝儀袋より柔らかい素材ですので、厚紙をそのまま使い型崩れを防ぐと良いでしょう。

厚手の布なら

もし購入した布製の祝儀袋が、型崩れしにくい厚手の生地のものである場合は、厚紙を抜いてしまっても大丈夫です。

「縫い付けられている」「接着している」といった場合は、無理に取る必要はありません。

どうする?上手く抜けない場合

あくまでも『厚紙』は型崩れ防止用ですので、ご祝儀袋の中から取り出すのは容易かと思います。
もし上手く抜くことができない場合は、以下の方法で対処すると良いでしょう。

ご祝儀袋を一度開き、改めて包み直す

ご祝儀袋から水引を外し、ご祝儀袋を一度開いて厚紙を抜きましょう。
厚紙そのものが接着でもされていない限り、必ず取り出すことが可能です。

あとはお金を入れた中袋(中包み)を入れて、元どおりに折りたたむだけ。
結婚などお祝い事では、下の折り返しが上になるよう上包みを折りたたみましょう。

ご祝儀袋の上包みの折り方

下の画像は、上包みを横から見た図です。
このように下の折り返しが上になるよう折りたたみましょう。

横からみた祝儀袋

結婚式などの慶事では『上』『下』の順で折りますが、弔事では『下』『上』と反対に。

結婚式などの慶事は「嬉しくて万歳をする(上を向く)」と覚え、『上』『下』の順で折ります。
「下の折り返しが『上』を向くように折る」ということを間違えないよう気をつけましょう。

市販のご祝儀袋の包み方

いったん開いたご祝儀袋は、残っている折り目にそって折りたためば元に戻るはずです。
もし折る順番がわからなくなってしまった場合は、以下の画像を参考に折りたたむと良いでしょう。

画像:表書きが中央にあるご祝儀袋の場合

ご祝儀袋の包み方(表書きが中央の祝儀袋)

画像:表書きが左側にあるご祝儀袋の場合

ご祝儀袋の包み方(表書きが左側にある祝儀袋)

『中袋へのお金の入れ方』『ご祝儀袋の包み方』については、以下の記事を参考にしてください。

抜かずにそのまま渡す

「ご祝儀袋の中に入っている厚紙は抜く」と紹介してきましたが、『絶対に抜くべし』ということでもありません。

厚紙が上手く抜けない場合は、そのままでも大丈夫。
無理やり抜こうとしてご祝儀袋が破けてしまったら大変です。

一度開けば取り出せるはずですが、「何かしらの原因で接着している」など、どうしても厚紙が抜けない場合や取れない場合は、厚紙を入れたまま渡してもマナー違反ではありません。

取れるなら

もちろん厚紙が簡単に取れる場合は、取った方が良いです。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、『ご祝儀袋の中に厚紙が入っていた場合の対処法』について解説しました。

ご祝儀袋に厚紙が入っているのは比較的珍しいことです。
もし入っていた場合は、上手に抜いてしまえば大丈夫。
ご祝儀袋の上包みを一度開けば容易に取り出せるはずです。

あわてて無理やり抜こうとすると、祝儀袋自体を傷つけてしまう可能性もありますので注意しましょう。

『ご祝儀袋や中袋の書き方』『ご祝儀袋へのお金の入れ方・包み方』については、以下の記事で詳しく紹介しています。
ぜひ参考にしてください。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク