ご祝儀袋の表書きは『毛筆』『筆ペン』で記入することがマナーです。

しかし、ご祝儀袋に付いている『中袋(内袋)』については、

「ボールペンでもいい?」
「毛筆でないとダメなの?」
「どんなペンで書くのが良いの?」

なんて、気になっている方も多いのではないでしょうか。

『中袋』も『毛筆』『筆ペン』で必要事項を書くことが基本。
ただし、記入欄が印刷された『中袋』については『ボールペン』で記入しても大丈夫です。

とはいえ、『どんなボールペンでも大丈夫』ということではありません。
いくつかのポイントを守ることが重要です。

ということで今回は、『中袋』をボールペンで記入する場合のポイントについて解説。

ボールペンで『中袋』を書く場合の注意点や、『中袋』の記入に適したペン選びのポイントなど、まとめて紹介します。

スポンサーリンク

記入欄ありの中袋はボールペンOK

ご祝儀袋に付いている『中袋』ですが、最近は『金額』や『住所』を記入する部分が印刷済みのものが増えています。

このような『記入欄』が既に印刷された『中袋』については、必要事項をボールペンで書いても大丈夫。
ただし以下のポイントを守ることが大切です。

色は黒!濃い黒で書く

ご祝儀袋の書き方』でも解説しましたが、結婚式といった『慶事』では必ず『濃墨(濃い黒)』で文字を書くのがマナーです。

『中袋』を記入する場合も『濃い黒』の筆記用具を選ぶことがポイント。
ボールペンで記入する場合は必ず黒のボールペンで書くことが重要です。

水性のボールペンがオススメ

ボールペンを使って『中袋』に必要事項を書く場合は、『水性ボールペン』がオススメです。

インクに粘りがある油性ボールペンは、書いている途中で文字に『かすれ』が出ることも。
その点、水性ボールペンは軽い書き味が特徴で、筆圧が弱い方にも最適です。

最近は『ゲルインク』といった発色性&書き味が良い優れたボールペンもあります。
書いている途中でかすれることなく、濃い黒で書けるボールペンを選ぶことがポイントです。

正式な方法は『毛筆』

『中袋』への記入は、ご祝儀袋の表書き同様『毛筆』『筆ペン』で書くのが正式です。

記入欄が印刷されている『中袋』の場合も、『毛筆』『筆ペン』で書くことが理想的。
達筆な方、毛筆に慣れている方は正式な方法で記入すると良いでしょう。

また、ご祝儀を贈る相手が、

  • 親族の方
  • 目上の方
  • 格式を重んじる方

といった場合も、『毛筆』『筆ペン』で『中袋』を記入することをオススメします。

筆風サインペンがオススメ

毛筆が苦手な方には『筆風サインペン』という使いやすい文具も。
サインペンのような感覚で『毛筆風の文字』を書くことができる優れものです。

画像:基本的な中袋の書き方

見本画像:中袋の書き方

『中袋』に記入!ペン選びのポイント

『中袋』に必要事項を記入する場合は、『毛筆』『筆ペン』が正式な筆記用具です。

しかし『毛筆』『筆ペン』は、普段から書き慣れていない方にとっては扱いにくいもの。
なるべく使いやすい文具で記入したいですよね。

つづいては、『中袋』の記入に便利な『ペン選びのポイント』を一覧で紹介します。

筆記用具一覧

筆記用具ポイント
毛筆
  • 『中袋』の記入で正式な筆記用具
  • 書道経験者、書き慣れている方には最適
  • 記入欄印刷済みの『中袋』では技術が必要
筆ペン
  • 『中袋』の記入で正式な筆記用具
  • 書道経験者、書き慣れている方には最適
  • 記入欄印刷済みの『中袋』では技術が必要
筆風サインペン
  • 『中袋』の記入で毛筆が苦手な方にオススメの筆記用具
  • サインペンに近い感覚で毛筆風の文字が書ける優れもの
  • 記入欄印刷済みの『中袋』には『硬筆タイプ』がオススメ
サインペン
  • 『中袋』の記入で毛筆が苦手な方にオススメの筆記用具
  • 毛筆風ではないが書きやすい
  • 記入欄印刷済みの『中袋』には『細字タイプ』がオススメ
ボールペン
  • 『中袋』の記入において正式な筆記用具ではない
  • 記入欄印刷済みの『中袋』では使用OK
万年筆
  • 『中袋』の記入において正式な筆記用具ではない
  • 記入欄印刷済みの『中袋』では使用OK

濃い黒を選ぶ

どの筆記用具を選んだ場合でも、必ずインクの色は『濃い黒』であることが重要です。

ご祝儀袋の表書きはボールペンNG

記入欄が印刷済みの『中袋』であれば、ボールペンで書いても大丈夫です。

しかし、ご祝儀袋の上包みに表書き(贈る目的・贈り主の名前)を書く場合はボールペンNG。
必ず『毛筆』『筆ペン』で書くことがマナーです。

ご祝儀袋の書き方については、『結婚式のご祝儀袋&中袋の書き方!表書きや金額、住所など』という記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。

まとめ

ということで今回は、

  • 『中袋』をボールペンで記入する場合の注意点
  • 『中袋』の記入に適した筆記用具選びのポイント

について解説しました。

ご祝儀袋の表書き同様、『中袋』に必要事項を書く場合も『毛筆』『筆ペン』が正式なマナー。
ただし、記入欄が印刷されたタイプの『中袋』であれば、ボールペンといった普段書き慣れた筆記用具を使っても大丈夫です。

『中袋』を記入する際の筆記用具は、濃い黒であることが重要。
必ずインクの色が濃い黒のペンを使って書きましょう。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)