結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 三万円はどう書く?旧漢字(大字)でのご祝儀金額の書き方

三万円はどう書く?旧漢字(大字)でのご祝儀金額の書き方

美文字ブームの昨今。書店に行くと、あちらこちらに美文字のテキスト本が置いてありますよね。

結婚式のご祝儀袋に名前を書くとき、中袋に金額等を書くとき、また、結婚式の当日に受付での記帳のときなど、様々な場面で役立つと思います。美しい文字が書けるって得をしますね。何かと・・・。

ということで、美文字の話から始めましたが、今回はご祝儀の金額の書き方について紹介します。

金額は大字(だいじ)で書くのがマナー

結婚式では、ご祝儀を贈る際に祝儀袋の中包み(中袋・内袋)に金額を書きます。
金額の数字は漢字で記入するのですが、正式なマナーとしては大字(だいじ)という旧漢字で書くのが一般的です。ちなみに通常の漢字で書くことは略式となります。

現在では、略式で書いても良いとされてはいますが、やはりここは正式なマナーである旧漢字で書いてみるのはいかがでしょう。

何故わざわざ旧漢字を使う?

金額を大字で書くのが正式なマナーとされる事には理由があります。
一説には旧漢字はその字体が複雑なので、書き直される心配がないという事で大字が用いられると言われてます。

也(なり)は付けても付けなくても良い

「金参萬円也」のように「金参萬円」の後、也を付けるか付けないか迷われる方も多いかと思います。昔からの正式なマナーは「也」を付けるようですが、最近では付けなくても間違いではありません。

横書きでのご祝儀金額の書き方

中袋に印刷されている記述欄が横書きの場合は、金額や郵便番号などの数字を算用数字で記入しても構いません。

横書きでの金額記入例(三万円の場合)

  • 30,000円
  • 金30,000円
  • 金三万円
  • 金参萬円
  • 金参萬圓

算用数字には「金」を付ける?
都内デパートにて筆耕をされている方に確認したところ、算用数字で金額を書く際の「金」の有無はどちらでも良いとの事。

ちなみに今回お話を聞いた筆耕の方は、横書きでも金額を大字で書くそうです。参考にしてください。

三万円はどのように書くの?

結婚式のご祝儀でよく包まれる金額「三万円」はこのように書きます。

30,000円(三万円)

30,000円(三万円)

三万円以外の旧漢字

三万円以外の金額の漢字も、大きなサイズの画像で紹介します。

今回は、結婚式のご祝儀で良く使われるであろう金額を紹介。それでは5,000円からスタート。

5,000円(五千円)

5,000円(五千円)

10,000円(一万円)

10,000円(一万円)

20,000円(二万円)

20,000円(二万円)

30,000円(三万円)

30,000円(三万円)

50,000円(五万円)

50,000円(五万円)

100,000円(十万円)

100,000円(十万円)

中包みにどうやって金額を書くの?

いかがでしたか。
かなり大きめに旧漢字を紹介してみました。ぜひ記入時に参考にしてください。このぐらい大きなサイズであれば、きっと記入する際に間違えることはないでしょう。

中包みのどこに金額を書けば良いか、ご祝儀袋へのお金の入れ方や包み方などについては、以下の記事を参考にしてください。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク

このページの先頭へ