結婚式での男性のバッグのマナー!持たないのが基本?遠方の場合など

結婚式での男性の服装マナー

男性の皆さん、結婚式に出席する際のバッグはどうしてますか?

私は遠方の結婚式に出かける時以外は、基本的に鞄は持たない派です。特に荷物も少ないので…。

でも荷物が少々多めの方もいるのでは?今回は、結婚式での男性のバッグについてのマナーなどを紹介します。

スポンサーリンク

持たないのが一般的!?

これまでの結婚式を思い出したり、友人に話を聞いたりしても、男性で結婚式にバッグを持って出席する人は少なかったです。理由は単純で「荷物が少ないから...」。

男性は女性と違い、メイク道具的なものは不要ですし、予備のストッキングや靴なども持っていくことはありません。最近は、スマートフォンにカメラ機能があるので、別にカメラも必要ないですし。

ご祝儀、招待状、財布、ハンカチなどがあれば、アクシデントがない限り大丈夫です。これぐらいの荷物であれば、スーツのポケットに収まります。

結婚式での男性用バッグのマナー

持っている財布の形状や、少々荷物が多くなってしまった場合、スーツのポケットに収めるとなるとパンパンで格好が悪くなる事も。それは避けたいですよね。

そういった場合は、やはり鞄に荷物を入れて持参したいのではないでしょうか。

会場内に持ち込むなら小さいもの

フォーマルの場でのバッグのマナーは、「小さいもの」である事が基本です。

普段仕事で使っている、A4サイズの書類が入るようなビジネスバッグを、披露宴会場内に持ち込むのはマナー違反です。大きい鞄は受付前にクロークに預けるようにしましょう。

バッグの色は黒が基本

ブラックスーツやダークスーツに黒い靴が、結婚式における男性の服装の基本。

このためバッグも明るい色より、を選択するのが無難です。

茶色やネイビーもOK!

もちろん、茶色やネイビーといった黒以外の色でも大丈夫。ただし明るめの色ではなく、ダークブラウンやダークネイビーといった暗めの色がおすすめです。

結婚式や二次会当日の、あなたのスーツスタイルと相性の良い色を、コーディネートすると良いでしょう。

素材は革製で

結婚式のようなフォーマルな場では、革製の鞄が基本となります。

綿素材のバッグやビニール素材のバッグはカジュアルなためNG。

また革製のバッグでも、ファーが付いたものや爬虫類系の型押しがされたものは避けるようにします。

クラッチバッグがおすすめ

披露宴会場内に持ち込むバッグは、小さいものが基本マナー。

男性の場合では、クラッチバッグやミニダレスバッグがおすすめです。

画像:クラッチバッグ

披露宴会場内に持ち込むなら、黒革製のクラッチバッグがおすすめ。スマートフォンや、身だしなみを整えるものを入れるのに最適です。

クラッチバッグ

出典:楽天市場:ポルコロッソ様

カジュアルな結婚式や二次会なら、黒革製の2WAYクラッチバッグがおすすめ。トートバッグ形状ながら、フォーマルな場では2つ折りでクラッチバッグとして活躍します。

2WAYクラッチバッグ

出典:楽天市場:ASTARISK様

画像:ミニダレスバッグ

バッグの中でのフォーマル度ナンバー1のダレスバッグのミニ版。クラッチバッグは苦手という方に。

ミニダレスバッグ

出典:楽天市場:LifeLightLove様

遠方から出席する場合

故郷での友人の結婚式といった、遠方での式に参加する場合はどうするのでしょうか。

このような場合は、キャリーバッグやボストンバッグといった、旅行に使用する鞄を使っても大丈夫です。

ただし、受付前に必要なもの以外はクロークに預けるようにします。

カジュアルすぎるものは避ける

遠方からという事情ですが、結婚式に参列するのですから、できればキャリーバッグやボストンバッグもカジュアル過ぎないものを持つようにします。

スポーツバッグやキャラクターものは避けるようにしましょう。

会場で私服から礼服に着替える、会場となるホテルに宿泊するといった場合は、カジュアルなものでも問題はありません。

ただし会場の雰囲気を考えたものにする事は大切です。

カメラバッグは持ち込める?

写真撮影係を頼まれた方、撮影が好きでカメラに拘りがある方は、一眼レフカメラといった本格的なカメラを結婚式に持参したいのではないでしょうか。

一眼レフカメラなど大きな撮影機材は、専用のカメラバッグに入れて持参しましょう。

親族や依頼された方のみが基本

大きな撮影機材については、親族の方や新郎新婦に撮影を依頼された方以外は避けたほうが無難です。いくら撮影技術に自信があっても、自分勝手な判断で持ち込むのは止めましょう。

披露宴会場内ではテーブルの下に

特別な事情とはいえ、大きなバッグは目立ちます。

カメラバッグは自分の席の近く、テーブルの下などで隣の方の邪魔にならない場所に置くようにしましょう。

撮影係の方は動き回って撮影することも多いはず、自席に置いたままにするのが不安な方は、式場係の方に置き場所を確認すると良いでしょう。

チャペルには勝手に持ち込まない

チャペルなど挙式を行う場所へのカメラの持ち込みは、専属のカメラマン以外禁止の式場も多くあります。

自分の判断だけで撮影機材を持ち込むのは避け、新郎新婦もしくは式場の係の方に確認しましょう。

参考:男性用バッグのフォーマル度一覧

自宅から礼服を着用して結婚式に向かう方の中には、何かしらの事情で鞄が必要な方もいらっしゃるのでは。

そんな方の参考に、男性用バッグのフォーマル度一覧を紹介します。

参考文献:MEN'S CLUB 2017.4 No.674

注意

これから紹介する鞄については、受付前にクロークへ預けましょう。披露宴会場に持ち込めるのは、クラッチバッグやミニダレスバッグといった小さな鞄です。

ダレスバッグ

フォーマル度:5.0

アメリカ国務長官ダレス氏が手にしていた事から、命名されたダレスバッグ。別名ドクターズバッグとも呼ばれ、医師が診察時に持ち歩く鞄としても知られています。

レザー製が主で、口枠(口金)式で大きく開口部が開く形状が特徴です。

ダレスバッグ

出典:MARUYA selection様

アタッシュケース

フォーマル度:4.5

アタッシェ(フランス語で大使館に派遣される専門職の人の意味)が好んで使っていた事から命名された鞄。

箱型の形状で、床に置いた時にバッグ自体が自立するのが特徴的です。

アタッシュケース

出典:目々澤鞄様

レザーブリーフケース

フォーマル度:4.0

その名のとおり、ブリーフ(書類)を入れるための鞄であり、薄い箱形をしているのが特徴。

ビジネスマンに人気の鞄です。

レザーブリーフケース

出典:TRANSIC様

レザートートバッグ

フォーマル度:3.5

元々はキャンプなどの際に水や氷を入れて運ぶための手提げ袋。

カジュアルバッグの定番ですが、レザー製の場合は、ややフォーマル寄りになります。

レザートートバッグ

出典:ee-shopping様

ナイロンブリーフケース

フォーマル度:3.0

軽量なナイロン素材でできたブリーフケース。

素材がナイロンのため、レザー仕様のものよりはフォーマル度が低めです。

ナイロンブリーフケース

出典:gallery of GALLERIA様

バックパック

フォーマル度:1.0

ビジネススーツにあわせる方が増えてきたバックパック。

本来は、登山などで荷物を入れて担ぐための袋のため、アウトドアカジュアルの要素が強く、フォーマルの場には向いていません。

バックパック

出典:APEX Tokyo-Bay様

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ