結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式でのワイシャツの色・襟マナー!ストライプやボタンダウンは?

結婚式でのワイシャツの色・襟マナー!ストライプやボタンダウンは?

男性の皆さんが結婚式に招待された場合、基本的にスーツで出席することでしょう。
ということは、スーツの下には必ずワイシャツを着ているわけで。。。

ビジネスとは異なる結婚式というフォーマルな場所、ワイシャツの色柄や襟の形がポイントになってくるんです。

結婚式でのワイシャツの色

フォーマルの基本は「白」

フォーマルな場では「白シャツ」が基本とされています。もしあなたが結婚式、結婚披露宴に出席する場合は、白いワイシャツを着用すると良いでしょう。

白いワイシャツ

出典:ozie様

カジュアルな結婚式や二次会なら

カジュアルな結婚式や、二次会から出席するという場合は、白以外のシャツもおすすめ。

ただし派手な色や濃い色のものではなく、淡い色のシャツ(薄い青やピンク)が無難です。もちろん、オシャレに自信があるなら、色身の濃いシャツも。その場合は、タイなどのアイテムでバランスをとって派手派手にならないようにすると良いでしょう。

ピンクのワイシャツ

出典:ozie様

黒いワイシャツでも良い?

一般的な結婚披露宴や格式高い結婚披露宴ではNGですが、気心の知れた友人ばかりが集まるレストランウェディングや、二次会のみ出席する場合には大丈夫です。

黒やグレー、紺(ネイビー)といった濃い色のシャツを着用する際には、タイなどのアイテムでバランスをとるようにしましょう。オシャレに自信がある方はぜひ。

濃い色のワイシャツ

出典:ozie様

結婚式や二次会でのスーツのマナーや、ネクタイの色や結び方については、以下の記事を参考にしてください。

ストライプはOK?シャツの柄について

フォーマルの基本は「無地」

一般的な結婚披露宴や格式高い結婚式といった、よりフォーマルな場では、無地や同系色での織り柄が基本であり無難です。

「織り柄」って何?
織り柄とはドレスシャツの生地を織る時にできる柄の事です。織り柄は立体感があり、厚さや光沢など様々な種類があります。

織り柄

出典:ozie様

カジュアルな結婚式や二次会なら

カジュアルな結婚式や二次会では、ストライプやチェック、ドット柄なども大丈夫ですが、遠目からは無地に見えるような細かい柄にすると良いでしょう。

こんなシャツの柄はNG!

幅広のストライプや大きなチェック柄といったカジュアル寄りのもの、ゼブラ柄やヒョウ柄などフォーマルの場には適さない派手な柄のものはNGです。

ボタンダウンはNG?

本来ボタンダウンという襟はカジュアルなもの。結婚式、結婚披露宴などフォーマルな場所には不向きな襟の形です。

どうしてもボタンダウンシャツ...という方は、結婚式の二次会や披露パーティといったカジュアル寄りの場で着るようにしましょう。

結婚式でのシャツの襟

結婚式のドレスコードやスタイルで選ぼう

簡単に結婚式といっても、ドレスコード指定の格式高いものからカジュアルなものまでスタイルもいろいろ。また結婚式の二次会や、仲間内の披露パーティ的なものもあります。さらには招待されたあなたのポジション、主賓としてなのか友人・知人としてなのか等も。

今回はドレスコードやスタイル、ポジション別に、ワイシャツの襟について紹介します。
男性の洋装の礼装については、結婚式での男性の服装マナーという記事がおすすめです。参考にどうぞ。

正礼装(新郎新婦の親・媒酌人)

昼の正礼装の場合

昼の正礼装はモーニングコートです。ワイシャツの襟は以下を選びます。

  • ウイングカラー
  • レギュラーカラー
  • ワイドカラー

夜の正礼装の場合

夜の正礼装は燕尾服です。ワイシャツの襟は以下を選びます。

  • ウィングカラー

準礼装(媒酌人・主賓・会社の上司)

昼の準礼装の場合

昼の準礼装はディレクターズスーツです。ワイシャツの襟は以下を選びます。

  • レギュラーカラー
  • ワイドカラー

夜の準礼装の場合

夜の準礼装はタキシードです。ワイシャツの襟は以下を選びます。

  • ウィングカラー

略礼装(新郎新婦の親族・会社の上司・友人・知人)

略礼装の基本はブラックスーツです。ワイシャツの襟は以下を選びます。

  • レギュラーカラー
  • ワイドカラー

カジュアルな結婚式での略礼装(友人・知人)

カジュアルな結婚式での略礼装の基本はブラックスーツや紺やグレーのダークスーツです。ワイシャツの襟は以下を選びます。

  • レギュラーカラー
  • ワイドカラー
  • クレリック
  • ホリゾンタルカラー

二次会や披露パーティ

ネクタイを着用する場合

ネクタイを着用して二次会や披露パーティに出席する際のワイシャツの襟は以下がおすすめです。

  • クレリック
  • ホリゾンタルカラー
  • ピンホールカラー

ノーネクタイで出席する場合

ノーネクタイで二次会や披露パーティに出席する際のワイシャツの襟は以下がおすすめです。
ネクタイがないので襟がしっかりと立つものを選びましょう。

  • ボタンダウン
  • トレボットーニ

たかがワイシャツの襟ぐらいでと面倒くさがらず、大人のオシャレを楽しむ場として、結婚式に出席してみてはいかがでしょう。
そして素敵に新郎新婦をお祝いしましょうね。

半袖のワイシャツでも良い?

暑い夏の結婚式だとしても、半袖のワイシャツは基本的に避けましょう。長袖シャツにジャケット、ジャケットの袖口から1.5cmほどシャツが見えるのがフォーマルの基本でもあります。

世の中クールビズだからというあなた、結婚式はビジネスの場ではありませんよ。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ