結婚式のようなフォーマルな場へは、それに適した服装で出席する必要があります。

結婚式において、男性はスーツなどの洋装が一般的ですが、時間帯や立場などによって着用する服装が異なります。

今回は、結婚式での礼装について解説。洋装・和装のルールを紹介します。

スポンサーリンク

礼装とは

礼装とは、冠婚葬祭といった儀式に出席するための正式な服装のことです。その際に着用する衣服の事を「礼服」「フォーマルウェア」と呼びます。

結婚式では洋装が一般的

結婚式では、和装(着物)は新郎新婦や親族が着用することが多く、ゲストはスーツといった洋装が一般的です。

フォーマルウェアにはルールが

フォーマルウェアには、「正礼装」「準礼装」「略礼装」があり、着用する時間にもルールがあります。

例えば結婚式が午前中から18時(冬は17時)までであれば「昼の装い」、18時(冬は17時)以降からであれば「夜の装い」を着用します。

男性の正礼装(洋装)

最も格の高い礼装が正礼装です。正礼装は主役である新郎や両家の父親、媒酌人が着用するものとなります。

昼の装い

正礼装の昼の装いはモーニングコートです。

画像:モーニングコート

モーニングコート

出典楽天市場:TUXEDO STATION様

上着モーニングコート
ズボングレーと黒、もしくは白と黒のストライプのズボン
シャツウイングカラー、もしくはレギュラーカラーの白無地のシャツ
タイシルバーグレー、もしくは白黒のストライプのタイ

夜の装い

正礼装の夜の装いは燕尾服(テールコート)です。

画像:燕尾服(テールコート)

燕尾服(テールコート)

出典楽天市場:Wonder Stage様

上着燕尾服
ズボン上着と共布で、2本の側章が脇縫いの線に沿って入ったズボン
シャツウイングカラーでイカ胸の白無地のシャツ
タイ白の蝶タイ

男性の準礼装(洋装)

正礼装に準ずる改まった装いが準礼装です。結婚式・披露宴に招待された場合の主流となるスタイルです。主賓クラスとして招待された場合は準礼装で出席するのが良いでしょう。

昼の装い

準礼装の昼の装いはディレクターズスーツです。

画像:ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツ

出典楽天市場:スーツファクトリーdpi様

上着ディレクターズスーツ
ズボングレーと黒のストライプ、もしくは白の千鳥格子のズボン
シャツウィングカラー、もしくはレギュラーカラーの白無地のシャツ
タイシルバーグレー、もしくは白黒のストライプのタイ

夜の装い

準礼装の夜の装いはタキシードです。

最近は正礼装として

着用機会が減った燕尾服から、現在はタキシードが夜の正礼装とされています。

画像:タキシード

タキシード

出典楽天市場:J-grows様

上着タキシード
ズボン上着と共布で、側章が1本入ったズボン
シャツウィングカラー、もしくはレギュラーカラーの白無地のシャツ
タイ黒の蝶タイ

男性の略礼装(洋装)

格式ばらない結婚式・披露宴や二次会に招待された場合の主流となるスタイルです。「平服で」と断りがあった場合も略礼装が基準となります。

友人や会社の同僚の結婚式などに一般招待客として出席する際に良いでしょう。

昼夜兼用

略礼装には、ブラックスーツやダークスーツがあり、昼夜問わず着用することができます。

ブラックスーツは準礼装としても

ブラックスーツは準礼装としての一面もありますが、同じ準礼装の中でもやや格下の扱いになります。

ただし時間帯を問わず着用することができるなど、とても便利な装いです。

画像:ブラックスーツ

ブラックスーツ

出典楽天市場:スーツスタイルMARUTOMI様

上着ブラックスーツ
ズボン上着と共布のズボン
シャツレギュラーカラー、もしくはワイドカラー、ウイングカラーの白無地のシャツ
タイシルバーグレー、もしくは白黒のストライプのタイ。夜は黒の蝶タイでタキシード風に

画像:ダークスーツ(ネイビー)

ダークスーツ(ネイビー)

出典ロブザーコ様

上着ブラックスーツ、濃紺やチャコールグレーなどのダークスーツ
ズボン上着と共布のズボン
シャツレギュラーカラー、ワイドカラー、クレリックシャツなど
タイシルバーグレー、もしくは明るい色のタイをアクセントに

男性の和装(着物)の礼装

和装には時間帯による装いの違いはありません。基本的には立場によって装いを決めます。

正礼装(和装)

主に新郎、新郎新婦の父親、媒酌人などが着用します。和の正礼装は、黒紋付きとなります。

画像:正礼装(黒紋付き)

正礼装(黒紋付き)

出典着物レンタル LIFE様

正礼装(黒紋付き)の着こなし
羽織黒無地羽二重の五つ紋付き
仙台平の馬乗袴
足袋白足袋
雪駄畳表の雪駄(白の鼻緒)
その他白扇

正礼装以外の和装

招待客は準礼装や略礼装といった、正礼装以外のものを着用します。

準礼装(色紋付き)の着こなし
羽織色羽二重の五つ紋、または三つ紋付き
仙台平、またはお召の馬乗袴やあんどん袴
足袋白足袋
雪駄畳表の雪駄
略礼装(色紋付き)の着こなし
羽織お召や紬、江戸小紋ちりめんなどの一つ紋付き
仙台平、またはお召のあんどん袴
足袋白足袋
雪駄畳表の雪駄
スポンサーリンク