結婚式での男性のスタイルは『ブラックスーツ』『ダークスーツ』が一般的。
どうしても同じようなスーツスタイルになってしまいがちですが、ネクタイを『アスコットタイ』に変えるだけでも印象が変わります。

フォーマルなネクタイながら、結び方によって様々な雰囲気を楽しめる『アスコットタイ』。

「アスコットタイの結婚式でのマナーが知りたい」
「結婚式に最適なアスコットタイの結び方は?」
「ゲストや親族にオススメのアスコットタイコーデは?」

など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、『結婚式でのアスコットタイ』について解説。

結婚式に友人・親族として招待された男性必見。
結婚式での『アスコットタイ』の基本マナー&参考コーデなどをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

アスコットタイとは

『アスコットタイ』とは、

  • モーニングコート
  • ディレクターズスーツ

など、『昼の礼装』で着用される幅広の蝉型ネクタイです。

最近は、『ブラックスーツ』『ダークスーツ』などの『略礼装』に取り入れられることも多く、華やかさをプラスできるアイテムとして人気があります。

アスコットタイの種類

『アスコットタイ』には、

  • スカーフのように首元で結ぶストールタイプ(アスコットスカーフ)
  • タイリングでとめるリングタイタイプ

などがあります。

アスコットタイは結び方で雰囲気が変わる

『アスコットタイ』は、『結び方』を変えることで様々な雰囲気を楽しめるアイテムです。

例えば、

  • 披露宴では通常のネクタイのように
  • その後の二次会ではスカーフのように

といったスタイルも可能。
男性の首もとをオシャレに演出することができます。

参考画像:ネクタイのような結び方

参考画像:リングを付けた結び方

参考画像:スカーフのような結び方

結婚式にオススメ!アスコットタイの結び方

『アスコットタイ』は、『結び方』によって雰囲気が変わるアイテム。

ということで今回は、結婚式などのフォーマルシーンにオススメの『結び方』を紹介。
当日の結婚式の雰囲気にあったスタイルを楽しみましょう。

結ぶのが面倒なら

「結ぶのが面倒」という方にはフック式のアスコットタイがオススメ。
ただしスカーフのようにはできないなど、応用が利かないものもあります。

ネクタイのような結び方

ウイングカラーのシャツに合わせる際にオススメの結び方。
『アスコットタイ』の基本的な結び方であり、フォーマル度の高い方法です。

参考動画:アスコットタイの結び方

出典www.youtube.com

リングタイプの結び方

『アスコットタイ』をタイリングで留める結び方。
リングを通すだけで簡単にできる方法なので初めての方にもオススメです。

参考動画:リングタイプの結び方

出典www.youtube.com

ストールタイプの結び方

スカーフのように首元に巻くイメージの結び方。
ストールタイプは、『アスコットタイ』の結び方の中でも比較的カジュアルな方法。
レストランウェディングや二次会といったカジュアルな結婚式にオススメの結び方です。

参考動画:ストールタイプの結び方

出典www.youtube.com

結婚式でのアスコットタイのマナー

友人や親族の結婚式でアスコットタイを着用する場合のマナーについて解説します。

アスコットタイは基本的に昼の礼装

『アスコットタイ』は昼の礼装アイテム。
午前中から夕方までの結婚式に出席する際に、最適なおしゃれアイテムです。

基本的には昼の結婚式で着用します。

アスコットスカーフは夜でもOK

『アスコットタイ』をスカーフのように巻くことで、夜の結婚式や二次会に使うことが可能。

ただし、『アスコットスカーフ』はカジュアルな使い方。
レストランウェディングや二次会での着用をオススメします。

【あなたにオススメ】
夜の結婚式にお呼ばれするなら『蝶ネクタイ』がオシャレ。
→ 詳しく解説『蝶ネクタイの着こなし&マナー

アスコットタイの色・柄のマナー

フォーマルの基本的な色でもある黒ですが、日本では黒いネクタイは葬儀で着用するものという事で忌み嫌われます。

フォーマルなアイテムの『アスコットタイ』ですが、

  • 黒無地
  • 柄があっても遠めに見ると黒無地に見える

といったものは避けた方が無難。
また柄については、

  • アニマル柄(ヒョウ柄・ゼブラ柄)
  • ドクロ、迷彩といった奇抜なデザイン

などのものは避けるようにしましょう。

本来、黒ネクタイは結婚式向き

外国では黒ネクタイはフォーマルの基本で結婚式でも着用されています。
フランスに住んでいる友人に確認しましたが「むしろ白いネクタイの方が少ない」とのことでした。
ただし日本では『黒は喪の色』として定着しています。
黒地のネクタイに白いドットといったものでも、「遠めに見ると黒無地に見える」といったネクタイは、残念ですが避けたほうが無難です。

友人・親族の結婚式&二次会で!参考コーデ集

友人・親族の結婚式や二次会にオススメ。
『アスコットタイ』を使った参考コーディネートを紹介します。

友人や親族の結婚式で

友人の結婚式や、兄弟やいとこなど親族の結婚式に出席する方にオススメのコーディネート。
『ブラックスーツ』『ダークスーツ』に、ウイングカラーシャツ&アスコットタイをあわせたスタイルです。

画像:ウイングカラーシャツ&アスコットタイ

画像:ネイビースーツ&アスコットタイ

画像:ネイビースーツ&リングタイプ

レストランウェディングや二次会などで

レストランウェディングなどのカジュアルな結婚式や、二次会に出席する方にオススメのコーディネート。
『アスコットタイ』の結び方をストールタイプにした遊び心あるスタイルです。

画像:ピンクのアスコットタイをスカーフ風に

画像:ベストと同系色のアスコットタイをスカーフ風に

画像:赤のドット柄のアスコットタイをスカーフ風に

まとめ

ということで今回は、『結婚式でのアスコットタイ』について解説しました。

基本的に『アスコットタイ』は昼の礼装。
『アスコットタイ』は、午前中から夕方までにおこなわれる結婚式にオススメのアイテムです。

『アスコットタイ』は『結び方』で様々な変化を楽しめます。

  • 結び下げネクタイのように
  • リングを付けて
  • スカーフのように

など、結婚式のスタイル・雰囲気にあわせて変更するのも素敵。
『アスコットタイ』で他のゲストとは違う、オシャレな結婚式コーデを楽しみましょう。

夜の結婚式なら『蝶ネクタイ』もオススメ。
詳しい解説は別記事の『結婚式での蝶ネクタイの着こなし&マナー』を参考にしてください。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)