結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  > 結婚式招待状の返信の書き方とマナー

結婚式招待状の返信の書き方とマナー

結婚式への出席する際の、最初のきっかけでありながら意外と忘れがちな、結婚式の招待状の返信に関する様々なマナーついて、初めての方にもわかりやすく紹介します。

最近は返信はがきをイラストやシールで装飾する方法が流行っているようですが、そこにも重要なマナーが…。

「行くか行かないか伝えるだけでしょ」というあなた。その適当な返事で新郎新婦に迷惑をかけたり、あなた自身が恥ずかしい思いをするかもしれませんよ。

結婚式招待状の返信はがきの書き方(縦・横書き対応)

最近はオシャレなデザインの招待状や、新郎新婦がこだわって自分たちで作成した招待状が増えてきました。返信はがきも縦書きや横書きとタイプも様々。
皆さんに届いた結婚式の招待状には、どのタイプの返信はがきが同封されていましたか?

返信ハガキは、ただ「出席する」や「欠席する」といった部分に丸をつけて返信すれば良いというものではありません。

返信はがきの正しい書き方について、縦書きと横書きの両方をわかりやすい見本画像付きで紹介します。

縦書きの返信はがきの書き方:表面(宛名側)の見本

縦書きの返信はがきの書き方:表面(宛名側)の見本

まずは表面(宛名側)の書き方について説明します。

  1. ハガキの宛名面の中央に書かれている宛名「○○○○ 行」の「行」の文字を二重線か斜め二本線で消します
  2. そして消した「行」を「様」に直します

縦書きの返信はがきの書き方:裏面(出席・欠席確認側)の見本

縦書きの返信はがきの書き方:裏面(出席・欠席確認側)の見本

表面の次は、裏面(出席・欠席確認側)の書き方について説明します。

出席する場合

  1. 結婚式に出席する場合は、「出席」の文字を丸で囲みます
  2. 受取った人(あなた)への敬語である「御(ご)出席」の「御(ご)」を、二重線か斜め二本線で消しましょう
  3. 出席するので「御(ご)欠席」を二重線で消します
  4. 「御(ご)住所」の「御(ご)」を二重線か斜め二本線で、「御(ご)芳名」の部分は「御芳(ご芳)」まで二重線で消しましょう。
    あなたへの敬語関連は消し忘れのないように注意しましょう
  5. 余白にはお祝いの言葉を添えると良いですね

欠席する場合

  1. 残念ながら結婚式に欠席する場合は「欠席」の文字を丸で囲みます
  2. あなたへの敬語である「御(ご)欠席」の「御(ご)」は二重線か斜め二本線で消しましょう
  3. 欠席するので「御(ご)出席」を二重線で消します
  4. 「御(ご)住所」の「御(ご)」を二重線か斜め二本線で、「御(ご)芳名」の部分は「御芳(ご芳)」まで二重線で消しましょう。
    あなたへの敬語関連は消し忘れのないように注意しましょう
  5. 欠席の場合、余白には欠席理由を書き添えます。残念ながら出席できないという気持ちを、お祝いの言葉とともに書きましょう

横書きの返信はがきの書き方:表面(宛名側)の見本

横書きの返信はがきの書き方:表面(宛名側)の見本

まずは表面(宛名側)の書き方について説明します。

  1. ハガキの宛名面の中央に書かれている宛名「○○○○ 行」の「行」の文字を二重線か斜め二本線で消します。二重線は横書きで
  2. そして消した「行」を「様」に直します

横書きの返信はがきの書き方:裏面(出席・欠席確認側)の見本

表面の次は、裏面(出席・欠席確認側)の書き方について説明します。

出席する場合

横書きの返信はがきの書き方:裏面(出席する)の見本

  1. 出席の場合は、「出席」の文字を丸で囲みます。文字が横書きなので横長の丸で囲みましょう
  2. 受取った人(あなた)への敬語である「御(ご)出席」の「御(ご)」は二重線か斜め二本線で消しましょう。二重線は横書きで
  3. 出席するので「御(ご)欠席」を二重線で消します。二重線は横書きで
  4. 「御(ご)住所」の「御(ご)」を二重線か斜め二本線で、「御(ご)芳名」の部分は「御芳(ご芳)」まで二重線で消しましょう。
    あなたへの敬語関連は消し忘れのないように注意しましょう
  5. 余白には、お祝いの言葉を添えると良いですね。若い方は横書きの方がメッセージを書きやすいかもしれませんね

欠席する場合

横書きの返信はがきの書き方:裏面(欠席する)の見本

  1. 残念ながら欠席する場合は「欠席」の文字を丸で囲みます。これまた横長の丸で
  2. あなたへの敬語である「御(ご)欠席」の「御(ご)」は二重線か斜め二本線で消しましょう。二重線は横書きで
  3. 欠席するので「御出席」「ご出席」を二重線で消します。二重線は横書きで
  4. 「御(ご)住所」の「御(ご)」を二重線か斜め二本線で、「御(ご)芳名」の部分は「御芳(ご芳)」まで二重線で消しましょう。
    あなたへの敬語関連は消し忘れのないように注意しましょう
  5. 欠席の場合、余白には欠席理由を書き添えます。残念ながら出席できないという気持ちを、お祝いの言葉とともに書きましょう

横書きならではのポイント

横書きはがきの場合は二重線を横にひいて、複数の文字をまとめて消すと良いでしょう。縦の二重線だと複数の文字を一文字ずつ消すことになってしまいます。

例えば、出席するので「ご欠席」を二重線で消す場合、

  • 「ご」に縦二重線
  • 「欠」にまた縦二重線
  • 「席」にまたまた縦二重線

というふうに、一文字ずつ消すことになってしまいます・・・。

横書きの場合は、まとめて横二重線で消しましょう。詳しくは上の見本画像を参考にしてください。

返信はがきによっては、御(ご)芳名、御(ご)住所がなく、Name、Addressと英語表記のみの場合もありますが、自分の名前や住所は無理に英語で書く必要はありません。。。

文字を消す際の注意点

文字を"×印"で消したり、黒く塗りつぶすという事はいけません。丁寧に二重線か斜め二本線で消すようにしましょう。定規か何かを使用してキレイな線を引くと丁寧です。

「寿」という文字で消す、達筆な方に最適なオシャレな方法もあります。

最近は横書きハガキが主流?

最近は「他の人とは違う、自分たちで考えた個性的な結婚式にしたい」という傾向からでしょうか、招待状も新郎新婦の個性が色濃くでた様々なデザインのものを見かけるようになりました。

色やフォントなんかはもちろん、紙の質感から凸凹した感じのエンボス加工などなど。しかもそういった招待状を新郎新婦が自ら手作りしたり。やはりオリジナルウェディングの始まりはペーパーアイテムからなんですね。

そんな個性あふれる招待状や返信はがきも、最近は横書きタイプが主流となっているようです。もちろん縦書きハガキも健在ですが、ペーパーアイテムの商品サンプルを見ても横書きハガキが多いですね。

招待状全体と返信はがきの宛名面が縦書きで、出欠確認面のみ横書きといったものもありますが、返信はがきの書き方の基本は同じです。

返信メッセージの文例集

最近の返信はがきにはメッセージ欄がある事が多いのですが、無い場合は余白部分にお祝いの言葉を添えると良いでしょう。新郎新婦へのお祝いの気持ちと「招待してくれてありがとう」というお礼の気持ちが伝わると思います。

出席時のメッセージ文例

ご結婚おめでとうございます
お招きいただきましてありがとうございます
喜んで出席させていただきます

欠席時のメッセージ文例

どうしても都合のつかない仕事や家族の行事などが理由の場合は、できるだけ具体的に理由を書き添えるようにします。

この度はご結婚おめでとうございます
あいにく長期の出張の予定があり欠席させていただきます
お二人の末永いお幸せをお祈りいたしております

弔事などの不幸と重なったなどの場合は、返信メッセージには理由をはっきりと書かないようにします。

この度はご結婚おめでとうございます
やむをえない事情があり欠席させていただきます
お二人の末永いお幸せを心よりお祈り申し上げます

出席する場合、欠席する場合、新郎新婦との関係が友達なのか部下なのか等で、記入するメッセージの内容も変わってきます。

友達の場合であれば多少くだけたメッセージでも良いでしょう。それほど親しい関係でない場合は、丁寧な敬語で一言添える必要があります。

詳しい文例やメッセージ欄がない場合の記入位置などについては、以下の記事を参考にしてください。

連名(夫婦や家族など)で招待状が届いた際の返信について

家族ぐるみでお付き合いがある場合、招待状が連名で届く場合があります。

夫婦そろって出席できる場合の書き方:見本

夫婦で出席・欠席、夫婦の片方のみ出席などの返信については、以下の記事で紹介しています。

家族全員で出席・欠席、家族の代表のみ出席などの返信については、以下の記事で紹介しています。

家族そろって出席できる場合の書き方:見本

基本的な返信マナーは同じですが、出欠確認側の記入において個人の場合と異なるポイントがあります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

アレルギー記入欄があった場合の返信について

最近の返信はがきには、事前に食物アレルギーの有無を確認するための記入欄が増えているようです。

あなたにアレルギーがない場合でも、新郎新婦側が「もしかしたらアレルギー確認欄を見逃したのでは?」と心配しないよう、ひと言記入することが親切です。アレルギーがある方の場合も含め、詳しくは以下の記事を参考にしてください。

間違えた場合の対処法

返信はがきの内容を慎重に書いていたとしても、間違えてしまう事もあります。

訂正方法に決まったマナーはありませんが、悪い印象を抑える方法はあります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

イラストやシールを使った返信でのマナー

最近は、上手なイラストやかわいいシールを貼るといった、まるでアートのように返信はがきを装飾する方が増えているようです。

この方法は、返信はがきの宛先(宛名)が新郎新婦の場合に適した方法です。詳しいマナーや簡単なイラスト例、参考作品集については、以下の記事を参考にしてください。

スポンサーリンク

ボールペンでも良い?記入時の筆記用具について

書き慣れたボールペンでも大丈夫です

返信はがきの記入には、毛筆、または黒インクの万年筆を用いるのが正式なマナーです。

しかし、慣れていない毛筆や万年筆で書くよりは、書き慣れているボールペンでしっかりと書く方が無難でしょう。遠足の際のスニーカーと一緒ですね。この場合は、細字のサインペンや水性ボールペンで記入すると良いでしょう。

参考資料
岩下宣子先生監修の「冠婚葬祭しきたりとマナー事典(主婦の友社)」というマナー本にて、"油性ボールペンは避けます"との記載がありました。残念ながら理由については書かれていませんでしたが、筆記用具を選ぶ際の参考にしてください。

色は「黒」が基本です

毛筆や筆ペン、万年筆やボールペンの場合でも、基本的に色は「黒」で書きましょう。万年筆やサインペン、ボールペンといったインクを使った筆記用具では、黒のほか濃紺も大丈夫です。ただしボールペンでも良いからと、カラフルなインクで書くのは基本的にはマナー違反です。

関係次第ではカラフル系も
最近では、イラストなどの素敵な装飾でカラフルに返信する方も多いようです。
この場合は、招待してくれた新郎新婦との関係や返信先などに注意するようにしましょう。「結婚式招待状の返信でイラストは失礼!?返信はがきを装飾する際の注意点」という記事がありますので、参考にしてください。

いつまでに返信するの?結婚式招待状の返事の期限について

皆さんに結婚式の招待状が届きました。それに対して直ぐに返事をしていますか?

まだ出欠の旨も伝えていないのに、「結婚式に初めて招待されたぁ!」とか、「久しぶりの結婚式だし当日は何を着ていこう?」「○○ちゃんも呼ばれたのかな?」なんて、結婚式当日の事ばかりを考えてませんか?まだ結婚式の招待状が届いただけなんですけど…。

出席する場合

結婚式の招待状が届いたら、遅くても1週間以内には返信しましょう。特に出席の返事は、早いほど「喜んで出席させていただく」という気持ちが伝わります。

出席する場合は、結婚式の招待状が届いてから2~3日中には返信するのが理想です。

欠席する場合

すでに予定が入っているなど欠席せざるをえない場合も、できるだけ早く返信しましょう。

欠席が早くわかれば主催者は速やかに他の方へ招待状をおくる事ができます。電話などであらかじめ伝えても良いでしょう。

予定が決まらない場合

もしも予定がはっきりしない場合は、まず電話でその旨を連絡し、いつごろ返事ができるかを伝えるようにしましょう。そして、招待状に記載されている返信期限までには、必ず返事を出すようにしましょう。

万が一、返信の期限までに出欠の見通しが立たない場合は、欠席にした方が無難です。

きちんと返信期日を守ること

「出席できるかどうかわからないし、とりあえずしばらくほっておこう」「返事をしなければ欠席って事になるだろう」なんて思っている方、まさかいませんよね。そんなあなたはマナー違反です。

返信はがきを出さない事によって、新郎新婦だけでなく様々な方々に迷惑が掛かります。できるだけ早く、最低でも返信期限までには返信しましょう。

口頭での返事だけというのは絶対にダメ

「仲良しだから結婚式の招待状の返信はしなくてよい」は大間違いです。結婚式への出欠の旨は口頭ではなく、結婚式の招待状に同封された、返信はがきを必ず返信して伝えましょう

仲の良い友人や家族・親戚などは結婚式への出席について、まず電話等での連絡があるかと思います。その後、あらためて招待状が届くというパターンが多いことでしょう。

もし電話で「出席」の旨を伝えたとしても届いた招待状の返信は必ず行います。

いくら仲良しの友人や家族・親戚でも、出席についての回答を電話で伝えてそれで終わりというのはマナー違反です。大変失礼なことです。

返信はがきは新郎新婦の思い出になる

意外に思うかもしれませんが、招待状の返信はがきって思い出になったりします。

私も返信していただいた全てのはがきを保管してあります。なぜなら、心温かい手書きのお祝いメッセージが書かれていたりするからです。

私は、招待状の中に2人へのメッセージカードみたいなものも同封しておきました。

もちろんそれも保存してありますが、招待状の返信はがきも保存してあります。微妙に違うんですよね書いてあることが。

メッセージカードはフレンドリーな書き方しているのに返信はがきではお堅い感じ。「あの友人が、がんばってまじめに書いてくれたんだなぁ」なんて、それが見ていて楽しいのです。

結婚式招待状の返信はとても重要なマナー

最近はマナーをあまり重要な事と思わない方が増えている?といった意見も耳にします。

しかし、結婚式招待状の返信はがきは、新郎新婦が宛名になっている以外に、新郎新婦のご両親が宛名になっている場合もあります。

ちなみに我が家が送った招待状の返信はがきは、私(新郎)側は私の父宛、妻(新婦)側は妻の母宛に届くようになっていました。

新郎新婦に届く場合は、知り合いという事もあり招待状の返信の書き方について、それほど気にはならないかと思います。

しかし、ご両親の方に届くという場合は、ちょっとした事でも「失礼な人ね・・・」と、思われてしまう事があるかもしれません。

返信先が新郎新婦であろうとご両親であろうと、正しい方法で対応していれば大丈夫。「しっかりした人ね」と思われるはずです。

【文】GoGoWedding編集部

こんなときはどうする?結婚式招待状の返信のQ&A

結婚式招待状の返信の書き方とマナーに関する記事一覧

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェア
  • mixiでシェア
  • Google+でシェア
  • はてなブックマークに追加

このページの先頭へ