結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式での男性親族の服装マナーは?画像で解説します

結婚式での男性親族の服装マナーは?画像で解説します

自分の親族が結婚式を挙げる…。幼いころから新郎新婦を見てきた両親、兄弟、親戚の方々にとっては、感慨深いものがあるのではないでしょうか。

そんな思い出に浸りながら、結婚式で親族はどんな服装で参列するのがマナーなのか?ふと気になったあなた。

今回は、結婚式で男性親族の方が着用する服装のマナーについて、わかりやすく画像付きで紹介します。

親族の服装の基本マナー

友人などのゲストとは異なり、親族は招待客を迎える立場となります。そのため服装も正礼装や準礼装といった一般のゲストよりフォーマルな装いが基本となります。

正礼装とは

主に新郎、新郎新婦の父親、媒酌人が着用する洋装における礼装が正礼装です。格式高い結婚式の場合では、主賓も正礼装を着用する場合もあります。

正礼装には、モーニングコート、燕尾服(テールコート)、タキシードがあり、昼や夜といった時間帯によって相応しいものを選びます。

着用機会が減った燕尾服から、現在はタキシードが夜の正礼装とされています。

準礼装とは

正礼装に準ずる装いが準礼装です。一般的に親族の服装は準礼装が基本になります。

準礼装には、ディレクターズスーツ、タキシード、ブラックスーツがあり、正礼装同様、時間帯によって相応しいものを選びます。

ブラックスーツは、同じ準礼装の中でもやや格下になります。ただし時間帯を問わず着用することができるなど、とても便利な装いです。

両親が準礼装の場合も
最近の結婚式では、レストランウェディングなどカジュアルな結婚式を行なう場合、両家で相談し両親も準礼装で済ませるといったケースも増えてきました。

ストライプ柄はOK?スーツの選び方

親族の方がスーツで出席する場合は、ブラックスーツが基本です。

20代、30代といった若い世代の方であれば、略礼装にはなりますがダークスーツでも大丈夫です。

ただし、友人とは異なり、親族はゲストを迎える立場。ストライプ柄のようなスーツではなく、無地のスーツを選択すると良いでしょう。

ダークネイビーやダークグレーといった色で、柄のない無地のスーツがおすすめです。

シャツの選び方

スーツスタイルといった洋装が一般的な男性親族。礼装にあったシャツ選びも大切です。

礼装別のシャツについて
モーニングコートウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
燕尾服ウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
ディレクターズスーツレギュラーカラーもしくはワイドカラーの白いシャツ
タキシードウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
ブラックスーツレギュラーカラーもしくはワイドカラーの白無地のシャツ

ブラックスーツを着用する際も、フォーマルの基本である白無地シャツを選ぶと良いでしょう。

夏に半袖シャツは大丈夫?

暑いからといっても、結婚式で半袖シャツはNGです。

親族だから大丈夫という考えはいけません。親族こそしっかりとした服装で出席する事が大切です。

結婚式でのシャツについての詳しいマナーは、以下の記事を参考にしてください。

ネクタイの選び方

ネクタイも礼装にあったものを選びます。

礼装別のネクタイについて
モーニングコート白黒の縞柄やシルバーグレーの結び下げ
燕尾服白の蝶ネクタイ
ディレクターズスーツ白黒の縞柄やシルバーグレーの結び下げ
タキシード黒の蝶ネクタイが基本
ブラックスーツ白黒の縞柄やシルバーグレーの結び下げ

結婚式でのネクタイについての詳しいマナーは、以下の記事を参考にしてください。

ポケットチーフは必要?

ゲストを迎える立場の親族。よりフォーマルな服装でゲストを迎えるためにも、ポケットチーフを合わせる事をおすすめします。

折り方は、フォーマル度の高いスリーピークスが最適。カジュアルな結婚式であればパフドスタイルも素敵ですよ。

動画:スリーピークスの折り方

出典:www.youtube.com

ポケットチーフには様々な折り方があります。結婚式でのポケットチーフの折り方や選び方については、以下の記事を参考にしてください。

靴や靴下の選び方

靴下は全ての礼装で黒無地の靴下を着用します。靴については礼装にあったものを選びます。

礼装別の靴について
モーニングコート黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可
燕尾服エナメルのオペラパンプスが基本。エナメルの内羽根ストレートチップでも可
ディレクターズスーツ黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可
タキシードエナメルのオペラパンプスが基本。エナメルの内羽根ストレートチップでも可
ブラックスーツ黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可

結婚式で男性が履く靴についての詳しいマナーは、以下の記事を参考にしてください。

ベストは夏も必要?

よりフォーマル感がアップするベストですが、夏の着用を躊躇う方も多いようです。

ベストは冬だけのものではなく、夏に着用してももちろん大丈夫。

結婚披露宴が行なわれる会場は空調もしっかりしています。ベストを着用するかは、ブラックスーツやダークスーツといったスーツスタイルに必要かどうかで決めると良いでしょう。

フォーマル度の高いものを

親族はゲストを迎える側の立場のため、フォーマル感の高い服装が求められます。

シャツやネクタイ、靴などについても、よりフォーマルを意識したものにすると良いでしょう。

20代・30代の親族の服装

新郎新婦の兄弟や、20代・30代のいとこの方など、比較的若い世代の親族の方におすすめの服装は「ブラックスーツ」です。

ただしブラックスーツは略礼装の一面もありますので、コーディネートはよりフォーマルなものにすると良いでしょう。

画像:ブラックスーツ

ブラックスーツ

出典:スーツスタイルMARUTOMI様

ブラックスーツの着こなし
シャツレギュラーカラーもしくはワイドカラーの白無地のシャツ
ネクタイシルバーグレーや白黒の縞柄のネクタイ
ポケットチーフ昼ならリネン、夜ならシルクの白いポケットチーフかシルバーグレーのもの。折り方は、よりフォーマルなスリーピークス
靴下黒無地のもの
黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可

新郎新婦の兄弟であれば

新郎新婦の兄弟であれば、基本的な準礼装でもあるディレクターズスーツやタキシードもおすすめです。既に結婚されている兄弟の方、ブラックスーツとは異なる変化を求めている方はぜひ。

ディレクターズスーツは昼の結婚式、タキシードは夕方から夜の結婚式での礼装です。

画像:ディレクターズスーツ

ディレクターズスーツ

出典:スーツファクトリーdpi様

ディレクターズスーツの着こなし
シャツレギュラーカラーもしくはワイドカラーの白いシャツ
ネクタイ白黒の縞柄やシルバーグレーの結び下げ
ポケットチーフ白麻のチーフをスリーピークスで
靴下黒無地のもの
黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可

画像:タキシード

タキシード

出典:J-grows様

タキシードの着こなし
シャツウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
ネクタイ黒の蝶ネクタイが基本
ポケットチーフシルクの白無地チーフをスリーピークスで
靴下黒無地のもの
エナメルのオペラパンプスが基本。エナメルの内羽根ストレートチップでも可

40代・50代、60代以上の親族の服装

新郎新婦のおじ、世代が高めのいとこや兄弟、また祖父といった親族の服装も準礼装が基本。新郎新婦の父親より控えめなものにするのが一般的です。

また普段友人や知人の結婚式に出席する場合とは異なり、親戚として呼ばれてますので、より気品高いフォーマルな装いにする事を心がけましょう。

ダブルのスーツの方が良い?

世代が上がっていくと、ダブルのスーツを着なければいけない、またダブルの方がシングルより格が高い、そんなイメージをお持ちの方もいるのでは。

実際にはそんな事はなく、ダブルもシングルも同格であり、世代が上の方が着る装いでもありません。

ご自身の好み、体型にあったスーツを着用すると良いでしょう。

画像:ダブルのブラックスーツ

ダブルのブラックスーツ

出典:京都かしいしょう様

新郎新婦の父親の服装

結婚式において、新郎新婦の親は準主役のような役割。新郎の父親であれば結婚披露宴でのお礼の挨拶、新婦の父親であれば挙式の際に新婦のエスコートといった役割があります。

そんな新郎新婦の父親の服装の基本は正礼装。昼間の結婚式であればモーニングコート、夜の結婚式であれば燕尾服(テールコート)を着用します。

画像:モーニングコート

モーニングコート

出典:京都かしいしょう様

モーニングコートの着こなし
シャツウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
ネクタイ白黒の縞柄やシルバーグレーの結び下げ
ポケットチーフ白麻のチーフをスリーピークスで
靴下黒無地のもの
黒の紐革靴で内羽根ストレートチップが基本。内羽根プレートゥでも可

画像:燕尾服(テールコート)

燕尾服(テールコート)

出典:Wonder Stage様

燕尾服(テールコート)の着こなし
シャツウイングカラーでダブルカフスの白いシャツ
ネクタイ白の蝶ネクタイ
ポケットチーフ白麻のチーフをスリーピークスで
靴下黒無地のもの
エナメルのオペラパンプスが基本。エナメルの内羽根ストレートチップでも可

和装のマナー

和装には時間帯による装いの違いはありません。基本的には立場によって装いを決めます。

和の正礼装

主に新郎、新郎新婦の父親、媒酌人などが着用します。

和の正礼装は、黒紋付きとなります。

正礼装(黒紋付き)

出典:着物レンタル LIFE様

正礼装(黒紋付き)の着こなし
羽織黒無地羽二重の五つ紋付き
仙台平の馬乗袴
足袋白足袋
雪駄畳表の雪駄(白の鼻緒)
その他白扇

正礼装以外の和装

招待客は準礼装や略礼装といった、正礼装以外のものを着用します。

準礼装(色紋付き)の着こなし
羽織色羽二重の五つ紋、または三つ紋付き
仙台平、またはお召の馬乗袴やあんどん袴
足袋白足袋
雪駄畳表の雪駄
略礼装(色紋付き)の着こなし
羽織お召や紬、江戸小紋ちりめんなどの一つ紋付き
仙台平、またはお召のあんどん袴
足袋白足袋
雪駄畳表の雪駄

子供の親族の服装について

高校生以下の子供の礼装に関しては、特別なルールはありません。学生で制服があれば、それが礼装となります。

靴は革靴をあわせスニーカーは避けます。またパンツを下にずらして履くようなだらしないスタイルはせず、きちんとした格好を心がけるようにしましょう。

制服がない場合は、普段よりあらたまった装いで、結婚式というフォーマルな場の雰囲気を味わうのも良いものです。家族で出席する場合は、全員の服装が調和のとれたものになるようにしましょう。

画像:男の子のフォーマル服

男の子のフォーマル服

出典:レンタルブティックLEcru様

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ