結婚式にお呼ばれする男性ゲストの皆さん。
スーツスタイルにあわせる『シャツ』は決まりましたか。

結婚式といったフォーマルシーンでは『白シャツ』が基本。
しかし、普段からオシャレに敏感な男性の中には、

「スタイリッシュな黒シャツでお呼ばれしたい」

と考えている方もいらっしゃるのでは。

残念ですが『黒シャツ』はフォーマルシーンに不向き。
一般的な結婚式・披露宴では『着用NG』のアイテムです。

とはいえ、結婚をお祝いする全てのパーティーでNGということではありません。
二次会など『カジュアルなパーティーシーン』では着用可能です。

ということで今回は、『結婚式での黒シャツ』について解説。

黒シャツについての基本マナーから、着用可能シーンで役立つ参考コーディネートなどをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

フォーマルシーンにおいて黒シャツは基本NG

結婚式といったフォーマルシーンでは、スーツスタイルに『黒シャツ』をあわせるのはNGです。

フォーマルな装いでのシャツは『白シャツ』が基本。
最近はパステルカラーのシャツも許容範囲とされていますが、白シャツに比べ『ややカジュアル』な印象になります。

『黒シャツ』のほか『ネイビーシャツ』『グレーシャツ』といった『ダークカラー』のシャツは基本NG。
様々な年代のゲストが集う結婚式や披露宴では避けましょう。

黒シャツOKの場面とは

スーツに『黒シャツ』をあわせるスタイルは、以下のような場面で着用することをオススメします。

気心知れた友人のみでおこなう結婚パーティー

気心知れた友人のみでおこなう結婚パーティーであれば、スーツに『黒シャツ』をコーディネートしたスタイルでも大丈夫です。

仲の良い友人が中心となって開催される結婚パーティーは、一般的な結婚式・披露宴に比べカジュアルなスタイル。
カジュアルなパーティーシーンのため、服装ルールも厳しくないのが基本です。
また親族や年配の方もいないので、『失礼な服装』と思われることもないでしょう。

ただし、派手過ぎるスタイルで新郎より目立つのはNG。
カジュアルな結婚パーティーだとしても、『主役は新郎』ということを忘れないことが大切です。

カジュアル形式の結婚式二次会

結婚式の二次会も『黒シャツ』が着用可能な場面です。

ただし結婚式の二次会は、そのスタイルも様々。
『黒シャツ』については、比較的カジュアルな形式の二次会で着用すると良いでしょう。

「親族や上司・主賓クラスのゲストも出席する」といった、『幅広い年齢層が集う二次会』では『黒シャツ』を避けた方が無難。
よりフォーマルな『白シャツ』もしくは『パステルカラーシャツ』をオススメします。

黒シャツを忌み嫌う人も

親族や主賓クラスの方など、上の世代の方は『黒シャツ』をよく思わないことも。
新郎新婦の印象を悪くしては大変ですので注意が必要です。

黒シャツを着るなら!参考コーディネート

基本的に『黒シャツ』は、結婚式・披露宴で着用NGのアイテム。
しかし、友人中心でおこなう結婚パーティーやカジュアル形式の二次会など、『カジュアルなパーティーシーン』では着用可能です。

つづいては、スーツ&『黒シャツ』のコーディネートを紹介。
着用OKのシーンでの参考にどうぞ。

大人カッコいいネクタイコーデ術

スーツスタイルに『黒シャツ』を取り入れる方必見!
結婚パーティーや二次会にオススメの『大人カッコいいネクタイ術』。

グレースーツ&黒シャツにあわせる、様々なネクタイ術が学べる動画です。

出典https://www.youtube.com/

黒シャツ&赤ネクタイ

ブラックスーツ&黒シャツに、『赤』のネクタイ&チーフをあわせたスタイル。
男らしい色気のあるコーディネートです。

出典THE SUIT COMPANY公式ショップブログ様

黒シャツ&シルバー(白系)ネクタイ

ブラックスーツ&黒シャツに、シルバーネクタイ&白チーフをあわせたスタイル。
大人っぽい雰囲気が演出できるコーディネートです。

出典THE SUIT COMPANY公式ショップブログ様

グレースーツ&黒シャツ

グレースーツ&黒シャツに、『赤』のネクタイ&チーフをあわせたスタイル。
『結婚をお祝いするシーン』にピッタリな、明るく華やかなコーディネートです。

出典THE SUIT COMPANY公式ショップブログ様

まとめ

ということで今回は、『結婚式での黒シャツ』について解説しました。

結婚式でのスーツスタイルに『黒シャツ』をあわせるのは基本的にNG。
しかし、友人中心でおこなう結婚パーティーやカジュアル形式の二次会であれば大丈夫です。

スタイリッシュな雰囲気の『黒シャツ』ですが、着こなすのが難しいアイテム。
場合によっては、『カッコつけ過ぎ』『子供っぽい』『コスプレ風』など、残念な印象になってしまうこともあるので注意しましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)
スポンサーリンク