カッコいい女性が着こなしている印象の『パンツスタイル』。
結婚式に招待された女性の皆さんも気になっているのでは。
最近は『パンツドレス』『パンツスーツ』のデザインも増えており、

「結婚式にパンツスタイルでお呼ばれしたい」

と考えている方も多いようです。

そんな注目度が高まっている『パンツスタイル』ですが、

「結婚式にパンツドレスってダメなの?」
「親族の結婚式でパンツドレスはアリ?」
「パンツスタイルでもストッキングを履く?」
「そもそもコーディネートがわからない」
「オススメのパンツドレスが知りたい」

など、いろいろと気になることも。

ということで今回は、『結婚式でのパンツスタイル』に関するお悩みを解決。

結婚式でのパンツスタイルについて、

  • 結婚式でのパンツスタイルのマナー
  • パンツドレスの着こなしポイント
  • オススメのパンツドレス・パンツスーツ

などを、まとめて紹介します。

結婚式ではダメ?パンツドレスのマナー

結婚式での服装を選ぶ際に気になる『マナー』。
まずは結婚式での『パンツドレス』『パンツスーツ』といった、『パンツスタイル』のマナーについて解説します。

パンツドレスは『準礼装・略礼装』

結婚式での装いとして最近人気の『パンツドレス』。
洋装の礼装としては、

  • 準礼装・略礼装

に該当します。

ただし、

  • スカートの方が格上
  • パンツスタイルの方が格下

になるため、『準礼装』といっても『略礼装』に近い比較的カジュアルな装いになります。

洋装の礼装について

  • 『正礼装』は、主に新婦や両家の母親、媒酌人夫人が着用するスタイル
  • 『準礼装』は、正礼装に準ずるあらたまった装いで、お呼ばれゲストの主流スタイル
  • 『略礼装』は、平服指定の結婚式や形式ばらない結婚式、二次会などでのスタイル

→ 詳しく解説『女性の礼装ルール

カジュアルスタイルの結婚式にオススメ

『パンツスタイル』は、

  • カジュアルな結婚式
  • 結婚パーティ
  • 二次会

など、形式ばらない雰囲気の結婚式にオススメ。
上記のような結婚式に招待された場合は、『パンツドレス』『パンツスーツ』でお呼ばれしても何も問題ありません。

着こなしのポイント

『パンツスタイル』は一歩間違えるとビジネスっぽい格好になりがち。
『アクセサリー』『バッグ』などを上手にコーディネートし、華やかさを心がけることが大切です。

格式を重んじる結婚式では注意

『準礼装』ではあるけれど『スカートより格下』のパンツドレス。

  • 厳かな雰囲気の結婚式
  • 形式ばった結婚式

などに招待された場合は避けた方が無難。
例えば、

  • 格式高いホテル、高級レストランでおこなわれる結婚式
  • 招待状の差出人が新郎新婦の両親の名前だった場合

などでは、『格式を重んじている傾向が強い』ので注意が必要です。
上記のような結婚式に招待された場合は、『パンツドレス』『パンツスーツ』の着用はオススメしません。

年配の方が嫌う場合も

パンツスタイルが定着してきたのは、比較的最近のこと。
カジュアルな結婚式があまり一般的ではなかったころには見られませんでした。

そのため新郎新婦の親戚の方、特に年齢の高い方の中には、残念ながらそのスタイルを非常識と思う方もいらっしゃいます。

親族の方が多く出席される結婚式や、厳かな雰囲気の結婚式に招待された場合は注意が必要です。

親族の結婚式でのパンツスタイルマナー

ゲストを迎える側の立場にある『親族』。
その装いにも『より高いフォーマル感』が求められます。

  • パンツドレス
  • パンツスーツ

といった『パンツスタイル』は、先ほども紹介したように比較的カジュアルな装い。
特別な事情を除き、親族の『パンツスタイル』はオススメしません。

親族の結婚式でのパンツスタイルの着こなし

親族の結婚式では、

  • 小さな子供を連れて参列する

といった場合も多いのではないでしょうか。
比較的動きやすい『パンツスタイル』は、子供連れでのお呼ばれに便利な服装です。

親族の結婚式で『パンツスタイル』を着用する場合は、

  • フォーマル感を意識する

ことがポイント。

  • 上品なデザイン・色のパンツドレスを選ぶ
  • パールアクセサリーをあわせる

など、フォーマル度の高いパンツスタイルを心がけることが大切です。

参考画像:トップスレースのパンツドレス

トップスのレースが美しい『ネイビー』の『パンツドレス』。
さらに『パールアクセサリー』をプラスすれば、子供連れで参列する親族の結婚式でも便利なスタイルに。

「そのドレス似合ってるね!」って言われる
2,000アイテム超の品揃え&公式サイトなら試着サービスも!お呼ばれドレスは『パーティードレス通販GIRL』

パンツスタイルでもストッキングを履く

スカートドレスと違い、脚のほとんどが隠れる『パンツスタイル』。

しかし『パンツスタイル』の場合も、ストッキングの着用がマナーです。
生足は厳禁ですので注意しましょう。

腰までのストッキングを着用することで、

  • 下着のラインを見えづらくする
  • スタイルアップ

といった効果も期待できます。
また『パンツスタイル』の場合は、

  • ひざ下丈のストッキング

などもオススメ。
もちろんストッキングの色柄には注意し、肌の色に近いものを選ぶことが大切です。

パンツドレスにあわせる羽織もの

『パンツドレス』には、スカートドレス同様に『ボレロ』『ジャケット』などをあわせても素敵です。

ボレロをあわせたパンツスタイル

まるでスカートドレスのような『ネイビー』の『ガウチョパンツドレス』に、『ベージュ』の『ボレロ』をコーディネートしたパンツスタイル。
『ボレロ』をあわせると、スタイリッシュな印象のパンツドレスが優しい雰囲気になります。

ジャケットをあわせたパンツスタイル

『ブラウン』の『パンツドレス』に『黒』の『ケープ袖ジャケット』をコーディネートしたパンツスタイル。
『ジャケット』をあわせるとパンツドレスがエレガントな雰囲気になります。

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

結婚式お呼ばれ!オススメのパンツスタイル&コーデ集

最近の『パンツドレス』『パンツスーツ』は、その色やデザインも様々。
華やかさ&フォーマル感を意識して、あなたにピッタリの『パンツスタイル』を楽しみましょう。

春の結婚式にオススメのパンツスタイル

春といえば『明るく柔らかな色』が似合う季節。
春の結婚式には、『パステルカラー』の『パンツドレス』がオススメです。

参考画像:ピンクのパンツドレス

夏の結婚式にオススメのパンツスタイル

夏といえば『爽やかで明るい色』が似合う季節。
夏の結婚式には、『ブルー』『イエロー』などの『パンツドレス』がオススメです。

参考画像:サックスブルーのパンツドレス

秋の結婚式にオススメのパンツスタイル

秋といえば『落ち着いた色』が似合う季節。
秋の結婚式には、『茶色』『ワインレッド』などの『パンツドレス』がオススメです。

参考画像:グレイッシュレッドのパンツドレス

冬の結婚式にオススメのパンツスタイル

冬といえば『暖色系』のほか『都会的な色』が似合う季節。
冬の結婚式には、『赤系』『グレー系』などの『パンツドレス』がオススメです。

参考画像:ダルブルーのパンツドレス

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

20代にオススメのパンツドレス

20代の女性には、華やかな印象の『パンツドレス』がオススメ。
『黒』『ネイビー』など定番カラーも良いですが、結婚式の雰囲気が明るくなるようなスタイルも素敵です。

参考画像:ピーコックグリーンのパンツドレス

「そのドレスいいね!」って思われる
1万円前後で高品質なドレスが手に入る!お呼ばれドレスは『パーティードレス専門店PourVous』

30代にオススメのパンツドレス

30代の女性には、大人の余裕&可愛らしさを楽しめる『パンツドレス』がオススメ。
『ワイドパンツ』も人気ですが、『テーパードパンツ』など都会的な印象のスタイルも素敵です。

参考画像:ネイビーのパンツドレス

「そのドレス似合ってるね!」って言われる
2,000アイテム超の品揃え&公式サイトなら試着サービスも!お呼ばれドレスは『パーティードレス通販GIRL』

40代・50代以上にオススメのパンツドレス

40代・50代以上の女性には、上品で落ち着いた印象の『パンツドレス』がオススメ。
『黒』『ネイビー』など『フォーマル感』のあるドレスが素敵です。

暗めの色ですが『羽織もの』を上手にあわせると華やかに。
『シルバー』『ゴールド』といった『羽織もの』をコーディネートするのがオススメです。

参考画像:黒のパンツドレス&シルバーグレーショール

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

まとめ

ということで今回は、『結婚式でのパンツスタイル』について解説しました。

『パンツドレス』『パンツスーツ』は、『準礼装』ですが『略礼装』に近い装い。

  • カジュアルな結婚式
  • 結婚パーティー
  • 二次会

などで大活躍するスタイルです。

都会的でカッコいいイメージの『パンツスタイル』は、結婚式のお呼ばれでも最近のトレンド。カジュアルな結婚式が増えているため人気があります。

『パンツドレス』『パンツスーツ』の色・デザインも様々。
あなたにピッタリの『パンツスタイル』で、結婚式のお呼ばれを楽しみましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)