最近流行のスタイル『バイカラー』。
『ツートンカラー』とも言われる、異なる配色を組み合わせたスタイルです。

ところが、「結婚式のお呼ばれドレスで『バイカラー』を選ぶのはNG」なんて噂も…。

結論から先にお伝えしますと、バイカラードレスは絶対NGというわけではありません。
カジュアルなスタイルの結婚式であれば大丈夫です。

とはいえ、

「配色が白・黒のバイカラードレスは?」
「縦に2色のバイカラードレスでも?」
「親族や受付係が着ても良いの?」

など、いろいろと悩みますよね。

ということで今回は、『結婚式でのバイカラードレス』について解説。

結婚式での『バイカラードレスマナー』から、女性ゲストの皆さんが気になる『おすすめバイカラードレス&参考コーデ』まで、まとめて紹介します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は『ひざ下丈』など長めの丈がマナーです。
掲載画像ではモデルさんの身長等により『ひざ上丈』になっているものもあります。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、『コーディネートの参考』としてご覧ください。

結婚式お呼ばれは『レンタルドレス』がお得!
6泊7日2,900円~&業界最大級の品揃えが魅力の『おしゃれコンシャス』で。

スポンサーリンク

バイカラードレスとは

『2色使い』という意味の『バイカラー』。
『ツートンカラー』も意味は同じです。

上下で異なる配色はもちろん、縦に2色のデザインなど種類は様々。
バイカラーのワンピースドレス&パンツドレスは、最近のパーティーシーンでもトレンドとなっています。

画像:バイカラーワンピースドレス

画像:バイカラーパンツドレス

画像:縦のバイカラードレス

結婚式ではダメなの?バイカラードレスの基本マナー

「結婚式のお呼ばれではバイカラーのドレスはダメ」

といった噂がありますが、実際はどうなのでしょう。

日本フォーマルウェア協会認定の『フォーマルスペシャリスト資格』を持つ私がズバリ解説。
さらに『フォーマルショップスタッフ』&『マナー講師』といった知人にも確認してみました。

バイカラードレスは大丈夫!

結論から言いますと、バイカラーのワンピースやパンツドレスを、結婚式で着用してもマナー違反にはなりません。
バイカラードレスで結婚式にお呼ばれしても大丈夫です。

バイカラードレスは、上下異なる配色や2色使いであることから、

「色が分かれている=別れ」

といった意味で縁起が悪い…なんて事のようですが、この理由には何の根拠もありません。

ただしカジュアル寄りのスタイル

「縁起が悪いからNG」という理由には何の根拠もありません。

しかし『フォーマルの視点』から考えると、バイカラードレスはカジュアル寄りのスタイル。
先ほど紹介したバイカラードレスを改めて確認すると、何となくカジュアルな雰囲気に感じませんか。

ドレスの配色においては、単色無地の方が『よりフォーマルなスタイル』です。

2色使いといったバイカラーのドレスは『カジュアルな印象』。
フォーマルの視点からは格下の扱いになります。

カジュアルな結婚式で

フォーマルドレスとしては格下の扱いとなるバイカラードレス。

しかし招待された結婚式が、『カジュアルなスタイル』であれば何も問題もありません。
結婚パーティーや二次会などでは、個性的なドレススタイルとしてオススメです。

フォーマルショップで働く知人に話を聞くと、

「格式高い結婚式に招待された方には『バイカラードレス』をオススメしない」

とのことでした。

上半身が白系のバイカラードレスでも大丈夫?

「上半身が白っぽいバイカラードレスは大丈夫?」

ということを気にされる方もいらっしゃるようです。

上半身しか見えないことが多い着席時。
他のゲストの方から、

「新婦の白を着ている…」

と、思われてしまう可能性も考えられます。

勘違いされない工夫が必要

上半身が白っぽいバイカラードレスは、『絶対にNG』ということではありません。
ただし出席者の中には、それをマナー違反と思う方がいらっしゃる可能性があります。

上半身が純白やオフホワイトのバイカラードレスは避けた方が無難です。

また白に近い色の場合も注意が必要。
濃い色の羽織り物をあわせるなど、白い服装と間違われないようなコーディネートにすると良いでしょう。

画像:バイカラードレス&ボレロ

ベージュもダメ?

純白やオフホワイトに近い色のベージュについては避けた方が無難です。
しかし、色味の強いベージュ(ピンクベージュやアプリコットベージュなど)は特に問題ありません。

画像:ピンクベージュのバイカラードレス

このベージュは大丈夫かな?

『純白』や『オフホワイト』に比べれば、色味の濃いベージュ。
しかし、会場の照明によっては『白』に見えてしまうことも。

どうしても気になる方は、

  • 最初から避ける
  • 羽織りものをあわせる

といった工夫をオススメします。

親族・受付係のバイカラードレスマナー

親族はゲストを迎える側の立場のため、よりフォーマル感の高い服装が求められます。

比較的年齢の若い方に人気のバイカラードレスですが、新郎新婦の姉妹やいとこなど、親族の方は避けた方が無難。
よりフォーマル度の高い、単色のワンピースドレスなどをオススメします。

また受付係を依頼された場合も、バイカラードレスは避けた方が無難。

『主催者側の立場』となる受付係は『フォーマル度の高い装い』にすることが大切です。
親族の方と同じく、バイカラー以外のドレスをオススメします。

バイカラードレスでお呼ばれ!オススメ&参考コーデ

カジュアルウェディングや二次会などでは、華やかな装いとして活躍しそうなバイカラードレス。
ということで、結婚式お呼ばれにオススメ&参考になるコーディネートをいくつか紹介します。

黒レース&カーキのバイカラードレス

上半身は黒レース&下半身がカーキのバイカラードレス。
フレア&フィッシュテールのスカートが、とてもエレガントな雰囲気のドレスです。

画像:黒レース&カーキのバイカラードレス

ネイビー&ブラックのバイカラードレス

上半身がネイビー、下半身がブラックのバイカラーワンピースドレス。
濃い目の配色ながら華やかな印象のスタイルです。

画像:ネイビー&ブラックのバイカラーワンピースドレス

グレー&ベージュのバイカラードレス

グレー&ベージュのバイカラードレス。
落ち着いた雰囲気の配色ながら、柔らかい印象のオーガンジーが女性らしい可愛らしさを演出。

画像:グレー&ベージュのバイカラードレス

ピンク&ブラックのバイカラーパンツドレス

上半身がピンク、下半身がブラックのバイカラーパンツドレス。
ウエストにフリルがついたスタイルで、大人っぽさと可愛らしさをあわせたパンツドレスです。

画像:ピンク&ブラックのバイカラーパンツドレス

ベージュ&ネイビーの縦バイカラードレス

縦のベージュ&ネイビーが個性的なバイカラードレス。
サイドリボンが女性らしさを演出。
二次会や結婚パーティーといった場面にピッタリのバイカラードレスです。

画像:ベージュ&ネイビーの縦バイカラードレス

ベージュ&ブラックの縦バイカラードレス

中央のベージュ&両サイドのブラックが面白いバイカラードレス。
他のゲストと被らない個性的なデザインのドレスは、気心知れた友人が集まる二次会や結婚パーティーに最適です。

画像:ベージュ&ブラックの縦バイカラードレス

ベージュドレス&バイカラージャケットコーデ

ベージュのワンピースドレス&バイカラージャケットのコーディネート。
シャープな印象のバイカラージャケットは、羽織るだけで都会的な印象になります。

画像:ベージュドレス&バイカラージャケットコーデ

結婚式お呼ばれは『レンタルドレス』がお得!
6泊7日2,900円~&業界最大級の品揃えが魅力の『おしゃれコンシャス』で。

まとめ

ということで今回は、結婚式お呼ばれでのバイカラードレスについて解説しました。

カジュアルなスタイルの結婚式であれば、バイカラードレスでお呼ばれしても大丈夫です。

特に二次会や結婚パーティーなどには最適。
他のゲストとは異なる『個性的なスタイル』を演出できるのでオススメです。

上下のバイカラーや縦のバイカラーはもちろん、ワンピースドレスやパンツドレスなどデザインの種類も様々。

あなたにピッタリのバイカラードレスで、結婚式の雰囲気を楽しみましょう。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)