結婚式のような『フォーマルシーン』では、その場に適した服装のルールを守ることが重要です。

女性ゲストの方は『ドレス』など『洋装』が一般的ですが、

  • 結婚式がおこなわれる時間帯
  • どんな立場で招待されたか

などによって、着用する装いが異なります。

もちろん『和装』でお呼ばれする場合でも、『決まり』を守ることが大切。
『洋装』『和装』のルールにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

ということで今回は、『結婚式での女性の礼装』について解説。

わかりやすい画像付きで、『洋装(ドレス・スーツなど)』『和装(着物)』の基本ルールをまとめて紹介します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は『ひざ下丈』など長めの丈がマナーです。
掲載画像ではモデルさんの身長等により『ひざ上丈』になっているものもあります。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、『コーディネートの参考』としてご覧ください。

スポンサーリンク

礼装について

『礼装』とは、冠婚葬祭といった儀式に出席するための正式な服装のこと。
その際に着用する衣服の事を『礼服』『フォーマルウェア』と呼びます。

礼装の種類

『礼装』には以下の種類があります。

洋装の場合

正礼装 最も格式が高い装い
準礼装 正礼装に準ずる装い
略礼装 準礼装より格式が下の装い

和装の場合

正礼装(第一礼装) 最も格式が高い装い
準礼装 第一礼装に準ずる装い
略礼装 準礼装より格式が下の装い

女性の礼装の基本ルール

『女性の礼装』の基本ルールは以下のとおりです。

結婚式で洋装を着用する場合

ドレスといった『洋装』の場合は、『立場』『時間帯』により装いが異なります。
結婚式の時間帯が、

  • 午前中から18時(冬は17時)までであれば『昼の装い』
  • 18時(冬は17時)以降であれば『夜の装い』

を着用します。

洋装での女性の正礼装

正礼装は、『新婦』『両家の母親』『媒酌人夫人』が主に着用する装いです。

正礼装 アフタヌーンドレス
イブニングドレス
洋装での女性の準礼装

準礼装は、『親族』『主賓』『ゲスト』が主に着用する装いです。

準礼装 セミアフタヌーンドレス
ディナードレス
カクテルドレス
洋装での女性の略礼装

略礼装は、格式ばらない結婚式・披露宴、二次会のゲストが主に着用する装いです。

略礼装 カジュアル過ぎないドレスアップスタイル
カジュアル過ぎないドレスアップスタイル(昼より華やかに)

お呼ばれドレスは『レンタル』がお得!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」

安心の1週間レンタル!受取&返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。

結婚式で和装を着用する場合

『着物(和装)』の場合は、『立場』『既婚・未婚の違い』で装いが異なります。
時間帯による装いの違いはありません。

和装での女性の正礼装(第一礼装)

正礼装(第一礼装)は、『新婦』『親族』『媒酌人夫人』が主に着用する装いです。
ただし、未婚の正礼装である『振袖』は、友人ゲストが着用しても構いません。

正礼装(第一礼装) 既婚 黒留袖
色留袖(五つ紋)
未婚 振袖
色留袖(五つ紋)
和装での女性の準礼装

準礼装は、『親族』『主賓』『ゲスト』が主に着用する装いです。

準礼装 既婚・未婚問わず 色留袖(三つ紋、一つ紋)
訪問着(格調高い柄のもの)
色無地(三つ紋、一つ紋)
和装での女性の略礼装

略礼装は、カジュアルな結婚式・披露宴、二次会のゲストが主に着用する装いです。

略礼装 既婚・未婚問わず 付け下げ
江戸小紋(格調高い柄のもの)

女性の正礼装(洋装)とは

最も格式の高い『礼装』である『正礼装』。
結婚式では、

  • 新婦
  • 両家の母親
  • 媒酌人夫人

が主に着用する装いです。

昼の装い

女性の正礼装での、昼の装いは『アフタヌーンドレス』です。

画像:アフタヌーンドレス

アフタヌーンドレス

出典ママズドレス様

アフタヌーンドレスの着こなし
ドレス 衿元が詰まり、長袖から7~8分丈で肌の露出が少ないもの
ワンピース形式のロングドレスが正式だが、アンサンブル、ツーピース、スーツでも良いが上下同色同素材のもの
スカート丈はノーマルから靴先が見えるヒール丈の間で選ぶ
素材 シルクなど光らない素材のもの
バッグ シルクやベルベットなどの布製で小型のもの
ドレスと共布だと格調高い
アクセサリー パールなど光らない素材のもの
コサージュもよい
革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス
その他 帽子や手袋を着用する場合は服と合わせたもの

最近は『洋装』を着用する新郎新婦のお母様も増えています。

両家の母親は『正礼装』が基本。
なお、お母様のドレスコーデについては『結婚式での母親の服装マナー!ドレス&洋装の参考コーデを画像解説』という記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

夜の装い

女性の正礼装での、夜の装いは『イブニングドレス』です。

画像:イブニングドレス

出典楽天市場:ユニベティ様

イブニングドレスの着こなし
ドレス 袖がなく、胸元や背中、肩を出した、ワンピース形式のロングドレス
スカート丈は、床までのフロア丈や靴先が見えるヒール丈が一般的
ストラップショルダーやワンショルダー、ベアトップなどデザインは様々
素材 ラメ地やブロケード、サテンなど輝きのある華やかな素材のもの
バッグ ドレスと共布、もしくはビーズやスパンコール、金糸・銀糸などで小型のもの
アクセサリー 宝石類など光る素材を使った華やかなもの
ドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス
金や銀でもよい
その他 帽子はかぶらず、手袋を着用する場合はひじ上までの長いもの
手袋はバッグに添えて持つだけでも格調が高くなる

最近は『洋装』を着用する新郎新婦のお母様も増えています。

両家の母親は『正礼装』が基本。
なお、お母様のドレスコーデについては『結婚式での母親の服装マナー!ドレス&洋装の参考コーデを画像解説』という記事で詳しく紹介していますので参考にしてください。

女性の準礼装(洋装)とは

正礼装に準ずる装いが『準礼装』。
結婚式では、

  • 親族
  • 主賓
  • ゲスト

が主に着用する装いです。

昼の装い

女性の準礼装での、昼の装いは『セミアフタヌーンドレス』です。

画像:セミアフタヌーンドレス

出典楽天市場:パーティードレス通販!PourVous様

画像:セミアフタヌーンドレス(レース柄)

出典ドレスレンタルショップ Cariru様

セミアフタヌーンドレスの着こなし
ドレス ワンピースやアンサンブル、ツーピース、セパレーツなど、アフタヌーンドレスよりもデザインは自由
スカート丈の制約は特にないが、ひざ丈より長めの丈が一般的
素材 シルク、上質のウール、化繊など光らない素材のもの
無地が基本だが、無地にみえる柄物(水玉、花柄など)も可
バッグ 布製で小型のもの
トレンドを取り入れたファッション性のあるものも良い
アクセサリー パールなど光らない素材のもの、コサージュなど
革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス
その他 帽子(室内ではつばのない帽子)や手袋を着用する場合は服と合わせたもの

夜の装い

女性の準礼装での、夜の装いは『ディナードレス』『カクテルドレス』です。

画像:ディナードレス

ディナードレス

出典レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

画像:カクテルドレス

カクテルドレス

出典レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

ディナードレス・カクテルドレスの着こなし
ドレス ディナードレスは、衿なしで袖のついたロングドレス形式が基本
袖が付いていれば衿ぐりや背中、肩が開いていても良い
カクテルドレスは、イブニングドレスよりも自由なデザインのドレス
スカート丈がノーマル丈からミディ丈のワンピースやパンツスーツなど
素材 サテンなど光る素材のもの
バッグ ビーズやエナメル、光沢のあるシルクなどで小型のもの
アクセサリー 宝石類など光る素材を使ったゴージャスなもの
ドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス
金や銀でもよい
その他 帽子はかぶらず、手袋を着用する場合は、長さ・素材を服と合わせて

女性の略礼装(洋装)とは

準礼装より格式が下の装いが『略礼装』。
略礼装は、格式ばらない結婚式・披露宴、二次会のゲストが主に着用する装いです。

ポイント

略礼装は、「平服でお越しください」と断りがあった場合の基準の装いでもあります。

昼の装い

略礼装ではアイテムやスタイリングに制約はありません。
ただし『ドレスアップすること』が原則です。

画像:バイカラーのドレープドレス

出典楽天市場:PourVous(プールヴー)ドレス通販様

画像:総レースのパンツドレス

出典楽天市場:パーティードレス通販!PourVous様

略礼装(昼)の着こなし
ドレス トレンドを取り入れた、ドレッシーなワンピースやアンサンブル、ツーピースなど
素材 カジュアルにならない素材やデザインを選ぶ
特にパンツスタイルの場合はフォーマル感を意識することが大切
バッグ フォーマル仕様のものが基本
正礼装、準礼装のバッグをコーディネートすると良い
アクセサリー トレンドを意識したアクセサリーなど
パール系のアクセサリーを取り入れると格式をあげることができる
革製(スエードやカーフ)、布製(サテン)などのパンプス

夜の装い

昼と同様、略礼装ではアイテムやスタイリングに制約はありません。
ただし『ドレスアップすること』が原則です。

画像:ワンピースドレス

画像:フラワープリントドレス

略礼装(夜)の着こなし
ドレス トレンドを取り入れた、ドレッシーなワンピースやアンサンブル、ツーピースなど
素材 ラメなど光る素材で夜の華やかな雰囲気を演出する
特にパンツスタイルの場合はフォーマル感を意識することが大切
バッグ ビーズやエナメル、光沢のあるシルクなどで小型のもの
アクセサリー 宝石類など光る素材を使った華やかなもの
ドレスと共布、バッグなどに合わせたパンプス

女性の和装(着物)の礼装とは

和装には時間帯による装いの違いはありません。
基本的には立場によって装いを決めます。

着物の場合は、種類によって格の上下が明確。
洋装との一番の違いは、既婚か未婚かで礼装に違いがあることです。

親族の着用が一般的

和装は親族の着用が一般的。
一般招待客が着物を着用する場合は、準礼装もしくは略礼装を選びましょう。
ただし未婚女性の場合は、正礼装にあたる振袖の着用も可能です。

既婚者の正礼装

既婚者の和装の正礼装は『黒留袖』。
結婚式では新郎新婦の母親や、既婚の親族が着用します。

また黒留袖に準ずる『色留袖』も既婚者の正礼装となります。

年齢が若い既婚者は色留袖も

『色留袖』とは、地色が黒以外の留袖のこと。
五つ紋が染め抜かれたものは、黒留袖と同格の礼装となります。
既婚者の方でも年齢が若い場合は『色留袖』がオススメです。

画像:黒留袖

黒留袖

出典京都かしいしょう様

正礼装(黒留袖)の着こなし
着物 黒無地に五つ紋が染め抜かれたもの
金・銀の錦や唐織の丸帯か袋帯
帯締め 金・銀や佐賀錦
帯揚げ 白の紋綸子や白地絞り
バッグ・草履 錦など布製(そろいでなくとも可)
黒骨で金銀地紙の扇

画像:色留袖

色留袖

出典京都かしいしょう様

正礼装(色留袖)の着こなし
着物 黒無地以外で紋が染め抜かれたもの
錦織や唐織などの礼装用袋帯を二重太鼓などに結ぶ
帯締め 金・銀や佐賀錦
帯揚げ 白の紋綸子や白地絞り
バッグ・草履 錦など布製(そろいでなくとも可)
黒骨で金銀地紙の扇

未婚者の正礼装

未婚女性の和装の正礼装は『振袖』です。
振袖には『大振袖』『中振袖』『小振袖』があり、『大振袖』がもっとも格が高いものになります。

ただし『大振袖』は、新婦がお色直しで着ることが多く、親族や一般招待客は『中振袖』『小振袖』を着用するのが基本です。

色留袖も

現在では『色留袖(五つ紋)』も未婚者の正礼装として着用することが一般的に。
新郎新婦に近い親族の方(姉妹など)にオススメです。

画像:振袖

振袖

出典京都かしいしょう様

和装の準礼装

正礼装に準ずる装いが準礼装です。
結婚披露宴全般で、既婚・未婚問わず着用できます。

着物の準礼装には、以下のものがあります。

  • 色留袖(三つ紋、一つ紋)
  • 訪問着(格調高い柄のもの)
  • 色無地(三つ紋、一つ紋)

和装の略礼装

格式ばらない披露宴や「平服で」との断わりのある場合、二次会といった比較的カジュアルな結婚式でのスタイルです。
既婚・未婚問わず着用できます。

着物の略礼装には、以下のものがあります。

  • つけさげ
  • 江戸小紋(格調高い柄のもの)

まとめ

ということで今回は、『女性の正礼装・準礼装・略礼装』について解説しました。

結婚式といったフォーマルシーンでは、その場に適した『装い』を選ぶことが大切。

  • 結婚式がおこなわれる時間帯
  • どんな立場で招待されたか

などによって異なる、『ルール』を守った服装選びを心がけましょう

お呼ばれドレスは『レンタル』がお得!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」

安心の1週間レンタル!受取&返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。

おすすめ記事(一部広告を含む)