結婚式での『ドレス』『靴』などを準備中の女性の皆さん。
結婚式では『ストッキング』にもマナーがあることはご存知ですか。

フォーマルシーンにおいて、

「ストッキングを履かない」

というのはNG。
結婚式のお呼ばれドレスに『ストッキング』は必須アイテムです。

そんな結婚式での『ストッキング』について、

「どんなストッキングを選べば良いの?」
「黒いストッキングって大丈夫?」
「夏の結婚式でもストッキングを履くの?」
「冬の結婚式にタイツを履きたいけど大丈夫?」

など、いろいろと気になりますよね。

ということで今回は、『結婚式でのストッキング』に関するお悩みを解決。

結婚式にお呼ばれする際に役立つ、

  • ストッキングマナー
  • ストッキングの選び方
  • オススメのストッキング

などをまとめて紹介します。

スポンサーリンク

結婚式お呼ばれでのストッキングのマナー

結婚式にドレスなどの『洋装』でお呼ばれする際の、『ストッキング』のマナーについて解説します。

ストッキングを履かないのはNG!

結婚式のようなフォーマルシーンでは、『ストッキング』を履くのが正しいマナー。

  • ドレス
  • フォーマルスーツ

といった、『洋装』で結婚式にお呼ばれする際は『ストッキング』を必ず着用しましょう。

どんな美脚自慢の方でも『生足』『素足』はマナー違反。
『ストッキングなし』で結婚式にお呼ばれするのは避けましょう。

パンツスタイル・ロングドレスでも履く

結婚式に『パンツスタイル』で出席する場合も、『ストッキング』を履くのがマナー。
また『ロングドレス』を着る場合も必須です。

膝下丈のストッキングでもOK

『パンツスタイル』『ロングドレス』の場合では、

  • 膝下丈のストッキング

でも大丈夫です。
なお、『パンツスタイル』で腰までのストッキングを着用すると、

  • 下着のラインを見えづらくする
  • スタイルアップ

といったメリットもあります。

参考:膝下丈のストッキング

パンツスタイル』『ロングドレス』については、以下の記事で詳しく解説しています。
ぜひ参考にしてください。
→ 『結婚式でパンツドレスはダメなの?パンツスタイルのマナー&コーデ集
→ 『【結婚式お呼ばれ】ロングドレスはOK?ロング丈のマナー&コーデ術

夏の結婚式でもストッキングを履く

気温の高い『夏の結婚式』でも『ストッキング』は必須です。

「暑いから履かなくてよい」

ということはありません。

移動時は履かなくても良い

どうしても気になる方には、

  • 会場の更衣室で履く

などの方法をオススメします。

結婚式会場までの移動時であれば『ストッキング』は不要。
会場内の更衣室などで『ドレス』に着替える際に履けば大丈夫です。

タイツは基本NG!冬の結婚式でもストッキング

『ストッキング』より厚手で防寒対策にもなる『タイツ』。
秋冬や春先など、寒い時期の結婚式で『タイツ』を履きたい方もいらっしゃるのでは。

『ストッキング』では寒いからと、結婚式で『タイツ』を履くのはNG。
冬の結婚式でも『ストッキング』を履きましょう。

ストッキングとタイツはデニールの違い

『ストッキング』と『タイツ』は、

  • 使用している糸の太さ(重さ)を表す単位『デニール』

の違いです。
『デニール』の数値が大きいほど、厚く保温力の高いものになります。

メーカーにより異なりますが、

  • 30デニール未満のものを『ストッキング』
  • 30デニール以上のものを『タイツ』

と呼ぶのが一般的です。

結婚式に最適なストッキングの選び方

結婚式にドレスなどでお呼ばれする際に必須の『ストッキング』。
つづいては、結婚式に適した『ストッキング』の選び方を紹介します。

ベージュが基本!ストッキングの色選び

結婚式で着用する『ストッキング』の色は、

  • ベージュ系

が基本です。
ベージュ系の『ストッキング』の中から、

  • ご自身の肌の色
  • お呼ばれドレスの色

などにあったものを選ぶと良いでしょう。

参考:ネイビードレス&ベージュ系ストッキング

黒ストッキングは基本NG

結婚式で『黒ストッキング』は基本的にNGとされています。

お葬式など『喪』のイメージが強い、

  • 光沢感のない『黒ストッキング』

を履くのは避けましょう。
その他にも、

  • グレー
  • 薄い黒

などの『ストッキング』も避けた方が無難。
また反対に、

  • 派手な色のストッキング
  • 原色系のカラータイツ

といった、悪目立ちするような色の『ストッキング』もNGですので注意しましょう。

ラメ入り黒ストッキングも

結婚式には様々なゲストが招待されます。
出席者の中には、『黒』を忌み嫌うご年配の方がいらっしゃるかもしれません。

  • ラメ入りの黒ストッキング
  • 光沢感がある黒ストッキング

だとしても、基本的には避けた方が無難です。

ストッキングの柄は小さめで

結婚式では、

  • 大きく派手な柄のストッキング
  • 網タイツ

などはNG。
悪目立ちするような柄の『ストッキング』は避けましょう。

アンクレット柄などがオススメ

結婚式での『ストッキング』の柄は、

  • 小さめで品がよいもの

が最適。
『アンクレット柄』が入った『ストッキング』などがオススメです。

参考:アンクレット柄入りストッキング

二次会などではストッキングもカジュアルに

最近は『レストランウェディング』など、カジュアルな結婚式も多くなってきました。
また結婚披露宴には出席せず、『二次会だけ』といった方もいらっしゃるかと思います。

親族の方も参加する『レストランウェディング』などでは、カジュアルウェディングとはいえベージュ系の『ストッキング』がオススメです。

しかし、気心知れた仲間内での、

  • 結婚パーティー
  • 二次会

などでは、

  • ラメ入りの黒ストッキング
  • カラータイツ
  • 遊び心のあるストッキング

で『足もとのオシャレ』を楽しむのも良いでしょう。

パーティー会場に注意

二次会などが開催される場所が、

  • 高級ホテル
  • ドレスコード指定がある会場

といった場合は、ベージュ系の『ストッキング』をオススメします。

結婚式にオススメのストッキング

結婚式お呼ばれにオススメの『ストッキング』を紹介します。

伝線しにくいストッキング

『ストッキング』の天敵といえば『伝線』。
せっかくの結婚式で伝線するのは嫌なものです。

最近は伝線しにくい『ストッキング』の種類も様々。
結婚式にオススメの『ストッキング』です。

【あなたにオススメ!】
結婚式お呼ばれでの『ストッキング』は、『伝線しにくいストッキング』が便利。

アンクレット柄入りストッキング

結婚式に『柄ストッキング』でお呼ばれするなら、小さな柄の『ストッキング』がオススメ。
左足首に繊細な『アンクレット柄』が入った、さりげないオシャレが素敵な『ストッキング』です。

【あなたにオススメ!】
結婚式お呼ばれでの『柄ストッキング』は、『アンクレット柄入りストッキング』が人気。

マタニティストッキング

妊娠中のおなかをすっぽり包む伸縮性にすぐれた『ストッキング』。
結婚式にお呼ばれする妊婦さんにオススメの『ストッキング』です。

ファンデーションテープ(傷・あざ隠し)

脚にある『傷』『あざ』などを隠すのに役立つ『ファンデーションテープ』。
ふくらはぎに『大きなあざ』があって悩んでいた友人に教えてもらった商品です。

「ストッキングを履いても傷が目立ってしまう」
「本当は黒ストッキングで傷を隠したい」

という方にオススメします。

『傷』『あざ』などを隠したい方は、『ファンデーションテープ』で。

まとめ

ということで今回は、『結婚式でのストッキング』について解説しました。

結婚式に『ドレス』といった『洋装』でお呼ばれする場合では、

  • 必ず『ストッキング』を履く

のがマナーです。
『ストッキング』なしはNGですので注意しましょう。

結婚式にオススメの『ストッキング』は、

  • 色はベージュ系
  • 柄は小さいもの(アンクレット柄など)

を選ぶことが大切。
『タイツ』のほか、『悪目立ち』するようなデザインの『ストッキング』はNGなので注意しましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)