お呼ばれドレスの『羽織もの』として一般的な『ボレロ』。
結婚式でのドレススタイルを華やかにする人気アイテムです。

そんな『羽織もの』の定番である『ボレロ』ですが、

「何かボレロってダサい…」
「ボレロなんて古い…」

など、最近は様々な理由から、

「結婚式でボレロを着たくない」

と考える方も多いようです。

『ボレロ』は定番&人気のアイテムですが、絶対に必要なアイテムではありません。
あるポイントに注意すれば、

  • ボレロなし
  • ボレロ以外

でも大丈夫です。

ということで今回は、結婚式での『ボレロなし』『ボレロ以外』について参考コーデ&ポイントを解説。

ボレロを着たくない女性ゲストの皆さん必見!
結婚式のお呼ばれに役立つ『ボレロなし』&『ボレロ以外』のスタイルを紹介します。

お呼ばれドレスは『レンタル』がお得!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」

安心の1週間レンタル!受取&返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。

ボレロを着たくない!抑えるポイントとは

結婚式での『ボレロ』には、

  • ドレススタイルを華やかにする
  • 肌の露出を抑える

などの役目があります。

「どうしてもボレロを着たくない」

といった場合は、特に『肌の露出を抑える』という部分に注意することがポイントです。

夜の結婚式なら

『夜の結婚式へのお呼ばれ』であれば、余ほど過度でない限り『肌の露出』は大丈夫。
ただし、昼の結婚式にお呼ばれする場合などでは注意が必要です。

フォーマルウェアのルールを意識する

結婚式などのフォーマルシーンでは、『装いのルール』があります。
特に『昼の結婚式』『キリスト教挙式』にお呼ばれする際は、肌の露出を控えることが大切です。

『ボレロ』は肌の露出を抑える際に便利なアイテム。
手持ちのドレスが『ノースリーブ』など、肌の露出が多い場合はとても役に立ちます。

反対のことを言えば、最初から肌の露出が控えめのドレスを着用するなら『ボレロ』は不要。
また『ボレロ以外』の『羽織もの』を活用するといった方法もあります。

ボレロ以外のおすすめアイテム

お呼ばれドレスの『肌の露出』を抑えるのに便利な『ボレロ』。
しかし『ボレロなし』『ボレロ以外』のアイテムを探している方も多いようです。

つづいては、結婚式お呼ばれで役立つ『ボレロ以外』のアイテムを紹介します。

最近のトレンド!袖ありドレス

「ボレロはダサいし古い」
「ボレロなんて着たくない」
「羽織ものはイヤ!ボレロなしが良い」

という方に最適なのが、長袖や七分袖といった『袖ありドレス』。
最近のトレンドでもあり、デザインの種類も豊富でオススメのアイテムです。

レース袖スカートドレス

袖あり総レーススカートドレス

チュール&レース袖パンツドレス

きっちり感が魅力!ジャケット

結婚式のお呼ばれドレスにあわせる『羽織もの』には様々な種類があります。

『ボレロ以外』では『ジャケット』も定番&人気のアイテム。
着丈・袖丈が長めのものが一般的で、『ボレロ』よりも『きっちり感』が演出できる羽織ものです。

ボレロとジャケットの違い

一般的に『ジャケット』と『ボレロ』には、

  • 着丈が長めで、前留めのボタンなどが付いているのが『ジャケット』
  • 着丈が短めで、前留めがないのが『ボレロ』

といった特徴・違いがあります。

長袖ジャケット

長袖ノーカラージャケット

長袖ペプラムジャケット

大人っぽさを演出!ショール&ストール

結婚式での『羽織もの』としては、『ショール』『ストール』も人気があります。

巻き方や結び方によって、様々な雰囲気を楽しめるのが『ショール』『ストール』の魅力。
ただ羽織るだけでも、簡単に大人っぽさを演出することが可能です。

ラメニットショール

大判ラメニットショール

レースショール

ボレロなしでお呼ばれ!参考コーデ集

結婚式では定番の『羽織もの』である『ボレロ』。
最近は様々な理由から、

「ボレロを着たくない」

と考える方が増えているとのこと。

もちろん『ボレロなし』『ボレロ以外』でも、初めに解説したポイントを抑えてお呼ばれすれば大丈夫。
つづいては、『ボレロなし』でお呼ばれする場合の参考コーデを紹介します。

袖ありドレスコーデ7選

「ボレロなしでお呼ばれしたい」

と考えている女性ゲストにオススメなのが『袖ありドレス』。

最近は『袖ありドレス』のデザインも様々。
『羽織もの不要』という、手軽さが人気のお呼ばれスタイルです。

ネイビーのレース袖ドレス

お呼ばれドレスの定番色『ネイビー』の長袖ドレス。
首から腕にかけてのレースデザインが女性らしさを演出。

シンプルなパールネックレスや明るい色のバッグで、華やかな印象をプラスしたコーディネートです。

ブルーグレーの袖あり総レースドレス

お呼ばれドレスで注目の『グレー』。
明るい印象の『ブルーグレー』は特に人気があります。

スタンドネックのデザインが清楚でクラシカルな雰囲気を演出。
ベルトをすることでウエストラインにアクセントをプラスしたコーディネートです。

長袖バイオレットドレス

大人っぽい雰囲気が楽しめる色『バイオレット』。
シンプルなネックレスや小物類をあわせることで、落ち着いた印象のコーディネートに。

配色はもちろん、ドレスのデザインからも『華やか』で『どこか懐かしい雰囲気』を楽しめるスタイルです。

グレーの総レース長袖ドレス

最近のお呼ばれドレスでは『グレー』が人気。
配色は地味な印象ながら、総レースデザインで華やかな雰囲気の長袖ドレスです。

バッグなどの小物類にアクセントカラーを取り入れるのもオススメ。
フォーマルシーンに最適なエレガントなコーディネートです。

モーブピンクの長袖ドレス

お呼ばれドレスで1番人気の色といえば『ピンク』。
長袖のピンク系ドレスは『可愛らしさ』にエレガントな雰囲気をプラスします。

レース&チュールの2枚重ねのデザインが上品な印象。
ハイネックデザインなので、ネックレスなしでも清楚な雰囲気を楽しめます。

ネイビーの長袖パンツドレス

チューリップスリーブが特徴的な『ネイビー』のパンツドレス。
パンツドレスといえばカチっとした印象ですが、トップスのふんわりしたデザインで柔らかい雰囲気に。

ネックレスやバッグなどを明るい色でまとめれば華やかな印象に。
結婚式・披露宴に最適なコーディネートを楽しめます。

ネイビーの長袖ラップパンツドレス

スカートのような見た目が印象的な『ネイビー』のパンツドレス。
トップスのレースデザインが上品な印象のドレスです。

立ち姿はスカートドレスのようなラップパンツドレス。
落ち着いたネイビーには、明るい色の小物類をコーディネートするのがオススメです。

お呼ばれドレスは『レンタル』がお得!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」

安心の1週間レンタル!受取&返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。

ジャケットコーデ3選

「ボレロ以外を羽織りたい」

ということであれば、『ジャケット』も定番&人気アイテム。
『ボレロ』よりも『きっちり感』が演出できる羽織ものです。

ネイビージャケット

定番の『ネイビー』は『ジャケット』でも万能色。
様々なドレスとの相性も抜群です。

同じ『ネイビー』のドレスに羽織ると、さらに上品さがアップします。
親族の結婚式など、よりフォーマル感を演出したい場合にオススメのコーディネートです。

ベージュジャケット

『ベージュ』などの明るい色も『ジャケット』では人気があります。
『ベージュ』系の『羽織もの』も、様々なドレス色に対応できる便利な色です。

ラウンドカットのノーカラージャケットは柔らかい印象でオススメ。
ネイビー系など、落ち着いた色のドレスとの相性は抜群です。

ブラックジャケット

『ネイビー』と同様に『ジャケット』の定番色である『黒』。
フォーマルかつ、どんなドレスにもコーディネートしやすい万能色です。

明るい色のドレスに羽織ることで、落ち着いた雰囲気にすることが可能。
大人っぽさを演出したい場合にオススメのスタイルです。

お呼ばれドレスは『レンタル』がお得!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」

安心の1週間レンタル!受取&返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。

ショール&ストールコーデ3選

『ボレロ以外』の『羽織もの』としては、『ショール』『ストール』も結婚式の定番。
そのまま羽織るのはもちろん、巻き方や結び方で様々な表情が楽しめます。

シルバーショール

『ショール』『ストール』の定番色といえば『シルバー』。
どんなドレスにもコーディネートしやすい万能カラーです。

『ネイビー』のお呼ばれドレスとの相性も抜群。
ネイビードレスにシルバーショールを羽織れば、清楚で上品なスタイルに仕上がります。

ブラックショール

『黒』の『ショール』『ストール』も定番&人気のカラー。
重くなりがちな『黒』ですが、透け感のあるレースショールなら軽やかな印象に。

ラメ糸を使った華やかなショールをプラスすれば、お呼ばれコーデの幅も広がります。

ライトベージュストール

明るい印象の『ライトベージュ』の『ストール』も、お呼ばれドレスとの相性は抜群。
様々な色のドレスとの組み合わせを楽しむことができます。

特にネイビー系、ブラック系など、落ち着いた色のドレスとのコーディネートはオススメ。
大人っぽいエレガントな雰囲気のドレススタイルが楽しめます。

お呼ばれドレスは『レンタル』がお得!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」

安心の1週間レンタル!受取&返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。

まとめ

ということで今回は、『ボレロなし』『ボレロ以外』のお呼ばれドレスコーデ&ポイントについて解説しました。

定番の羽織ものである『ボレロ』ですが、

「あまりボレロは着たくない…」
「ボレロは邪魔」
「ボレロって正直イマイチ」

といった意見もあるようです。

結婚式のお呼ばれドレススタイルにおいて、『ボレロ』は必須アイテムではありません。
『昼の結婚式では肌の露出を控える』など、『フォーマルウェアのルール』を守っていれば『ボレロなし』『ボレロ以外』でも大丈夫です。

最近は『袖ありドレス』が人気で、『ボレロなし』『羽織もの不要』を希望する方にはオススメ。
また『ジャケット』『ショール』『ストール』など、『ボレロ以外』の『羽織もの』も様々です。

招待された結婚式の時間帯や雰囲気、手持ちのドレスとの相性などをふまえてコーディネートを楽しむと良いでしょう。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)