結婚式お呼ばれゲストのドレス色マナー!赤はアリ?事前に新婦に聞く?

女性の服装

結婚式に招待された女性の皆さん。当日は何色のドレスを着る予定ですか。

お呼ばれドレスの色選びには、意外と知らない注意点が。また、新婦のカラードレスと自分のドレス色が同じでも大丈夫かな…と気にされる方も多いのでは。

今回は、そんなお呼ばれドレスの「色」に関するお悩みを解決。事前に新婦にお色直しドレスの色を聞いたほうが良い?オススメのドレスの色は?など、結婚式でのドレスの色マナーを紹介します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は「ひざ下丈」など長めの丈がマナーです。掲載画像ではモデルさんの身長等により「ひざ上丈」になっているものもあります。

また柄物のドレス等も紹介しておりますが、無地の方が格が高くなります。格式高い結婚式などでは無地のドレスがおすすめです。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、コーディネートの参考としてご覧ください。

スポンサーリンク

お呼ばれドレスの基本的な色マナー

結婚式にお呼ばれする際、女性ゲストのドレスカラーは何でも良いわけではありません。

まずは基本的なドレスの色マナーについて紹介します。

白ドレスは絶対にNG!

結婚式のお呼ばれゲストが、白ドレスやワンピースを着用することはNGです。

結婚式で白いドレスを着用できるのは、主役である新婦のみ。これは基本マナーとして覚えておきましょう。

黒ドレスは素材とコーディネートに注意する

シンプルで着回しがきくため人気の黒ドレスやワンピース。そんな人気の色「黒」ですが、ポイントをおさえないとお葬式に行くような格好に...。

お祝いの席である結婚式に出席する際は、次のポイントに注意しましょう。

素材は必ず光沢のあるもの

華やかなお祝いの場である結婚式。黒ドレスやワンピースを着用する際も、華やかさがポイントになります。

光沢のある素材やラメ入りなど、華やかな素材の黒ドレスを選びましょう。

画像:光沢のある黒いドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

黒一色でまとめない

素材が華やかといっても、全体的に黒一色というのは避けるようにします。

ボレロ等の羽織もので明るい色を取り入れたり、華やかなアクセサリーをあわせるなど、黒一色とならないコーディネートを心がけると良いでしょう。

画像:黒いドレス&イエローベージュのボレロ

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

薄い色味のベージュドレスは避ける

柔らかい印象で、お呼ばれゲストのドレス色として人気のベージュ。もちろんベージュのドレスをゲストが着用しても大丈夫です。

ただし、一口にベージュといっても様々な種類があり注意が必要です。

薄い・明るめのベージュは注意

ベージュドレスの中には、白やアイボリーに近い色味のものもあります。

先ほども紹介したように、白は新婦の色でゲストが着用することはNG。明るめのベージュドレスは、遠めからは白ドレスと勘違いされる事もあるので注意が必要です。

濃い色の羽織もの等を上手にあわせる

「白に見えるかな...」と気になる方は、ネイビーや黒といった濃い色の羽織ものを上手にコーディネートすると良いでしょう。

全体的に何か白っぽい...というコーディネートを避ければ、白ドレスと勘違いされることもなくなりますよ。

画像:明るめのベージュドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

赤はアリ?その他の色について

結婚式はお祝いの席です。お呼ばれドレスには、その場を明るく華やかにする色が好まれます。

赤やネイビー、緑や淡いパステルカラーなど、あなたにピッタリなドレスで新郎新婦を祝福しましょう。

ただしカラフルになり過ぎて、変に目立つのはNGですよ。。。

画像:ワインレッドのドレス

落ち着いた赤いドレスで、華やかで大人の雰囲気に。

ワインレッドのドレス

出典:楽天市場:パーティードレス通販GIRL様

画像:ミントグリーンのドレス

柔らかなグリーンのドレス。シフォン素材&マキシ丈のデザインで優しく包み込むような印象に。

画像:ミントグリーンのドレス

出典:楽天市場:パーティードレス通販!PourVous様

画像:長袖ネイビードレス

長袖ネイビーワンピースドレスのシンプルコーディネート。パールのネックレスと、明るい色のバッグがアクセントに。

画像:長袖ネイビードレス

出典:楽天市場:パーティードレス通販!PourVous様

新婦にカラードレスの色を事前確認する?

お呼ばれドレスの色を選ぶ際、新婦のカラードレスとかぶらないよう事前に確認する必要はあるのでしょうか。

基本的には聞かなくてもよい

新婦がお色直しで着用するカラードレスの色を、お呼ばれゲストの方が事前に確認する必要はありません。

万が一、新婦のカラードレスとあなたのドレスの色が被ったとしても、マナー違反ではないのでご安心を。

事前に聞くと演出に影響も...

最近は「何色のドレスでお色直し入場するか」といったドレス色当てクイズなど、ゲスト参加型の演出をする新郎新婦も多くいます。

事前に聞くと、そんな二人の演出にも影響が。当日まで秘密にしておきたいという方も多いものです。

知っていたならば配慮が必要

注意するのは、事前に知らされていた場合です。このような場合は同じ色にならないよう配慮します。

姉妹など身近な方は、聞いている可能性が高いもの。もし聞いていた場合は注意しましょう。

どうしても気になるなら

どうしても気になる方は、新婦に「カラードレスは何色?」と聞くのではなく、「○色のドレスを着て行くけど大丈夫?」と確認すると良いでしょう。

季節別のドレスカラー人気ランキング

結婚式にお呼ばれする季節にあわせて、ドレスの色を選びたい方も多いのでは。

そんなあなたにオススメ。季節別に人気のドレスカラーを紹介します。

春(3・4・5月)にオススメの色

春をイメージする色といえば「パステルカラー」。明るく柔らかな色が最も似合う季節です。

画像:ピンクのドレス

春といえば、桜の花のようなピンクのドレス。特徴的なチューリップスリーブや、柔らかなサテン生地で全体的にフェミニンな雰囲気に。

画像:ピンクのドレス

出典:楽天市場:パーティードレス専門店DressingU様

夏(6・7・8月)にオススメの色

明るく元気で清涼感ある色がピッタリの夏。青や緑、ひまわりのような黄色などもオススメです。

画像:黄色系のドレス

ひまわりのような明るく元気な黄色のドレス。夏の日差しにピッタリのドレス色です。

黄色系のドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

秋(9・10・11月)にオススメの色

落ち着いた配色をイメージする秋。落ち着いた黄色や深みのあるグリーンなどがオススメです。

画像:緑色系のドレス

深みのあるグリーンのドレス。秋の落ち着いた雰囲気にピッタリの色です。

緑色系のドレス

出典:レンタルドレスのおしゃれコンシャス様

冬(12・1・2月)にオススメの色

寒い冬には暖色系の色がおすすめ。ボルドーやキャメルなどで大人の雰囲気に。

画像:キャメルのドレス

大人の雰囲気を漂わせる「キャメル」のドレス。30代、40代の女性におすすめです。

キャメルのドレス

出典:楽天市場:RUIRUE BOUTIQUE様

通年人気はネイビー!

季節を問わない万能色はやっぱり「紺(ネイビー)」。お呼ばれドレスのデザインも豊富ですよ。

画像:ネイビーパンツドレス

ネイビーパンツドレスのシンプルコーディネート。カジュアルな結婚式や二次会におすすめのスタイルです。

画像:ネイビーパンツドレス

出典:楽天市場:パーティードレス通販!PourVous様

色選びに迷ったらレンタルドレス!

「ドレスの色選びで失敗したくない」「コーディネートに自信がない」というあなた。

また、結婚式にお呼ばれする機会が多く「毎回同じ色のドレスはイヤ!」という方には、料金も安いレンタルがおすすめ。

ドレス単体のレンタルはもちろん、コーディネートを参考にボレロやバッグ、袱紗などの小物類もレンタルできます。

おしゃれコンシャス

業界最大級のレンタルドレスショップ「おしゃれコンシャス」。

有名ブランドのドレスも、お手軽な料金でレンタルが可能。ドレスセットも充実しているのでコーディネートに自信がない方も安心です。

Cariru

結婚式や二次会に便利な、ドレスレンタルショップ「Cariru」。

ドレス以外にも、アクセサリーや靴、パーティーバッグ等の小物類が充実。きっとあなたの探している素敵なアイテムが見つかるかも!?

【文】GoGoWedding編集部
スポンサーリンク
おすすめ記事(一部広告を含む)

関連記事

このページの先頭へ