結婚式ではドレススタイルが一般的な女性ゲスト。
お呼ばれで着るパーティードレスのデザイン・種類も様々です。

パーティードレスには、袖なしデザインの『ノースリーブ』などもあり、

「結婚式のお呼ばれで着ても大丈夫?」

といったことでお悩みの方も多いのでは。

結婚式のお呼ばれで『ノースリーブドレス』を着ても問題はありません。
ただし詳細は記事内で解説しますが、

  • 昼の結婚式では『羽織もの』をプラス
  • 夜の結婚式ではそのままで大丈夫
  • カジュアルウェディングなら昼夜問わずOK

など、基本的なルールを守ることが大切です。

ノースリーブドレスには『変化を楽しめる』といったメリットも。
『結婚式・披露宴』『二次会』の両方にお呼ばれする場合では、

  • 結婚式・披露宴では『羽織もの』の重ね着コーデ
  • 二次会では『羽織もの』を外した華やかなコーデ

といった『2つのパターン』を楽しむことが可能です。

そんな意外と便利な『ノースリーブドレス』、

「結婚式での『ノースリーブドレス』のマナーが知りたい」
「『羽織もの』とのコーデが知りたい」
「重ね着に適した『羽織もの』は何?」
「腕や肩出しはどこまでOKなの?」
「結婚式にオススメのノースリーブドレスは?」

など、いろいろと気になりますよね。

ということで今回は、『結婚式でのノースリーブドレス』の疑問を解決。

結婚式お呼ばれでの、

  • 『ノースリーブ』の基本マナー
  • 羽織もの・重ね着コーデ
  • オススメのノースリーブドレス

などについてまとめて紹介します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は『ひざ下丈』など長めの丈がマナーです。
掲載画像ではモデルさんの身長等により『ひざ上丈』になっているものもあります。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、『コーディネートの参考』としてご覧ください。

結婚式ではダメなの?ノースリーブドレスのマナー

袖なしデザインが特徴的な『ノースリーブドレス』。

「結婚式の服装マナーとして大丈夫なの?」

など、気になっている方も多いのではないでしょうか。

結婚式のお呼ばれで『ノースリーブドレス』を着ることは問題ありません。
ただし、いくつか注意するポイントがあります。

まずは結婚式お呼ばれでの『ノースリーブドレス』のマナーについて解説します。

昼の結婚式では羽織ものをプラス

女性のフォーマルウェアの基本として、

  • 昼の結婚式では『肌の露出を控える』

というマナーがあります。
招待された結婚式が、

  • 午前中から18時(冬は17時)まで

の場合は、『肌の露出を控える』ことを覚えておきましょう。

上手に肌の露出を抑えればOK

昼の結婚式で『ノースリーブドレス』を着用する場合は、

  • ボレロ
  • ショール
  • ジャケット

といった、『羽織もの』を活用することがポイント。

当日のドレススタイルにあった『羽織もの』を、上手にコーディネートして肌の露出を抑えましょう。

夜の結婚式はそのままで大丈夫

招待された結婚式が、

  • 18時(冬は17時)以降から

の場合は、『夜の装い』にするのがポイント。

  • 肌の露出が多め
  • キラキラなアクセサリー

などで華やかさを演出すると良いでしょう。

華やかな雰囲気の『ノースリーブドレス』は『ナイトウェディング』にピッタリ。
もちろん、

  • 過度な肌の露出
  • 派手すぎるアクセサリー

などはNGですので注意しましょう。

カジュアルウェディングなら昼夜問わずOK

結婚式のスタイルによっては『ノースリーブドレス』のみで大丈夫な場合もあります。

最近は、

  • レストランウェディング
  • ゲストハウスウェディング

といった、ゲストとの距離が近い『アットホームな結婚式』が人気です。

このような『カジュアルスタイルの結婚式』は、『おもてなし感』が高くゲストの服装マナーも緩やか。
昼の時間帯であっても『ノースリーブドレス』だけで問題ありません。
もちろん、

  • 親しい友人だけでの『結婚・披露パーティー』
  • 二次会

でもOK。
『ノースリーブドレス』でお呼ばれしても大丈夫です。

会場の雰囲気に注意

格式高い会場や高級レストランなどでは注意が必要。
会場の雰囲気によっては『フォーマル度を重視した装い』でお呼ばれすることをオススメします。

ノースリーブ・肩出しはどこまでセーフ?

『ノースリーブドレス』には様々なデザインのドレスがあります。

招待された結婚式が、

  • カジュアルウェディング
  • ナイトウェディング

だから、『ノースリーブドレス』なら何でもOKということはありません。

結婚式には、新郎新婦の親族の方や恩師など幅広い年代の方が出席します。
『キャミソールドレス』『ベアトップドレス』など袖まわり云々のデザインより、

「胸もとなど過度の露出はないか」
「体のラインを強調するデザインではないか」
「主役の新婦より目立っていないか」

といった部分に注意すると良いでしょう。
何より自分が目立つのではなく、新郎新婦を祝福する気持ちが大切です。

画像で解説!肩出しはどこまで?OK・NGの境界線

『ノースリーブドレス』について女性が気になる、

「ノースリーブ・肩出しはどこまで?」

という疑問。
OK・NGの境界線をドレスデザイン画像で解説します。

参考画像:羽織ものが必要

腕・肩が出ている一般的な『ノースリーブドレス』。
昼の結婚式では『羽織もの』が必要なデザインです。

参考画像:羽織ものなしでもOK

腕は出ているが肩の部分に装飾があるドレス。
基本的に『羽織もの』がなくても大丈夫なデザインです。

ただし他のゲストに、『マナー違反』と勘違いされる可能性も。
気になる方は『羽織もの』も準備しておくと良いでしょう。

挙式に参列する場合は注意

『挙式』にも招待された場合は注意が必要です。

  • 教会
  • 神社仏閣

で行なわれる『挙式』にも参列する場合は、肌の露出を控えることが大切。

『ノースリーブドレス』には『羽織もの』をあわせ、肌の露出を抑えるようにしましょう。

真夏の結婚式なら大丈夫ですよね?

『昼の結婚式』『挙式』に出席する場合は、肌の露出を抑えることが大切です。

「夏だし暑いから」
「今日は気温が高いから」

といった理由だけで、ノースリーブドレスを着用するのは避けましょう。
もちろん、

  • 結婚式がカジュアルなスタイル
  • 夜の結婚式

であれば大丈夫です。

真冬の結婚式にノースリーブはアリ?

「寒い時期の結婚式に『ノースリーブドレス』は変ですか?」

といったことをよく聞かれます。
もちろん、冬の結婚式だから『ノースリーブドレスがNG』なんてことはありません。

結婚式が行なわれる会場内は空調設備がしっかりしています。
気になるようであれば『羽織もの』を持参し、会場に着いてから判断するのもオススメ。

暑い寒いといった気温より、

  • 結婚式が行なわれる時間帯
  • 結婚式のスタイル

などに注意すると良いでしょう。

カーディガンを羽織るのは?

結婚式お呼ばれでの『羽織もの』として、『カーディガン』は基本NG。
ニット素材の『カーディガン』はカジュアル感が強く、フォーマルシーンである結婚式には不向きなアイテムです。

結婚パーティー・二次会なら

カジュアルな印象の『カーディガン』ですが、結婚パーティーや二次会では活躍するアイテム。
ただし、編み目や凹凸模様が目立つ『ローゲージニット』の『カーディガン』は避けましょう。

『カーディガン』を羽織ってお呼ばれする場合は、

  • ハイゲージニット
  • ファンシーツイード

といった、光沢感があって華やかな素材の『カーディガン』を選ぶことがポイントです。

参考画像:ハイゲージニットのカーディガン

参考画像:ハイゲージニットのカーディガン

会場までの移動時に

会場まで『カーディガン』を羽織っての移動はもちろん大丈夫です。

  • 夏の移動時なら『サマーカーディガン』
  • 冬の移動時なら『ニットカーディガン』

などを活用すると良いでしょう。
会場到着後は『クローク』に預ければ問題ありません。

羽織ものを上手に活用!重ね着コーデ術

『昼の結婚式』などでは『羽織もの』で肌の露出を抑えるのがポイント。
『ノースリーブドレス』&『羽織もの』の重ね着コーデ術を紹介します。

ノースリーブドレス&ボレロ

結婚式での定番の『羽織もの』といえば『ボレロ』。
定番&人気の『羽織もの』だけあって種類も豊富です。

色や袖丈など、当日のドレススタイルにあった『ボレロ』をコーディネートすると良いでしょう。

  • ノースリーブドレス単体
  • ノースリーブドレス&ボレロコーデ

の一例を紹介します。

参考画像:グレーのノースリーブドレス

参考画像:グレーのノースリーブドレス&ボレロコーデ

ノースリーブドレス&ジャケット

大人スタイルの『羽織もの』といえば『ジャケット』。
『ジャケット』も結婚式での『羽織もの』として人気があります。

『ボレロ』ほどデザインの種類は多くありませんが、羽織るだけで簡単に落ち着いた雰囲気のドレススタイルに。

  • ノースリーブドレス単体
  • ノースリーブドレス&ジャケットコーデ

の一例を紹介します。

参考画像:モカカラーのノースリーブドレス

参考画像:モカカラーのノースリーブドレス&ジャケットコーデ

ノースリーブドレス&ショール・ストール

『巻き方』『結び方』の違いで様々なスタイルが楽しめる『ショール』『ストール』。
上品な華やかさを演出しやすい人気の『羽織もの』です。

羽織るだけでもエレガントなスタイルに。
持ち運びも簡単なので、一枚あると便利な『羽織もの』です。

  • ノースリーブドレス単体
  • ノースリーブドレス&ショール・ストールコーデ

の一例を紹介します。

参考画像:ワインレッドのノースリーブドレス

参考画像:ワインレッドのノースリーブドレス&ストールコーデ

あなたにオススメ!

「いつも同じドレスでお呼ばれするのはイヤ!」
「憧れのブランドドレスを着て行きたい!」
「コーディネートに自信がない…」

そんなお悩みは『レンタルドレス』で解決!

安心の1週間レンタル&受取・返却もラクラク!
【業界最大級の品揃え】が魅力の『おしゃれコンシャス』で。
レンタルドレスはおしゃれコンシャス

結婚式お呼ばれ!おすすめノースリーブドレス&コーデ集

  • ドレス単体では華やかな雰囲気
  • 『羽織もの』をあわせると上品なスタイル

など、『ノースリーブドレス』は複数のコーデが楽しめるアイテム。

結婚式や二次会で役立つ、オススメの『ノースリーブドレス』&『参考コーデ』を紹介します。

春の結婚式にオススメのノースリーブドレス

『春』は『淡い色』がピッタリの季節。
気象庁の区分によると、3月、4月、5月が『春』とのこと。

春の結婚式に『ノースリーブドレス』でお呼ばれする場合は、『ピンク』などのドレスがオススメです。

参考画像:ピンクのノースリーブドレス

参考画像:ピンクのノースリーブドレス&ストールコーデ

夏の結婚式にオススメのノースリーブドレス

『元気』『爽やか』などをイメージする『夏』。
気象庁の区分によると、6月、7月、8月が『夏』とのこと。

夏の結婚式に『ノースリーブドレス』でお呼ばれする場合は、『黄色』などのドレスがオススメです。

参考画像:イエローのノースリーブドレス

参考画像:イエローのノースリーブドレス&ボレロコーデ

秋の結婚式にオススメのノースリーブドレス

『秋』は落ち着きある色が似合う季節。
気象庁の区分によると、9月、10月、11月が『秋』とのこと。

秋の結婚式に『ノースリーブドレス』でお呼ばれする場合は、『ベージュ』などのドレスがオススメです。

参考画像:ベージュのノースリーブドレス

冬の結婚式にオススメのノースリーブドレス

『冬』は『くすみ系の色』が似合う季節。
気象庁の区分によると、12月、1月、2月が『冬』とのこと。

冬の結婚式に『ノースリーブドレス』でお呼ばれする場合は、『スモーキーカラー』などのドレスがオススメです。

参考画像:くすみブラウンのノースリーブパンツドレス

参考画像:くすみブラウンのノースリーブパンツドレス&ジャケットコーデ

まとめ

ということで今回は、結婚式での『ノースリーブドレス』について解説しました。

結婚式のお呼ばれで『ノースリーブドレス』を着ても問題ありません。
『ノースリーブドレス』は、『羽織もの』の有無で変化を楽しめる便利なドレスです。

『挙式』『昼の結婚式』では肌の露出を抑えるのが基本。
『ノースリーブドレス』に『羽織もの』を上手に重ね着して結婚式にお呼ばれしましょう。

初めてのノースリーブドレスは『レンタル』が便利!

結婚式にお呼ばれする女性の皆さん。

  • ノースリーブドレスは初めて
  • コーディネートに自信がない
  • 毎回同じドレスは着たくない

といった悩みをお持ちではありませんか。
そんな方には、料金もお得な『レンタルドレス』がオススメです。

おしゃれコンシャス

お手軽な料金で『有名ブランド』のドレスがレンタル可能。

ワンピの魔法

12万人が利用&初めての方でも安心の『電話サポート』など。

Cariru

ドレス以外にも『アクセサリー』『バッグ』『靴』などが充実。

リリアージュ

お得な料金で『最新トレンド』のドレスがレンタル可能。

おすすめ記事(一部広告を含む)