結婚式にお呼ばれする皆さん。
当日の服装について『結婚式ではツーピースはNG』なんて話を聞いたことはありませんか。

上下に分かれたツーピースは『別れを連想するからマナー違反』といったことらしいのですが…。

結論から言いますと『ツーピースは大丈夫』です。
日本フォーマル協会のテキストにも記載されています。

ただし『守らなければならないポイント』があります。

ということで今回は、

「ツーピースのマナーは何を守れば良い?」
「結婚式にオススメのツーピーススカートは?」
「バイカラーのツーピースパンツはあり?」

といった『結婚式でのツーピース』に関するお悩みを、『フォーマルスペシャリスト資格』を持つGoGoWedding編集部がまとめて解決します。

掲載画像について

結婚式でのスカート丈は『ひざ下丈』など長めの丈がマナーです。
掲載画像ではモデルさんの身長等により『ひざ上丈』になっているものもあります。

あくまでも配色や小物との組み合わせといった、『コーディネートの参考』としてご覧ください。

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

スポンサーリンク

ツーピースとは

『ツーピース』とは『上下が分かれた一組の服』のこと。

  • 上着&スカート
  • 上着&パンツ

といった組み合わせが一般的です。

メンズスーツも『ツーピース』。
ただし、一般的に『ツーピース』といえば婦人服を指すことが多いようです。

ちなみに上着とスカートやパンツの組み合わせに、『ベスト』がプラスされると『スリーピース』と呼ばれます。

セパレートという呼び方も

上下別の服を『セパレート』と呼ぶことも。
ちなみに『セパレート』は「分かれた」という意味です。

ツーピースとセットアップの違い

お呼ばれドレスなどでは、『ツーピース』『セットアップ』は同じ意味で使われることが一般的です。

ちなみに『セットアップ』とは、

  • 組み立てる
  • 組み合わせる

という意味の言葉。
『同じ素材』で作られた、

  • トップス&ボトムス
  • トップス&ワンピース

などのドレスを『セットアップドレス』と呼ぶこともあります。

『セットアップドレス』は上下の『色』の組み合わせで、

  • 単一色のドレス
  • バイカラードレス

の2パターンを楽しめるなどの特徴があります。

参考画像:ツーピース(セットアップドレス)

ツーピーススーツとは

『ツーピース』というと、素材やデザインなどが『柔らかな雰囲気』の婦人服を指すのが一般的です。

『ツーピーススーツ』という呼び方もありますが、『ツーピーススーツ』は素材や印象が少し硬い雰囲気のもの。
主に、

  • フォーマルスーツ
  • セレモニースーツ

などを『ツーピーススーツ』と呼ぶことが多いようです。

参考画像:ツーピーススーツ(フォーマルスーツ)

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

結婚式でのツーピースのマナー

結婚式で『ツーピース』『ツーピーススーツ』を着ても大丈夫。

『上下に分かれている(別れ)』から『縁起が悪い』

ということのようですが、この理由には何の根拠もありません。

ただし『フォーマル』の視点から考えると着用時に注意する点があります。
『ツーピース』『ツーピーススーツ』を着用する際には、以下のポイントを守りましょう。

ツーピースは同色・同素材が基本

『正礼装』『準礼装』で『ツーピース』を着用する場合は、『上下同色・同素材』が基本。
『ツーピース』を着用する場合は、

  • ジャカード
  • シフォン
  • サテン

といった、『フォーマルドレス』に多く使われる素材が基本です。

フォーマルスーツなど、『ツーピーススーツ』については『上下異なる色・素材』でも大丈夫。
ただしフォーマル感のある素材のスーツを選ぶことが重要です。

→ 詳しく解説『女性の正礼装・準礼装とは

参考画像:準礼装でのツーピース(セットアップドレス)

参考画像:準礼装でのツーピーススーツ

パンツスタイルはスカートより格下

どちらかというと『ツーピース』のボトムスは、『スカート』より『パンツ』が一般的。
フォーマルにおいて『パンツスタイル』は、

  • 『準礼装』だけど『略礼装』に近いカジュアルな装い

に該当します。
『パンツスタイル』は、スカートドレスより格下になるので注意が必要です。

→ 詳しく解説『結婚式でのパンツスタイルのマナー

参考画像:ツーピースパンツドレス

バイカラーは略礼装

『カジュアルな結婚式』『二次会』などでは『略礼装』が一般的。
『略礼装』では、比較的自由なスタイルが可能です。

『ツーピース』の中でも、

  • 上下の色が異なる『バイカラードレス』

などが活躍する場面。
バイカラードレスのほか『パンツスタイル』もオススメの装いです。

 → 詳しく解説『女性の略礼装とは

参考画像:バイカラーのツーピースドレス

参考画像:バイカラーのツーピースパンツドレス

【着まわし抜群!】
結婚式のお呼ばれは『ツーピース』『セットアップ』が便利

ツーピースの参考コーディネート

結婚式で活躍しそうな『ツーピース』の参考コーディネートを紹介します。

ツーピーススカートの参考コーデ集

まずはトップス&スカートの組み合わせの『ツーピーススカートスタイル』を紹介します。

参考画像:赤のツーピーススカート

トップスサイドのリボンが可愛い赤のツーピースドレス。
スカートはトップスと同素材&レース素材のリバーシブルで、結婚式のスタイルに合わせた着こなしが可能。

大人っぽく深みのある赤のドレスは30代、40代の女性にオススメです。

参考画像:ネイビーのツーピースロングスカート

女性人気の高いネイビードレス。
一見ワンピースドレスにも見えるツーピースドレスです。

七分袖のリボンスリーブのトップスと、ロング丈のレーススカートという組み合わせが、クラシカルで清楚な雰囲気を演出します。

20代、30代の女性にオススメのツーピーススタイルです。

参考画像:バイカラーのツーピーススカート

気心知れた友人が集まる結婚パーティーや二次会にピッタリ。
ややカジュアルな印象のツーピースドレス。

ふんわり袖&アシンメトリートップスが特徴的な、20代、30代の女性にオススメのスタイルです。

【あなたにオススメ!】
着まわし抜群!結婚式のお呼ばれは『ツーピース』が便利

ツーピースパンツの参考コーデ集

最近人気のパンツスタイル。
トップス&パンツの『ツーピースパンツスタイル』を紹介します。

参考画像:ベージュのツーピースパンツ

スタイリッシュなベージュのツーピースパンツ。

レストランウェディングといったカジュアルな結婚式にピッタリのスタイルです。
仕事服に間違われないようアクセサリーやコサージュ、バッグといった小物を華やかにするのがポイント。

30代、40代の女性にオススメ&人気のスタイルです。

参考画像:リボン付きツーピースパンツ

体型のお悩みをまとめて解決!ドルマン型スリーブで二の腕、ゆったりラインのトップスが気になるお腹周りをカバー。

付属のリボンでウェストを絞ったり、ルーズに着こなしたりと様々なデザインを楽しめます。

30代、40代の女性にオススメ。全4色!あなたはどの色を選びますか。

参考画像:ツーピースワイドパンツ

ケープ型ブラウスとワイドパンツのツーピーススタイル。
ネイビー、ブラックの上下同色ツーピースのほかにバイカラータイプも。

30代、40代の大人女性にオススメ。カジュアルウェディングや二次会にピッタリのパンツスタイルです。

参考画像:授乳口付きツーピースパンツ

最近は授乳が容易にできるワンピースドレスも増えてきましたが、ツーピースのパンツドレスにも授乳口が付いたタイプがあります。

ゆったりのトップスとウエストがのびのびゴムのツーピースパンツなら、妊娠中の方もおしゃれにドレスアップ。

レースのケープ袖が気になる二の腕をカバーするなど、スタイリッシュなデザインの中にも女性にやさしい機能が満載のツーピースパンツです。

【あなたにオススメ!】
着まわし抜群!結婚式のお呼ばれは『ツーピース』が便利

ツーピーススーツの参考コーデ集

親族の女性やミセス世代に人気の『ツーピーススーツスタイル』を紹介します。

参考画像:グレージュのスカートスーツ

大人の女性に人気のカラー『グレージュ』のツーピーススーツ。

落ち着いた印象になりがちなツーピーススーツですが、アクセサリーやバッグなどの小物類を華やかにすれば結婚式にピッタリの装いに。
親族の女性や40代、50代のミセス世代の女性にオススメです。

参考画像:ラメ入りツイードのツーピーススーツ

上品な雰囲気のラメ入りツイードのツーピーススーツ。

基本的にツイード素材はカジュアルなので結婚式には不向き。
ただしラメやカラー糸など装飾糸を使ったファンシーツイードは結婚式でも大丈夫です。

40代、50代のミセス世代の女性にオススメのツーピーススーツです。

「素敵なドレスだね!」って褒められる
【受取・返却もラクラク】お呼ばれドレスは『レンタル』が便利&お得です

まとめ

ということで今回は、結婚式での『ツーピース』『ツーピーススーツ』について解説しました。

ツーピースの服装自体は『色や素材の組み合わせ』といったポイントを抑えれば結婚式でも大丈夫です。

最近はカジュアルな結婚式が増えていますので、バイカラーやパンツスーツもオススメ。
ただし普段着&仕事服っぽくなりがちですので、アクセサリーや小物類は『フォーマルかつ華やかなもの』をコーディネートしましょう。

久しぶり&初めて結婚式に招待された皆さん。
失礼&笑われないよう『結婚式での基本マナー』を覚えておきましょう。

おすすめ記事(一部広告を含む)