結婚式出席者支援サイト『GoGo Wedding』

 >  >  > 結婚式でのストッキング!黒はアリ?色・柄マナーやタイツはNG?など

結婚式でのストッキング!黒はアリ?色・柄マナーやタイツはNG?など

素敵なパーティードレスも購入し、結婚式に履いていく靴もバッチリ!という女性の皆さん。ストッキングにもマナーがあることはご存知ですか?最近はデザインの種類も多く、どんなストッキングが良くて、どんなものがマナー違反なのか難しいですよね。

今回、様々な専門家の方に結婚式でのストッキングについて調査しました。その結果をまとめて紹介します。

必ずストッキングを着用する事が正式なマナー

結婚式のようなフォーマルな場では、ストッキングの着用が正しいマナーです。女性の皆さん、必ずストッキングを着用しましょう。どんな美脚自慢の方でも、生足素足はマナー違反です。

結婚式に適したストッキングの色・柄について

ベージュなど肌の色に近いものを

まずは色についてですが、基本的には、結婚式当日に着用するドレスや、ご自身の肌の色にあったものを選ぶと良いでしょう。

黒いストッキングはNG!?

派手な色のもの(カラータイツ)や黒いストッキングはNGです。

ただし、着用するドレスとの兼ね合いで、黒のストッキングをどうしても履きたいという場合は、ラメなどの光る素材が入ったものにすると良いでしょう。

光沢のない黒いストッキングでは、どうしても喪服を連想してしまい結婚式にはNGです。

ラメ入りでも...
ラメ入りや光沢感がある黒いストッキングでも、出席者の中には「黒」という事で忌み嫌うご年配の方もいらっしゃるかもしれません。ちょっとお堅い結婚式にお呼ばれした場合は避けたほうが無難でしょう。

網タイツや派手柄はNG!

次に柄ですが、大きく派手な"The 柄"というような品がないものや網タイツはNGです。柄は小さめで品がよいものにしましょう。

参考:おすすめのストッキング

結婚式に適したおすすめのストッキングを紹介します。参考にしてください。

ワンポイントのプリント付き

足首のところにワンポイントのプリントがしてあるストッキング。遠目では無地に見えても、実はさりげないオシャレが。

ワンポイントストッキング

出典:Tabio(タビオ)様

マタニティストッキング

妊婦さん用に作られたストッキング。妊娠中のおなかをすっぽり包む伸縮性にすぐれたストッキングです。結婚式に出席する妊婦さんにおすすめ。

マタニティストッキング

出典:赤すぐ様

冬の結婚式でもタイツはNG

ストッキングより厚手のタイツ。冬の寒い時期の結婚式で、防寒対策として着用したい方も多いのでは?

しかし、フォーマルの場でタイツはNGです。大抵の結婚式場はしっかり空調設備も管理されているはず。フォーマルの場ではストッキングを選択しましょう。

ストッキングとタイツはデニールの違い

ストッキングとタイツの違いは、使用している糸の太さ(重さ)を表す単位「デニール」の違いです。デニールの数値が大きいほど厚く保温力の高いものになります。

メーカーにより異なりますが、一般的に30デニール未満のものをストッキング、30デニール以上をタイツと呼ぶようです。

カジュアルウェディング&二次会では?

最近はレストランウェディングなど、カジュアルな結婚式も多くなってきました。また結婚披露宴には出席せず二次会だけといった方もいらっしゃいますよね。

カジュアル色が強いパーティーの場合は、黒いストッキングやカラータイツ、遊び心のあるストッキングで足もとのオシャレを楽しむのも良いでしょう。

ただし二次会が開催される会場が、ホテルだったりドレスコードの指定があるような場所だとしたら、やはりタイツは避けましょう。

サンダルはNGなの?といった靴のマナーや、小物に関する記事もありますの。あわせて参考にしてください。

結婚式でのストッキングについての調査報告

結婚式でのストッキングのマナーについて、様々な調査をおこないました。

デパートのフォーマルフロアにて

『都内の某有名デパートのフォーマルフロア担当者様』

「素足での出席はマナー違反ですので、必ずストッキングを着用してくださいとお伝えしています。」との事。

なるほど、やはりストッキングを履かず素足で・・・は、マナー違反なのですね。

「色や柄は着用になるドレスにもよりますが、基本的には肌の色にあったベージュなど明るい色のものをおススメしております。黒のストッキングについては、たくさんお問い合わせをいただきますがあまりおススメしておりません。印象が暗くなりがちですし、お葬式のイメージがありますので。ドレスとの兼ね合いにより、どうしても黒いストッキングでという場合には、ラメなどの入ったストッキングをおススメしております。」

なるほど、光る素材をプラスするという考えは、黒いドレスのときと同じですね。

『銀座の某有名デパートのフォーマルフロア担当者様』

「最近はストッキングのデザインもかなり豊富です。ドレスやご自身の肌色にあったものをおススメしております。マナーとしては、黒いストッキングや派手で品のない色や柄のストッキングはよくないとされております。当店では、ドレスのイメージを伺ったうえで、お客様の肌色とも相談し、結婚式に華やかな彩りをあたえるようなものをご提案いたしております。」との事。

なるほど、品のなさをアピールするような派手な色や柄もNGなんですね。まぁ、わかるような気がします・・・。

「無難なものということであれば、色はベージュ、柄はナシかあっても小さくて品があるもの、結婚式ですのでラメなどの光る素材が入っていると良いですね。」とアドバイスいただきました。

冠婚葬祭マナーに関する書籍にて

意外や意外、冠婚葬祭のマナー集や結婚式へのお呼ばれマナーといった類の書籍を調査しましたが、結婚式でのストッキングに関するマナーについて記載がある書籍はほとんどありませんでした。。。

唯一、「日経おとなのOFF(新装版)おとなのマナー完璧講座」という書籍に、"ストッキングは着用"との記載がありました。

ということで、ストッキングを履かず生足で出席することはマナー違反のようです。

【文】GoGoWedding編集部

スポンサーリンク
こちらの記事もどうぞ

このページの先頭へ